就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 赤ちゃんから始まるごっこ遊び!子どもに与える影響と親の関わり方

赤ちゃんから始まるごっこ遊び!子どもに与える影響と親の関わり方

ごっこ遊びに親はどう関わったらよい?

子どもの世界観を壊さない

子どもがごっこ遊びをしているときは、想像力を働かせ、ファンタジーの世界にどっぷり浸かっています。大人はその世界を壊さないように配慮をしましょう。

しかし、ごはんやお片づけなど、ごっこ遊びを終了してほしいときはどうしたらよいのでしょうか?「はい!おしまい!」と急に言われては、子どもは悲しい気持ちになってしまいます。

「ヒーローも次の戦いの前にごはんを食べる時間だよ」など、ごっこ遊びのストーリーの続きをママが考えると、役になりきったまま次の行動に移ることができます。また、「お片づけの時間だよー」と適当なメロディーをつけ、毎日静かに歌いながらママがお片づけを始めると、少しずつお片づけという状況を理解し、受け止めることができるようになるようです。

遊べる空間、環境づくり

ごっこ遊びをするには、その職業にあったアイテムがあると遊びに入り込みやすくなりますよね。ごっこ遊びにつかうアイテムはおもちゃ屋さんなどで買うこともできますが、どんなものがあったら楽しいかを子どもと考えてみて、一緒に手作りすることをおすすめします。

おままごと用キッチンをDIYで手作りしちゃうママもいますが、ダンボールや新聞紙、毛糸や100円ショップで買えるものを使って、子どもと一緒に手作りできるものもたくさんあります。

例えば、お姫様ごっこのアクセサリーは、紐とボタンなどで簡単に作れますし、ママのスカーフを使ってヒーローのマントにしたり、ダンボールを使って電車ごっこをしたりと身近にあるもので十分に楽しむことができますよ。

一緒になってごっこ遊び

子どもはお友だちとごっこ遊びをするのも好きですが、パパやママと一緒に遊ぶのも大好きです。パパやママと自分が「同じ世界を共有できたと」いう体験が自信につながっていくようです。

一緒に遊ぶときの注意点は、子どもをよく観察して、子どもの世界観を壊さないように、同じ目線で遊ぶことです。「それは変だからこうしたら?」などと、子どもに遊び方を指示するのはやめましょう。子どもが次の展開に困っている様子がみられるときは、「◯◯はどこにいったのかな?」などと質問を投げかけることで、きっかけを作ってみましょう。

家事などで中断しなければならないときは、「ちょっと野菜たちの様子を見てきます」など、役のまま抜ける口実を考えましょう。

子どもがごっこ遊びをしないとき

発達障害に気づくきっかけにもなる

子どもが何歳になったらごっこ遊びをするかといった、明確な指標があるわけではありませんが、5歳になってもまったくごっこ遊びをしないとなると少し心配になるママもいるのではないでしょうか。なぜならば、ごっこ遊びをしないことは発達障害を疑う一つの要素になっているからです。

もちろん、ごっこ遊びをしないことだけでは、発達障害と判断する決定的な要素にはなりません。それ以外の発達や行動を含めて判断される必要があります。

しかし、これまでも説明してきたように、ごっこ遊びには様々な発達へのよい影響があるため、積極的に行いたい遊びです。もしもママが誘ってもごっこ遊びをしない、ほかにも発達障害が疑われる行動があるようならば、一度専門家に相談してみましょう。

ごっこ遊びを促す方法

発達障害と診断されてもごっこ遊びを諦める必要はありませんし、ただ不得意なだけでごっこ遊びができないわけではありません。ごっこ遊びをすることで色々なことが学べるので、上手に促してお友だちやママと一緒に遊べるようになったらよいですよね。

ごっこ遊びを仲間と行うためにはコミュニケーション能力が欠かせません。これを補うためには、おもちゃなどを使って会話やエピソードのきっかけ作りをするのがポイントです。高価なおもちゃを用意するという意味ではなく、「ごっこ」をするためのイメージが湧きやすくなるような工夫としてのアイテムが必要だということです。

興味のあるおもちゃを使うことで、自分から何かしたい、言いたいと思わせる効果があります。

まずは真似っこからスタートしよう

ごっこ遊びが苦手な子は、おもちゃを前にしても何をしたらよいのか戸惑ってしまうことがあります。遊び方が分からないような場合には、少しずつ遊び方が理解できるような工夫をしましょう。

まず、正解がなく自由な遊びであることが「何をしたらよいか分からない」という状況を生みます。そこで、ママが人形などを使ってやりとりをするシーンを撮影してみましょう。

それを子どもと一緒に見ながら、こんどは子どもとママで人形を使って同じシーンを再現します。最初はまったく同じことの繰り返しでも構いません。ある場面や状況を再現するということが分かればよいのです。

徐々に自分のセリフを追加するなど、臨機応変に対応できるようになるかもしれませんね。

まとめ

ごっこ遊びについての疑問を少しでも解消することができたでしょうか?

子どもは模倣をすることで育っていきます。子どもの能力を高めるためにも、パパやママも一緒にごっこ遊びを楽しんでいけたらよいですね。一緒に遊んだり、抜けたりするときは、子どもの世界観を壊さないための配慮が必要だということも分かりました。

また、子どもは自然と身近な人のまねをするものです。子どもに悪影響にならないように、自分の言動や行動には気をつけた方がよさそうですね。
36 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND