就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 赤ちゃんから始まるごっこ遊び!子どもに与える影響と親の関わり方

赤ちゃんから始まるごっこ遊び!子どもに与える影響と親の関わり方

誰でも子どもの頃に経験がある「ごっこ遊び」ですが、子どもの成長に具体的にはどのような影響があるのでしょうか?その答えについてふれながら、子どもと一緒にごっこ遊びをするときの注意点やコツを紹介します。また、ごっこ遊びがどのように発展していくか、子どもにあった環境づくりなどもみていきます。

0歳から始まる子どものごっこ遊び 

「見立て遊び」との違い

見立て遊びと聞いてもあまりピンとこない方が多いかもしれません。見立て遊びとは、ごっこ遊びの前身となるような遊びです。

ごっこ遊びでは、アニメのキャラクターやママなどの役を演じて遊びます。例えば、人形を赤ちゃんに見立てて、「はい、ねんねしましょうね」などといいながらお布団をかけてあげるなど、自分がママにしてもらった経験を反映して遊びます。

見立て遊びは、現実には存在しないものを想像して遊ぶことです。例えば、公園でどんぐりを拾い集めて、それを葉っぱの上に置いてごはんに見立て、食べるまねをしたり、パパやママが普段行っている行動や口癖をまねたりします。見立て遊びでは、何かの役になりきるというようなことはないようです。

ごっこ遊びをする意義とは? 

ごっこ遊び=模倣は子どもが成長し、脳を発達させるために欠かせない遊びです。見立て遊びは1人でも十分楽しむことができますが、ごっこ遊びは、お友達やパパ、ママなどの相手がいるとより楽しく遊べるということが分かってきます。集団で遊ぶことにより、社会性なども自然に身につけていくようです。

それでは、ごっこ遊びにはどのような意義があるのでしょう。具体的にご紹介したいと思います。

・ 想像力を培う。

・ 記憶力を高める。

・ 社会性を育む。

・ 言語能力が発達する。

・ 自分の意思を相手に伝えることができるようになる。

・ 相手の気持ちが分かるようになる。

これらはどれも子どもに身につけてほしい能力ですよね。

年齢で変化するごっこ遊び

ごっこ遊びは、年齢によって徐々に高度な遊びへと変化していきます。主に3つの段階があり、「見立て遊び」「ごっこ遊び」「なりきり遊び」と呼ばれています。

見立て遊びは、早い子だと1歳半くらいから始め、2歳くらいまでの子が遊びます。

ごっこ遊びは3歳くらいから始め、4歳くらいまでの子が遊びます。

なりきり遊びは5歳くらいになると始める遊びです。1度に複数の役を演じることができるようになります。それぞれ口調なども変え、役同士の会話も高度な内容へと変わっていきます。

しかし、子どもによって興味や成長のスピードは違います。子どもがごっこ遊びを始める年齢も人それぞれ違うので、3歳になってもごっこ遊びを始めないからといって、焦る必要はないようです。

ごっこ遊びが子どもの発達に与える影響

ごっこ遊びの基本「ままごと」

一番身近な存在であるママがお料理をする姿をまねた「ままごと」は、女の子だけではなく男の子も好きな遊びです。

ママがキッチンで作業をしていると、「◯◯もやる!」とお手伝いしたがる子どもにはままごとセットを準備してあげるといいでしょう。市販のセットを買うのもいいですが、キッチンはダンボールやカラーボックスを加工したり、野菜は羊毛を使って作ったり、木の実を拾ってきたりして手作りすることもできますよ。

ままごとで遊ぶことにより、自然と野菜の名前や「いただきます」などの挨拶、「煮る」などの料理を作るときの動作や言葉もを学ぶことができます。

また、できたお料理を「はいどうぞ」と誰かにあげるなど、社会性も身につく遊びです。

「戦いごっこ」から育つもの

戦いごっこが好きな子どものママの中には、棒を振り回すなどの乱暴な行動を見て、心配になる方もいると思います。しかし、戦いごっこも成長の過程で必要な遊びの1つだったのです。子どもを信じて見守ってあげましょう。

