就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬ロンパースを赤ちゃんに着せたい!着せ方と選び方のポイント

冬ロンパースを赤ちゃんに着せたい!着せ方と選び方のポイント

冬場は寒い日が続くので、赤ちゃんがいると服選びが難しく感じることもありますよね。赤ちゃんにはロンパースをよく着せているというママもたくさんいますが、冬場にロンパースをどう着せるとよいのかや、何歳くらいまで着せることができるのかなどをご紹介します。

赤ちゃんが着るロンパースの特徴は?

上下がつながっているベビーウェア

お出かけなどをしていると赤ちゃん連れのママを見かけることがありますが、赤ちゃんの服装はロンパースを着ている子が多いですよね。「ロンパース」とは上下がつながっている服のことで、前開きでボタンやファスナーがついているものや頭からかぶるものなど、種類がさまざまです。

よくベビー用品店などで「カバーオール」という商品名のものも見ますが、意味合いから考えれば「カバーオール」も、「ロンパース」の一種ということになります。こちらは股のところをスナップでとめるとズボンになるのが特徴です。主に肌着の上から服として着せるものになります。

ロンパースは種類によって肌着にもなり、夏場は赤ちゃんにロンパース1枚だけを着せているという方もいますよ。

新生児から2歳頃まで着られる

ロンパースを着せてよい年齢にとくに決まりはありませんが、ロンパースは、新生児から2歳頃までの子が着られるサイズ展開になっています。ねんねの時期は赤ちゃんが手足をバタバタ活発に動かすので、上下分かれた服だと服がめくれてお腹がでることがあるので、つながっているものだと安心ですよ。

1歳頃になり歩けるようになると、「上下分かれた服のほうが歩きやすいのでは?」と感じるママも多いかもしれませんが、赤ちゃんの活発な動きで服が着崩れすると思うと、寒い冬にはロンパースのほうが活用しやすいでしょう。ズボンまでついているものを選ぶと足を温めることができてよいですよ。

お出かけのときなどにも活用しやすいでしょう。

おむつ替えしやすくてお腹が冷えにくい

赤ちゃんは1日に何回もうんちやおしっこをするので、おむつ交換を頻繁にしなくてはいけませんよね。ロンパースを着せているとおむつ交換がしやすいので、パパやママが楽におむつを替えることができるでしょう。

とくに、お出かけしているときは、おむつ交換などの赤ちゃんのお世話がしやすい服装を着せることをおすすめします。おむつ交換に時間がかかりモタモタしていると赤ちゃんが嫌がって泣くこともありますよ。

また、赤ちゃんは生後3カ月くらいから、手足を活発に動かすようになりますよね。上下分かれている服だと、赤ちゃんが手足を動かしているうちに服がめくれてお腹が見えてしまう可能性もあります。お腹が冷えにくいところもロンパースのよいところですね。

赤ちゃんの冬のロンパースの着せ方とは

室内なら厚手のロンパース1枚でもOK

1人目の子育ては何もかもが初めてなので、「ロンパースの着せ方が難しい」と感じているママもいますよね。赤ちゃんにロンパースを着せるときは、基本的には肌着を着せてからその上にロンパースを着せるようにするとよいでしょう。

しかし、冬の寒い時期は1日中お家にいることや、お出かけしても室内でほとんどの時間をすごすことが多いですよね。室内の場合はエアコンがきいていて暖かいので、室内ですごすときは肌着を着せずにロンパース1枚でも大丈夫ですよ。

冬場は気温が低く寒いので、1枚で着るだけでも暖かい素材を選ぶようにしましょう。ベロア素材やフリース、裏起毛、ニットなどの素材は1枚でも暖かいので、寒い日におすすめですよ。

薄手のロンパースの重ね着で保温性アップ

冬場は寒いので、赤ちゃんが風邪をひかないように厚着させるママも多いでしょう。しかし、赤ちゃんは新陳代謝がとても活発なので、大人よりもたくさん汗をかくのです。厚着しすぎると冬場でも汗で赤ちゃんの着ている服が湿るので、汗によって体が冷えてしまう可能性がありますよ。

お出かけするときなどは、薄手のロンパースを重ね着すると保温性がアップするだけでなく、外出先の温度に合わせてロンパースを脱ぎ着できるので便利でしょう。厚手のロンパース1枚だと室内ですごす分には問題ないですが、外にでたときに風をとおすので体が冷えてしまいます。

何枚も重ね着していると薄手のタイプでも保温性がアップし風をとおさないので、気温が低いときでも安心でしょう。

外出するときにダウンロンパースが便利!

寒い冬に赤ちゃんと一緒にお出かけする日もありますよね。外は気温が低くとても寒いので、赤ちゃんの防寒対策はしっかりしたいものです。

赤ちゃんとのお出かけにはダウンロンパースが活用しやすいですよ。ダウン素材は、保温効果が高く風をとおさないところもよいですよね。また、ダウンは軽いので赤ちゃんが体を動かしやすく、着心地がよいところも人気です。

また、ダウンロンパースは可愛いデザインが多く、赤ちゃんが着ると丸々として見えてとても愛らしいですよね。お手頃価格なものが多く、ダウンの帽子の部分にうさぎやくまなどの耳がついているものや、花柄などもあるので寒くなる前に着せたいダウンロンパースを探してみてくださいね。

冬のロンパースの選び方のポイントは?

肌着として使う場合は綿素材のものを選ぼう

ロンパースは肌着の上に着る服としても活用できますが、お腹が冷えないので肌着としても大活躍しますよね。肌着として活用する場合は、綿素材のものを選ぶとよいでしょう。

先ほどご紹介したように赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、季節に関係なく大人の2倍くらいの汗をかくといわれています。また、赤ちゃんはねんねの時期から手足を活発に動かすようになり、ハイハイやつかまり立ちなど、成長していくにつれて運動量が増えていきますよね。

冬場でも室内で体を動かしていると汗をかくので、汗を吸収しやすい綿素材がよいですよ。汗をしっかり吸収し早く乾かすことで、赤ちゃんの体が冷えないだけでなく、お肌がかぶれる心配も少なく済みますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事