就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新米ママの悩みを解決!ほかのママの悩みや対策法、便利なアイテム紹介

新米ママの悩みを解決!ほかのママの悩みや対策法、便利なアイテム紹介

新米ママははじめての育児で、分からないことや不安なことがたくさんありますよね。 自分の時間をどうつくればよいのか、うまく赤ちゃんを泣き止ませることができないなど、解決できない悩みは増えるばかりでしょう。ここでは、そんな新米ママに多い悩みや、悩みを解決するためのアイデアなどをご紹介します。

自分だけじゃない!新米ママに多い悩みとは

母乳が足りない気がする、または出すぎる

母乳で育てているママに多い悩みの一つが、母乳が足りない気がする、または出すぎるなど、母乳についてのことではないでしょうか。

母乳が足りない気がするのは、母乳だと赤ちゃんがどれぐらい飲んでいるのか分かりにくいからでしょう。授乳の前後で赤ちゃんの体重を測ると、飲んだ分だけ増えているので確認できますよ。母乳が出にくい場合は、よくマッサージするとおっぱいがやわらかくなって出やすくなります。

母乳が出すぎる場合は、しっかりと赤ちゃんに飲んでもらうことも大切ですが、自分でマッサージしてしぼったり、搾乳器を利用するのもよいですよ。しっかりと出しておかないと、おっぱいが張って固くなり、乳腺炎になることもあります。

赤ちゃんが泣き止んでくれない

赤ちゃんが泣き止んでくれなくて、どうすればよいのか分からないと焦ってしまい困ることはよくあります。赤ちゃんが泣き止んでくれないときは、なにか理由があるときが多いので、焦らず一つずつ解消していくとよいですよ。

赤ちゃんが泣く理由のほとんどは、おむつが気持ち悪いか、眠たいか、お腹がすいているかのどれかでしょう。全部お世話しても、泣き止んでくれないときもありますが、理由がなくても泣くときもあります。

ほかには、熱があるとしんどくて泣きますし、うんちがうまく出せない、ママにかまってほしいなどの理由でも泣く場合があります。赤ちゃんがどうして泣いているのか、一つずつ不快の原因がないかを落ち着いて確認してみましょう。

自分の時間がなくなった

出産後は赤ちゃんのお世話が大変で、なかなか自分の時間をつくるのがむずかしいですよね。とくに、新米ママは要領が掴めなくて赤ちゃんのお世話だけでなく、家事も思うようにはかどらないことが多いです。

3時間おきの授乳やおむつ替え、寝かしつけなど、1日に何回もやることが多すぎて、多くのママがぐったりとしているでしょう。夜になったからといって、赤ちゃんはすぐに目を覚ますので、一息つける余裕もありません。

「自分の時間がなくなるのは覚悟していたけど、ここまで大変だとは思わなかった」と思うママもたくさんいます。でも、はじめの大変さがずっと続くわけではなく、ママもだんだんとお世話のペースをつかんで、少しずつ自分の時間もつくれるようになるでしょう。

新米ママ必見!悩みを楽にするための対処法

育児に疲れたママに向けた本を読んでみよう

育児のことで悩んで疲れたときは、ママに向けた育児本を読んでみると、気持ちが楽になることもありますよ。「みんな同じように悩んでいるんだな」「そうやって解決したんだ」など、共感や参考にできる話をたくさん発見できるかもしれません。

ここで、育児に疲れたママにおすすめの本をいくつかご紹介します。

【イライラしないママになれる本 子育てが楽になるアドラーの教え】
イライラするのは子どもがなにかしたからではなく、自分の余裕のなさが原因なんだと気づかせてくれる1冊です。

【産後、つらくなったら読む本】
産後、1人で頑張って孤独感でいっぱいのママにおすすめです。産後のつらいときに、心を軽くしてくれるかもしれないので、ぜひ一度読んでみてください。

完璧にこなそうとせずにママらしく過ごそう

はじめての子育ては知らないことが多く経験もないので、なにをするにも大変なことだらけですよね。そんなときに、必死になって頑張ってしまいがちなのが新米ママですよね。

子どもにもパパにも負担をかけたくないと思うのと、ママとしての自身の未熟さを責めて、つい頑張り過ぎてしまっていないでしょうか。でも、完璧にこなそうとしていると、自分でも知らないうちに、ストレスを抱え込んでしまうこともあります。