戦いごっこをすることで、想像力や社会性を育み、お友達と遊ぶときの力加減も学んでいきます。逆に、戦いごっこをさせないで大きくなると、思春期に大きなトラブルを起こしてしまう可能性が高まってしまうこともあるようです。

ママは、「幼稚園や保育園以外で、周りに人がたくさんいるときは戦いごっこをしない」「嫌がっているお友達を無理に戦いごっこに巻き込まない」など、最低限のルールやお友達にケガをさせないような力加減など、気づいたときに教えてあげてください。

いろんな「職業」のごっこ遊び

子どもはいろいろなごっこ遊びを考えて遊びます。それぞれ違った役になりきることによって、その役ならではの、能力を伸ばしていくことができます。子どもをいろいろなごっこ遊びに誘ってみましょう。

子どもに人気のごっこ遊びは、お母さんごっこ(おままごとなど)、戦いごっこ、お姫様ごっこ、電車ごっこ、お医者さんごっこ、幼稚園・保育園ごっこ、消防士さんごっこなどがあります。子どもは経験や、見たことのないごっこ遊びはしないものなので、子どもにとって身近な職業が多くなるのです。

戦いごっこも子どもの中では立派な職業なんです。職業はヒーロー(戦士)で、その仕事内容は悪者を倒すことなので、真剣に悪者を倒そうとしているからこそ、激しい戦いを繰り広げるのです。

ごっこ遊びに親はどう関わったらいい?

子どもの世界観を壊さない

子どもがごっこ遊びをしているときは、想像力を働かせ、ファンタジーの世界にどっぷり浸かっています。大人はその世界を壊さないように配慮をしましょう。

しかし、ごはんやお片付けなど、ごっこ遊びを終了してほしいときはどうしたらいいのでしょうか?「はい!おしまい!」と急にいわれては、子どもは悲しい気持ちになってしまいます。

「ヒーローも次の戦いの前にごはんを食べる時間だよ」など、ごっこ遊びのストーリーの続きをママが考えてあげると、役になりきったまま次の行動に移ることができます。また、「お片付けの時間だよー」と適当なメロディーをつけ、毎日静かに歌いながらママがお片付けを始めると、少しずつお片付けという状況を理解し、受け止めることができるようになるようです。

遊べる空間、環境づくり

ごっこ遊びをするには、その職業にあったアイテムがあると遊びに入り込みやすくなりますよね。ごっこ遊びにつかうアイテムはおもちゃ屋さんなどで買うこともできますが、どんなものがあったら楽しいかを子どもと考えてみて、一緒に手作りすることをオススメします。

おままごと用キッチンをDIYで手作りしちゃうママもいますが、ダンボールや新聞紙、毛糸や100円ショップで買えるものを使って、子どもと一緒に手作りできるものもたくさんあります。

例えば、お姫様ごっこのアクセサリーは、紐とボタンなどで簡単に作れますし、ママのスカーフを使ってヒーローのマントにしたり、ダンボールを使って電車ごっこをしたりと身近にあるもので十分に楽しむことができますよ。

一緒になってごっこ遊び

子どもはお友達とごっこ遊びをするのも好きですが、パパやママと一緒に遊ぶのも大好きです。パパやママと自分が「同じ世界を共有できたと」いう体験が自信につながっていくようです。

一緒に遊ぶときの注意点は、子どもをよく観察して、子どもの世界観を壊さないように、同じ目線で遊ぶことです。「それは変だからこうしたら?」などと、子どもに遊び方を指示するのはやめましょう。子どもが次の展開に困っている様子が見られるときは、「◯◯はどこにいったのかな?」などと質問を投げかけてあげることで、きっかけを作ってあげましょう。

家事などで中断しなければならないときは、「ちょっと野菜たちの様子を見てきます」など、役のまま抜ける口実を考えましょう。

まとめ

ごっこ遊びについての疑問を少しでも解消することができたでしょうか?

子どもは模倣をすることで育っていきます。子どもの能力を高めるためにも、パパやママも一緒にごっこ遊びを楽しんでいけたらいいですね。一緒に遊んだり、抜けたりするときは、子どもの世界観を壊さないための配慮が必要だということも分かりました。

また、子どもは自然と身近な人のまねをするものです。子どもに悪影響を与えないように、自分の言動や行動には気をつけた方がよさそうですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018