就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

つらいセックスレスを解消しよう!原因や実情を知って夫婦円満に

つらいセックスレスを解消しよう!原因や実情を知って夫婦円満に

「出産してからセックスをほとんどしなくなった」「セックスだけでなくキスなどのスキンシップがほとんどない」など、つらいセックスレスに悩んでいませんか?性の話はママ友や家族などには相談しづらく、ママひとりで悩んでいる方もいるでしょう。ここでは、セックスレスになるきっかけや、解消する方法をご紹介します。

夫婦間のセックスレスの定義と日本人の実態

セックスレスの定義とは?

「我が家もセックスレスなのかも」と思っても、実際にどのくらいの期間セックスをしていないとセックスレスというのかや、意味などをしっかり把握していない方も多いのではないでしょうか。セックスは人によって必要、なくてもよいなど、感じ方が違うためセックスレスを間違った意味で使っている方もいるようです。

日本性科学会によると、セックスレスとはお互いに病気など、特別な事情がないのに1カ月以上セックスをしていない状態のことをいいます。セックスの中にはキスや裸でベッドに入るなどの性的なスキンシップも含まれていますよ。

性欲は人の三大欲求の一つなので、食欲や睡眠欲と同様に欲求が満たされない状態が続くと健康に影響をおよぼすでしょう。

セックスレスに直面している日本人は多い

海外は性に対して比較的オープンですが、日本は性に対して「恥ずかしいこと」と考えている方も多く、セックスに対しての優先順位が低いようです。とあるアンケートによると、結婚してからセックスを半年に一度のペースでしかしていない夫婦が、全体の半数いるという結果も出ています。

海外に比べて日本では、結婚し妊娠や出産を経て育児がスタートすると夫婦の関係に変化が現れやすい傾向があります。子どもが生まれて環境が変わり、育児や家事、仕事に追われる日々を過ごしているうちにお互いを異性として意識できなくなってしまうのでしょう。

日本人は特に、子どもが生まれると「親」という責任感を強く感じるため、結婚当初のようにスキンシップも減りやすいのかもしれませんね。

女性側はセックスへの嫌悪感が強い傾向に

先ほどは日本人夫婦にセックスレスが多いとご紹介しましたが、セックスに対しての興味の強さは男性、女性によっても大きな差があることが分かっています。とあるアンケートでは、男性の場合はセックスが好きという方が8割くらいいるのに対し、女性は4割もいかない結果が出ています。

日本人女性はセックスに対して嫌悪感を強く抱いている傾向にありますが、その原因は日本人の男尊女卑の考え方が影響しているといわれています。外国人は日頃からキスやハグ「愛しているよ」などの言葉で、男性から女性に常に愛を注いでいるイメージがあるでしょう。

その反面日本では女性を軽視する傾向がまだ残っており、セックスでも男性の欲望のままに行為が進む場合が多く、女性が嫌悪感を抱いてしまうのです。

夫婦のセックスレスのきっかけとその原因

出産を機にセックスレスになる夫婦が多い

セックスレスになる原因は夫婦によって違いますが、特に多いきっかけとなるのが「出産」です。妊娠中はセックスを制限する生活を送ることになりますが、出産してママの体が回復してからは今までのようにセックスをしても問題ないですよね。

しかし、ママの体が回復してからも「なんとなくセックスする頻度が減った」「産後に一度もセックスしていない」など、自分でも気づかぬうちにセックスレスに陥っている夫婦はたくさんいます。

子どもが生まれると環境が激変し、ママは育児や家事で忙しい毎日を送りますよね。また、最近では出産してからも仕事を続けるママが増えてきているため、時間に追われてセックスを楽しむ余裕がないのかもしれません。

産後は子どもに意識が向き気分が乗らない

セックスしたくないと思っていたわけでもないのに、産後、セックスレスになった原因の一つに「赤ちゃんのことに意識が向いて気分が乗らない」ということがあるようです。

例えば、気持ちよくセックスしたい、ゆっくりセックスを楽しみたいと思っていても、途中で赤ちゃんが泣き出すとセックスに集中できませんよね。だからといって、前戯や後戯の時間を削って急いでいると楽しくなくなります。気分の乗らない状態が続いたことをきっかけに、徐々にセックスの頻度が少なくなるのでしょう。

また、赤ちゃんが寝ているときでも、近くにいるとイチャイチャするようなムードではなくなるという意見もあります。産後は環境的にもセックスを楽しむのが難しいかもしれませんね。

産後に夫婦別の寝室にすることも原因に

「赤ちゃんの夜泣きがうるさいからパパと寝室を別にしている」「パパの帰りが遅いから、赤ちゃんが途中で起きてしまわないようにパパとは別の部屋で寝ている」というように、夫婦別の寝室にしている家庭もあるでしょう。

家族みんなのことを考えると合理的な方法ではありますが、それがセックスレスのきっかけとなる可能性があります。夫婦別の寝室にしてしまうことでコミュニケーションを取る機会が少なくなるからです。すれ違いの生活に慣れると、相手に興味を持つことも少なくなりますよね。

ほかにも、寝室が別なのにわざわざスキンシップを取るのが難しい、セックスに誘うのが恥ずかしい、セックスしたいと思わなくなったなどの原因が多いようです。

夫婦のセックスレス解消におすすめの方法

子どもを預けて夫婦2人の時間を持とう

子どもが生まれると夫婦2人だけの時間を持つのが難しくなりますよね。しかし、セックスレスを解消するためには夫婦の時間を持つことも大切です。

セックスする時間を作るためにも、たまには子どもを預けてみるのはいかがでしょうか。できれば両親に預けられると安心ですが、無理な場合は、一時保育を利用するとよいでしょう。セックスは夜にするという方が多いかもしれませんが、朝や昼間でも新鮮な気持ちで楽しめますよ。

子どもがひとりでお泊まりできるようになれば思い切って両親に預けて、夫婦でホテルデートを楽しんでみるのもよいかもしれません。ホテルデートなら気軽に行きやすく、日常から離れてお互い恋人気分で盛り上がるでしょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版