就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬休みはいつから?年末年始の過ごし方や冬ならではの遊び

子どもの冬休みはいつから?年末年始の過ごし方や冬ならではの遊び

12月に入り、2018年もあとわずか。保育園や幼稚園は冬休みに突入します。今年はいつから冬休みが始まるか、ママは気になるところです。一般的に、2018年の冬休みはどのくらいの日程なのか調べてみました。有意義な冬休みになるよう、家族で計画を立てるのも楽しいかもしれませんね。

幼稚園や保育園の冬休みはいつから?

幼稚園の冬休みは早いと12月20日から

その土地の気候によって冬休みの期間は変わりますが、2018年は12月21日(金)に終業式を行う幼稚園が多いようです。

例年どおりですと12月24日に終業式をする幼稚園が多いのですが、2018年は24日が振替休日。そのため、終業式が前倒しになっているようです。

一方で、始業式は1月7日(月)に行う幼稚園が多いようです。12月22日〜1月6日で計算すると、冬休みは16日間です。

ただし、雪深い地域は冬休みを長く設定している場合があります。12月20日〜1月20日まで、約1カ月間冬休みが続く幼稚園もあるので、通っている幼稚園に確認してみるとよいですね。

一般的に、同じ地域の小学校と冬休みを合わせている幼稚園が多いようです。

保育園の冬休みは12月29日頃から

認可や認可外、お住まいの地域などによる違いはありますが、保育園に長期の冬休みはありません。保育園では、一般的に12月29日〜1月3日を目安に冬休みを設定しています。この期間は年末年始休暇としている企業が多く、保育可能なご家庭が多いからです。

休日保育などを行っている保育園は、延長料金を払えば年末年始でも子どもを預かってくれるところがあるようです。シフト制のお仕事をしているパパやママにはありがたいですね。

保育園によっては12月29日、30日のみ受け入れてくれるところもあります。パパとママで休みを調節すれば、年末年始を乗り切れるご家庭もあるかもしれませんね。

年末年始にまったくお休みがとれないというご家庭は、入園前に保育期間を確認しておきましょう。

冬休み中にパパママがお仕事のときは

もし、冬休み中にパパとママがお仕事のときは、お互いのシフトを調節する必要が出てきます。そのためにも、普段からパパに子どものお世話を頼むとよいですね。体調はもちろん、最近お気に入りの遊びやご飯など、子どもの細かい情報を共有しておきましょう。

また、パパとママの実家やきょうだいなど、近くに頼れる親戚がいる場合は、子どもを預かってもらえないかお願いするのも一つの方法です。あまり会わない人だと、子どもも預かってくれる親戚も戸惑うので、普段から交流を深めておくとよいですよ。

認可外保育園やベビーシッターの利用も選択肢に入れておきましょう。事前見学や就労証明書の提出が必須の施設もあるため、利用を検討中なら事前に確認しておくと、いざというとき安心です。

なにして過ごす?冬休みの過ごし方3選

クリスマスの飾りつけを一緒にする

今年はクリスマスの前に冬休みに入る幼稚園が多いですね。「毎日なにして過ごそう…」とお悩みのママは、子どもと一緒にクリスマスの飾りつけをしてみてはいかがでしょうか。

ツリーのオーナメントを手作りするのも楽しいですし、簡単なガーランドなら幼稚園児も1人でできます。「1人でできた!」と成功体験を積むと、子どもは自信を持つはずです。

また、アドベントカレンダーを作って、クリスマス当日までカウントダウンを楽しむのもおすすめです。「あと何回寝たらサンタさんが来るね!」と話しながらカレンダーを開くと、ワクワク感が高まりますね。

数字を認識したり日付の感覚を養ったりと、子どもにとってもよい機会になること間違いありません。

大掃除のお手伝いをしてもらう

幼稚園児になると、なんでも大人の真似をしたがるもの。「子どもが冬休み=家事がはかどらない」と嘆くママは、思い切って子どもに大掃除のお手伝いをお願いしてみましょう!

