就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期は冬でも外遊びをしよう!外遊びの効果と遊びのアイデア

幼児期は冬でも外遊びをしよう!外遊びの効果と遊びのアイデア

冬場は寒いので子どもに「公園で遊びたい」と言われても、外遊びを拒んでしまうママも多いですよね。寒い日は室内遊びをしている家庭が多いですが、冬場でも外遊びは子どもにとって成長の場です。ここでは、冬に外遊びをする効果や外遊びのアイデアなどをご紹介します。

冬の外遊びの効果やメリットとは?

冬の外遊びは体を強くする

冬は風邪の心配もあるので、外遊びよりも室内遊びのほうが子どもにとってはよいと考えているママもいるかもしれませんね。しかし、寒くても外で遊ぶことは、子どもの体の成長にはとても大切なことだといわれています。

室内遊びでは、テレビやゲームなどが中心になりがちで体を動かすことが少なくなってしまいますよね。室内遊びが続き、運動不足になると、子どもの体力は落ち抵抗力も弱くなってしまいます。抵抗力が弱っていると、ウイルスに体が負けてしまって風邪をひくことも…。

寒い時期でも外で体を思いっきり動かして遊ぶことで、子どもの体力は向上し体が強くなります。子どもの体のためにも、寒さに負けず外でたくさん遊びましょう。

外遊びは五感の発達を促す効果も

外遊びは子どもの体を強くするだけではなく、五感の発達も期待できるといわれています。外では、いろいろなものを見る、砂や木の葉・花を触る、犬や鳥などの鳴き声を聞く、自然の香りをかぐなど、自然にいっぱいふれあいますよね。

自然とたくさんふれあい自由に遊ぶことで、子どもの五感は健やかに発達し感性が豊かになっていきます。室内遊びでは体験できないことが外遊びでは体験できるので、冬場の寒い時期でも、子どもの成長のためにも外遊びをしてみてくださいね。

子どもと外遊びをするときは、子どもの様子を見守ることも大切ですが、ママも一緒に体を動かして遊にましょう。一緒に体を動かしていると、ママの体も温まってきますよ。

外でも熱中症や虫刺されの心配が少ない

外遊びは春や夏の季節が向いていると思っている方もいるかもしれませんね。しかし、冬場は気温が低く寒いですが、夏場のように熱中症や虫刺されの心配が少ないので、意外と外遊びに向いている季節といえます。

夏場は熱中症対策や紫外線対策、虫除けなど、さまざまな対策が必要なため、外遊びに行く準備が大変ですよね。冬場は、防寒対策だけでほかのことはあまり気にしなくてよいので、気軽に外遊びに出発できそうですよ。

先輩ママの話では、冬場の外遊びは公園などに雑草が生えていないので、子どもだけでなくママも虫に刺されないのが安心と話してくれました。暖かい日は、水を使って泥遊びなどもできるので、冬でも公園などに頻繁に行っているそうです。

幼児期の冬の外遊びの注意点を知ろう

防寒対策はしっかりとしよう

服装などに気をつけないと子どもは抵抗力が弱いので、すぐに風邪をひいてしまう心配もあります。冬に公園などで外遊びをするときは、体が冷えないように防寒対策をしっかりすることが大切です。

防寒対策には、マフラーや手袋、帽子などの防寒グッズの着用が一般的です。マフラーは丈が長いものだと、公園の遊具で遊ぶときに引っかかる危険があります。丈の短いものを用意するか、遊具で遊ぶときははずしましょう。

また、子どもの服にも気を配る必要があります。厚めの服だと遊んでいるうちに暑がる子が多いので、薄めの服を何枚か重ね着して、暑くなったら脱ぐようにするとよいでしょう。アウターはダウンなどの風を通さないものがおすすめですよ。

汗をかいたらこまめに着替えを!

外遊びをしているときの子どもは、思いっきり走ったり滑り台などの遊具で遊んだりと、たくさん体を動かすため汗をかく子もいるでしょう。汗をそのままにしておくと子どもの体が冷えて風邪をひく可能性があるので、汗をかいたらこまめに拭いて着替えるようにしましょう。

先輩ママの話では、近くの公園に遊びに行って1時間くらいすると、子どもはずっと走り回っていたので汗をかいているそうです。公園では体が冷えないようにこまめに汗を拭いて、お家に帰ってから着替えをするようにしていると話してくれました。

汗をかいたまま公園で遊び続けたときに子どもが風邪をひいたことがあるそうで、こまめな着替えは大切だと実感しているそうですよ。

子どもの体調が悪いときは無理をしない

冬場の外遊びは子どもの成長にとてもよいといわれていますが、子どもの体調が悪いときは無理をして外遊びをする必要はありません。子どもの体調が悪いときに無理に外遊びにつれて行ってしまうと体調が悪化するだけではなく、インフルエンザなどのウイルスに感染する危険性も高まります。

冬場の風邪は長引くことも多いですし、インフルエンザなどは感染力が強いためママやパパにうつってしまうことも…。体調が悪いときは抵抗力が弱っているので、外遊びや人が多い場所などは避けたほうがよいでしょう。

子どもに熱がなくても、咳をしている、鼻水がでている、お腹をこわしている、いつもより元気がないなどのときは室内で過ごしましょう。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事