家事や育児で手を抜けるところはたくさんありますので、限界だと感じるまで無理をしないようにしましょう。家事をさぼったり、手を抜いたりしてもよいだろうという考えを持ってください。そうすれば、気持ちが楽になって、子育てを楽しむことができますよ。

パパやほかの家族にもっと頼ってみよう

最近はイクメンが増えたとはいえ、パパの休日以外は子どものお世話の大半をママがしている家庭も多いことでしょう。でも、ママがやることは育児だけではありません。育児の合間に家事もするので忙しいのではないでしょうか。

自分1人では大変だと思ったら、無理して頑張らずにパパやほかの家族にもっと頼ってみましょう。もし、パパが赤ちゃんのお世話に慣れていなくて、頼るのがむずかしそうだったら、ほかにできることを頼んで、ママは赤ちゃんのお世話に集中してもよいですよね。

実家の両親にも、短時間だけ預けたり、家に来て見てもらったり、負担にならない程度なら頼ってみてもよいでしょう。なにか一つのことでもお願いできれば、時間と心に余裕ができるかもしれません。

育児を楽にしてくれるお助けアイテム

寝かしつけの抱っこの負担を減らすスリング

赤ちゃんの寝かしつけには、やはりママの抱っこが1番効果がありますよね。赤ちゃんが生まれて間もない頃は軽いので、それほどつらくはないですが、だんだん成長するにつれて体重も増えてきて、抱っこするのもつらくなってくるでしょう。

抱っこに慣れていない新米ママも多く、毎回抱っこで寝かしつけをしようと思うと、手首を傷めるママもいます。そんな寝かしつけの抱っこの負担を減らすには、スリングが便利ですよ。

スリングはママの肩に掛けて、前で赤ちゃんを抱っこするタイプの抱っこ紐なので、新生児のときから使うことができます。しかも、ママと密着できるので、赤ちゃんに安心感を与えることができ、寝かしつけにぴったりです。これで両手の負担もけっこう減りますよ。

ママ友とのランチで活躍するチェアベルト

お出かけ先のレストランにベビーチェアがなくて、赤ちゃんを抱っこしたまま食事をした経験のあるママも多いのではないでしょうか。そんなときに活躍してくれるのがチェアベルトです。

チェアベルトがあれば、大人のイスに赤ちゃんを固定して座らせることができます。レストランに行って、子ども用のイスはあっても固定できるベルトがついていなかったり、股のあいだを固定できないものだったりする場合がけっこう多いです。固定できないと、腰のすわった赤ちゃんでも不安定ですし、動いて落ちる危険があります。

ママ友とのランチや家族との外食、赤ちゃんと2人でのランチなど、多くのシーンで活躍してくれるアイテムです。また、ママの腰につければ、両手が使えるので一緒に食事を楽しめますよ。

離乳食を嫌がる子には魔法のスプーン

赤ちゃんはスムーズに離乳食を食べてくれることが少なく、食事にとても時間がかかりますよね。

そんな、今までなかなか食べてくれなかった赤ちゃんでも、嫌がらずに食べてくれるようになる魔法のようなスプーンをご存知でしょうか。ここで、いくつかおすすめのスプーンをご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

・あんしんBOXシリコンスプーン
ソフトな素材なので、赤ちゃんの口を傷つけることがなく、噛んでも安心です。スプーンの形が4種類あり、メニューに合わせてチョイスできます。

・ののじ 離乳食スプーン
赤ちゃんの唇に合わせた先端形状と、なめらかな曲線でスムーズに食べさせることができます。ステンレスなので、プラスチックやシリコンに比べてなめらかな舌触りです。

まとめ

はじめての育児で悩みが多い新米ママも、その悩みは自分だけではなく、ほかのママも同じように悩んでいると思って、少し気持ちを楽にしてみましょう。

自分の時間がないことや、母乳育児の悩み、まだしゃべらない赤ちゃんのお世話の方法など、子どもが生まれる前に想像していたよりはるかに大変でつらく感じるのは、新米ママにありがちなことです。

周りの家族に頼ったり、お助けアイテムも積極的に活用したりして、育児を楽しむ余裕を持ってくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018