就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児と刺激のある遊びをしよう!おすすめの遊び方や注意点

1歳児と刺激のある遊びをしよう!おすすめの遊び方や注意点

1歳になると運動能力が発達し、できることがどんどん増えていきます。歩くことで行動範囲が増えたり手先を器用に動かせるようになったりするので、見るものすべてが新鮮で楽しい時期です。そんな好奇心旺盛な1歳児におすすめの遊び方を紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

1歳児の特徴と興味があるものとは?

自分で動いて触りたい 

1歳になると全身の筋力がねんねのころよりもアップし、立って一人歩きをしたりボール投げをしたりと、運動能力がかなり発達してきます。自分で動ける範囲が増えるので、たくさん動き回りたいと思う時期です。

行動範囲が広がることから好奇心も旺盛になり、大人のしている行動やお友だちの行動に関心を持ち始め、他人の行動を真似する姿も見られます。

筋力とともに知能もどんどん発達してくるので、絵本や身の回りの目につくものにも興味を持ち始めるでしょう。まだ知識がなく見ただけでは分からないので、興味があるものは触ってみたり口に入れたりして確認したくなります。

簡単な一語を話せるようになる時期で、大人が発する言葉も少しずつ理解していきますよ。

手先が器用になってくる 

手の筋力も発達し、手先を器用に使える時期でもあります。引き出しを開けて中から物を取り出したり、リモコンのボタンを押したりと細かい動作もできるようになります。

大人の真似をして電話をかける真似をしてみたり、指さしやパチパチなども上手にできるようになったりします。物を上手く掴めるのでクレヨンなどで絵を描くようにもなりますよ。

手でしっかりと握って上手く動かすことができるので、スプーンやコップなどの食器の取り扱いも上達していく時期です。離乳食を手づかみで上手く食べることもできます。

指でつまむ動作も上手に行えるので、目を離した隙にティッシュを箱からすべて出してしまったりといったいたずらをすることも増えていきます。

動きがあるものに興味を持つ

まだ新生児のころには未発達だった視力も色々なものを見て刺激を受けるうちに発達し、だんだんと見えてくるようになります。動きがあるものには本能的に興味を持ち、目で追いかけることで脳を刺激します。

自我が芽生えてくる時期なので、自分とは違う動きをしているものが不思議に思えるのです。動いているものを追いかけて手で触ってみようとしたり、動作を真似しようとしたりもするでしょう。

外に出ることが増えて色々な動くものを目にすることによって、子どもの好奇心や探求心がどんどん鍛えられていきます。テレビにも興味を持ち始めるので、じーっと見ていることが増えていきます。ママにとっては家事の間にテレビを見ていてくれるので少し楽かもしれませんね。

発達を促すおもちゃはどんなもの?

つい追いかけたくなるのが楽しいボール

まずおすすめしたいのがボールを使った遊びです。色々な種類のボールがありますが、ウレタン製や布製などの当たっても痛くない素材を選ぶとよいでしょう。

最初のうちはママが声かけをしながら、子どもに向かって転がしてみましょう。簡単なキャッチボールをしているうちに、掴んで投げたり転がしたりできるようになります。

子どもは動くものが大好きなので、ボールを自分の意志で動かせるようになるととても喜びます。遊びながら筋力を鍛えることができますし、ボールなら外でも使えてよいですよね。

ベビーカーにつけるストラップが付属しているものや、振ると音がするものなどたくさん種類がありますので、お気に入りのボールを探してみてくださいね。

あんよのサポートになる手押し車

手押し車は1歳児の歩きたい気持ちを手助けし、足腰の筋力もつけてくれるおもちゃです。まだあんよが不安定でも自分の意志で好きなところへ行けるので、歩くことへの興味がどんどん湧いていきます。

押して歩くとカタカタ音が鳴るタイプやキャラクターがあしらわれているタイプなど、たくさんの種類の手押し車が売られていますので、子どもの性格や好みに合わせて選んでみてくださいね。

手押し車は便利な一方で、壁にぶつかってしまったり階段から落ちてしまったりと、危険な場合もあります。

使用する際には大人がそばにいて、安全に使用するようにしましょう。遊び方を守ればとても楽しいおもちゃです。子どもが手押し車を押している可愛い姿を見られるのも楽しみですね。

色を判別したり積んだりできる積み木

昔からの定番おもちゃの積み木は、手先を器用に使いながら脳を鍛えられるおもちゃです。最初はママが積んだものを倒すだけでも、崩れていく積み木に子どもは喜んでくれます。

慣れてくると器用に積むことができたり、カラフルな積み木の場合は色を判別して分けたりもできるようになります。月齢が上がってくると数遊びや形作りをして遊ぶこともでき、知育にもおすすめのおもちゃです。

ガラガラと音が鳴るものや文字が書かれているものなど、積み木にもたくさん種類があります。崩れたときに音がしない柔らかい素材の積み木などもありますので、マンション住まいなどにもよいですよ。

大きさも様々なので対象年齢を確認してから与えるようにしましょう。

室内じゃ物足りない?刺激がある遊び場

児童館でお友だちとの関わりを

家でいつも遊んでいるおもちゃや遊びに飽きてきてしまった場合は、児童館に行ってみるのもおすすめです。天候の悪い日でも安心して遊べますよね。

持っていないおもちゃがあったり、手遊びなどを教えてもらったり、普段とは違う遊びができます。午前中が乳幼児の時間帯になっていたり、年齢によって遊び場が分かれていたりする所もあるので小さな子どもも安心です。

お友だちと遊ぶことによって刺激を得られたり、好奇心を養えたりもできます。ママも子どもが遊んでいるうちにほかのママと仲良くなれるかもしれませんし、育児についての相談などができ息抜きになりますよね。

専門の職員もいて安心ですよ。また、イベントを開催している日もあるので調べて行ってみましょう。

公園で自然と触れ合おう 

歩くことが上手になってきたら、公園デビューしてみるものよいですね。家の中では歩き回る範囲に限りがあっても、外でなら思いっ切り歩き回れます。

靴を履いて散歩をするとベビーカーや抱っこ紐から眺める景色とはまったく違う世界が見え、様々な刺激を受けられるでしょう。自然と触れ合うことで感受性を豊かにすることもできますね。

1歳児のお肌は敏感なので、紫外線があまり強くない午前中や夕方の時間がおすすめです。しっかりと紫外線対策や水分補給などの準備をしてから行きましょう。

遊具などはまだ一人で乗るのは危ないので、ママが膝に乗せてあげたりして楽しむとよいですよ。ふわふわと飛んでいくシャボン玉遊びも、子どもが喜んでくれるのでおすすめです。

水遊びやスイミングで脳に刺激を

子どもはキラキラしていて、触ると不思議な感触のする水が大好きです。お風呂が好きで楽しく入っているようであれば、水遊びやスイミングを始めてみてはいかがでしょうか。脳へのよい刺激となりますよ。

例えば、夏の時期ならベランダにビニールプールを出したり、水遊びできる公園へ行ったりして遊んでみましょう。

公共の場では水遊び用のおむつを使用するのが基本ですが、施設によっては水遊び用のおむつが禁止の場合がありますので、ホームページなどで確認してから行くようにしてくださいね。

外での水遊びがまだ不安なときは、お風呂の中で水遊びをしてみるのもよいですね。水遊びをした日はいつもよりもぐっすり眠ってくれますよ。
56 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版