まずは、子どもができそうな掃除をリストアップします。食器洗いは割れたときが危険なのでNG。同じく、合成洗剤を使うような掃除も誤飲が怖いですね。

ママが誘導しておもちゃの断捨離をしたり、床の雑巾がけや棚のホコリ掃除をしたりと、子どもでもできることがたくさんあります。子どもに水鉄砲を持たせて、庭から窓に水をかけてもらえば窓掃除も完成です。

完璧を目指す必要はありませんよ。多少の洗い残しは目をつぶり、「ママ助かった!」と伝えると、子どもにとって大切な思い出になるはずです。

冬にしかできない遊びを親子で楽しむ

吐く息の白さや、バケツの中で凍る水、霜を踏んだときの感触など、冬にしか体験できないことがたくさんあります。日本に住んでいるからこそ、四季の移り変わりを体験できるのです。

寒くて、つい家にこもりがちな冬ですが、熱中症や虫刺されの心配はありません。体作りをかねて家の周りを散歩したり、公園遊びを思い切り楽しんだりしましょう。年中さん・年長さんは、冬休み中に自転車や縄跳びの練習をするのもよいですね。

日が暮れるのが早く、夜更かししなくてもイルミネーションが楽しめるのも冬の醍醐味です。観光地だけではなく、最近は電飾をつける一般家庭もあります。暖かい格好をして、家族でイルミネーションを見に行くのも素敵な思い出になるでしょう。

冬休みは子どもと「冬ならではの遊び」を

手作りすごろくは作るところから楽しい!

家族が集まる年末年始、大人数で楽しめるのは「すごろく」です。帰省の予定があるなら、手作りすごろくを持って帰るときっと盛り上がることでしょう。

まずはスタートとゴールを決めて、画用紙にマスを書いていきます。そしてそのマスにとまったらやることを(「風邪で1回休み」、「今年流行したギャグを披露」、「ラッキー!2マスすすむ」など)を書きます。

子どもからはどのようなアイデアが出るでしょうか。きっと大人が思いつかないような、ユニークな発想を持っているはずです。

サイコロは折り紙が2枚あれば作れますし、牛乳パックの底部分の形を活かして作ることもできます。コマはペットボトルのふたにシールを貼ればOK!すべて手作り、オリジナルすごろくの完成です。

雪が降り積もったら雪だるまを作ろう

地域によっては雪が積もるところもありますね。雪が降ると作りたくなるのが「雪だるま」です。

頭部分は、できるだけ汚れていない雪で作ります。雪が少ないときは、頭部分から作るのをおすすめします。

目・鼻・口は、雪を削って描いてもよいですが、松ぼっくりやボタンをつけると、目立つため可愛さが増します。枝で腕をつけてもよいですね。胴体部分だけ作り、上に耳をつければ、子どもが大好きなトトロになりますよ。

雪だるまを長持ちさせるポイントは、雪だるまを置く場所。日当たりがよい場所だと、せっかく作ってもすぐに溶けてしまうのです。

屋根の雪が落ちてくる場所も、雪だるまが壊れてしまいます。雪だるまを置く場所は、日当たりが悪くて屋根の雪が落ちてこない場所を選びましょう。

冬休みはスケートデビューもおすすめ

冬はスキーやスノーボードのほかに、スケートも楽しめます。フィギュアスケートは子どもにも大人気。華麗に滑る選手に憧れる子どもは多いです。

ただ、初心者だと大人もなかなか上手に滑れません。氷の床に不安定なスケート靴…慣れないことばかりで、子どもが怖がるのも無理はありません。

そんなときは、イス型のソリを置いているアイススケート場を選びましょう。ソリに座っているだけでスケート気分を楽しめますし、ソリを押しながら滑ることもできます。

転んだりほかの人と接触したりする可能性があるので、服装は長袖・長ズボンが基本です。また、何度も転ぶと洋服が濡れてしまいます。帰るときのために着替えを用意しておくと、体が冷えずに済みますよ。

まとめ

夏休みと比べると期間が短い冬休みですが、クリスマスやお正月など子どもが喜ぶ行事が盛りだくさん。年末年始は仕事が休みのパパやママも多く、子どもとじっくり向き合えそうです。

パパとママが揃っているときだからこそ、子どもに大掃除を手伝ってもらいましょう。大人に頼られた経験が自信に繋がり、日頃から積極的にママのお手伝いをしてくれるようになるかもしれませんよ。

また、スケートが得意なパパやママは、子どもに格好よい姿を見せられるはず!冬ならではの遊びで季節の楽しみを味わうのもよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR