就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児(家事)代行サービスでママの時間を確保!賢く使って毎日を乗り切ろう

育児(家事)代行サービスでママの時間を確保!賢く使って毎日を乗り切ろう

毎日、家事や育児に追われているママの中には、「一度家事や育児の代行サービスを利用してみたいな」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。今回は、育児(家事)代行サービスを利用するとどういったことをしてもらえるのかや、代行サービスを利用することで生じるメリット・デメリットについてもご紹介します。

育児(家事)代行サービスを使うメリット

共働きママは仕事に力を注ぐことができる

仕事をしながらだと、なかなか家事をする時間をとることが難しいというママもいるでしょう。家事代行サービスを利用することで、家事をする時間を育児に使うこともできますし、仕事をすることもできます。

仕事をする時間ができるだけでなく、仕事の質を高めることも可能です。たとえば代行サービスで洗濯やアイロンがけをしてもらったら、パリッとした気持ちのよい洋服を着ていくことができます。家事の時間を気にせず仕事に取り組めますね。

家事をしなくてよいので子どもと一緒に公園へ遊びに行ったり、家族でショッピングを楽しんだり、休日を有意義なものにすることができますよ。気持ちにも余裕がうまれ、プライベートだけでなく仕事の質も高まっていくのではないでしょうか。

専業ママは自分の時間を作ることができる

仕事をしていなくても、たまには家事をせず息抜きをしたり、自分の好きなことをする時間を作りたいですよね。家事が得意ではないというママもいるでしょう。

毎日おこなわなければいけない家事は、知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまうこともあります。代行サービスを利用することで「家事休みの日」を作ることができますよ。お気に入りのカフェで1人のんびりした時間を過ごしたり、趣味を楽しんでみたり、いろいろなことを楽しめます。

家事のすべてをお願いするのではなく、苦手な家事だけ代行サービスにお願いすることも可能です。家事から少し離れる時間ができることで、体だけでなく心もすっきりさせることができ、「また頑張ろう」と思うことができるでしょう。

シッターさんの家事育児を見て勉強できる

代行サービスのスタッフはしっかりと研修を受けています。つまり、家事や育児のプロなのです。代行サービスを利用している間は自宅を不在にしないといけないわけではありません。自宅にいるときに代行サービスを利用すれば、直接プロの技を見ることができますよ。

掃除や料理、子どもとの遊び方や寝かしつけ方など、気になることを質問すればやり方のポイントを教えてくれるので、育児本やインターネット上では書かれていないことを直接聞くことができます。新しい遊びを教えてもらうのもいいかもしれませんね。

掃除に関しても基本的には自宅にあるもので対応してくれます。あると便利な道具や今までは気づかなかった洗剤の使い方などを知るよいきっかけになるかもしれません。

育児(家事)代行サービスを使うデメリット

お金がかかることがデメリット

育児(家事)代行サービスを利用する際の一番大きなデメリットは、お金がかかることでしょう。基本料金の相場は1時間あたり2,000~3,000円になります。料金は1時間単位ですが、利用するときは2時間以上などと決まっている場合もあります。

基本料金に加え、スタッフの交通費や指名料、早朝・深夜割増なども必要です。一回だけのスポット利用なのか、週に〇回の定期利用なのかによって、基本料金に差をつけている会社もあります。

たとえば基本料金が1時間あたり2,000円で一回2時間、週一回の利用に交通費などが加わると、最低でも月20,000円は必要といえるでしょう。毎月20,000円と考えると、費用の面で利用を考えてしまうママもいるかもしれませんね。

登録などの手続きですぐに利用できない

代行サービスの利用をするときには、事前に登録をしないといけないことが多いようです。インターネット上で登録をおこなう際に本人確認書類の提出や、料金の支払いが口座振替の場合は、引落口座の登録が必要なこともあります。

対応できるスタッフの選定や、希望するサービス内容の確認など、利用したいと思ってもすぐに利用できるとは限らないので注意が必要です。また基本的には事前予約が必要な場合が多く、「今からお願いしたい」というときは利用できない可能性もあります。

登録料が必要な会社もありますが、登録料は無料の会社もあるので、代行サービスの利用を検討しているのであれば、いつでも利用できるように、あらかじめ登録をしておくとよいかもしれませんね。

相手が信用できる人なのか分からず不安

代行サービスをお願いした会社のスタッフとはいえ、見ず知らずの人に自宅に来てもらうことになります。在宅中に代行サービスをお願いして家事や育児の内容を見ているならよいですが、スタッフにお願いして家をスタッフだけにしたり、在宅していても別室にいたりするときは、盗難などの心配がありますよね。

高価なブランド品や通帳などはしっかりと管理をする必要があります。またパソコンから個人情報を見ることもできるので、パスワードロックをするなど、自己防衛をするようにしましょう。

どのスタッフにお願いするのか選べる会社や、過去の利用者の口コミなどがホームページ上で確認できる会社もあるので、そういうものを参考にしてみるのもよいですよ。

ママ達に人気のある育児(家事)代行サービス

ワーママのピンチを救う「マザーネット」

働いているママが「仕事を続けてきてよかった」と実感できるようにと、子育てと仕事を両立するためのサービスを提供しているのが、「マザーネット」です。全国17の都道府県でサービスを受けられます。

子どもが急に病気になると、幼稚園や保育園に通うことができず、仕事を休まないといけませんが、ここでは病児保育も行っているので仕事を休む必要がありません。おたふくなどの感染症でも見てもらえるのは助かりますね。

もちろん家事をおこなってもらうことも可能です。子どもの世話と家事の両方をお願いしても利用時間内であれば別途料金は必要ありません。

勤務先の福利厚生やお住まいの自治体によっては、利用料の補助があります。利用できるものがあるか確認してみるとよいかもしれません。

産後ママが頼りにしたい「産後ヘルパー」

「産後ヘルパー株式会社」では産後の回復を第一に考えたサービスをおこなっています。全国五つの都府県でサービスを実施していて、宿泊料金や交通費は別途必要ですが、日本全国でサービスの相談が可能です。

乳房ケアや腹部ケアなど、ママのためのサポートだけでなく、授乳のお手伝いや沐浴、育児相談などもおこなっています。栄養バランスがとれた食事を家族分作ってもらうこともできますよ。搾乳器や足湯器、乳房用温冷シップパックなどを無料レンタルすることも可能です。

産後ケアは6時間の半日コースか8時間の1日コースのみとなり、基本1週間(平日5日間)以上からの利用となっています。パパの仕事が忙しく、近くに頼れる人がいない場合は心強い味方になってくれますよ。

気軽に使いやすい「ファミサポ」

上記のようなサポートはサービスが受けられる地域が限られていますが、「ファミサポ」はお住まいの自治体が運営しているサービスなので、利用しやすくなっています。

何か援助を受けたい場合、自治体のセンターに援助依頼をすることで、助けてくれる人(援助会員)を紹介してくれます。援助会員とはセンターに登録をしている人のことをいい、事前に研修も受けているので安心ですよ。

利用料金も比較的安く、1時間あたり500~1,000円に設定している自治体が多いようです。基本的に利用料金は、サポートを受けた後に直接援助会員に支払います。

利用するには事前登録が必要になり、利用前に援助会員と面談なども必要になります。まずは登録だけ済ませておくとよいかもしれませんね。

まとめ

代行サービスにはいろいろなメリットがあります。自由に使える時間ができるのは嬉しいですよね。また普段の生活のなかで、家事や育児に関する相談をできる機会はあまりないことなので、聞きたいことがあればぜひ質問をしてみてください。

メリットだけでなく、利用料金や事前登録が必要などいくつかのデメリットもあります。利用前にしっかり調べ、疑問点は利用したいサ―ビスに前もって質問するようにしましょう。

ママが助けてほしい内容のサポートを見つけ、上手に利用して、より育児を楽しんでくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018