就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

地震から赤ちゃんを守る方法とは?防災対策と準備したい防災グッズ

地震から赤ちゃんを守る方法とは?防災対策と準備したい防災グッズ

東日本大震災や熊本地震など、「地震大国」といわれる日本では大きな地震が続いています。東海地震への警戒心が強まるなか、赤ちゃんを地震から守ることができるか不安なママも多いのではないでしょうか。今回は地震から赤ちゃんを守るための防災対策と準備したい防災グッズを紹介します。

普段の生活からできる防災対策とは?

自宅内の家具の固定や配置を考える

阪神淡路大震災や新潟県中越地震では、多くの人が倒れた家具の下敷きになって亡くなったり、大怪我をしたりしました。また、倒れた家具に出入り口がふさがれ、火事などから逃げ遅れた人もいます。

身の安全や避難経路を確保するためにも、家具が倒れないよう固定しましょう。L字金具やワイヤーで壁に固定する、転倒防止用突っ張り棒を取りつけるなど家具に合わせた方法を選んでくださいね。

家具を固定するだけではなく、「大きな地震が来たら家具は倒れるもの」と考えておくことも重要です。子ども部屋や出入り口の周り、寝室にはできるだけ家具を置かないようにするとよいでしょう。

また、キャスター付きの家具が動いて怪我をすることもあります。使わないときはロックをかけてくださいね。

防災グッズを持ち出しやすい場所に準備する

地震はもちろん、洪水や台風などの災害時に利用できるのが避難所ですが、災害発生直後の避難所は被災者を受け入れる準備が整っていないことも多く、食べ物や防寒具がない可能性があります。

避難所の体制が整うまでの時間を乗り切るためにも、防災グッズはあらかじめ用意しておきましょう。

また、火事になったときや津波、土石流が迫っているときなどは急いで避難する必要があります。とくに、赤ちゃんを連れていると移動に時間がかかるため、できるだけ早く避難を始めなくてはなりません。

「普段使わないものだから」と、押し入れや戸棚の奥に片付けてしまうと、いざというときに持ち出しにくくなります。防災グッズは玄関や寝室など、持ち出しやすい場所に用意しておきましょう。

外出時にも防災グッズを携帯する

地震は家にいるときだけではなく、赤ちゃんのお散歩中や電車に乗っているときに起こるかもしれません。外出時も防災グッズを携帯しておくと安心です。

【外出時に持っておきたい防災グッズ】
・抱っこ紐
・赤ちゃんの食料(1日分)
・ペットボトルの水
・ママ用の携帯食
・多めのおむつセット
・携帯バッテリー
・アルミブランケット
・ホイッスル
・赤ちゃんの名札

地震が起きるとエレベーターなどが止まるため、ベビーカーを使えなくなります。抱っこ紐や兵児帯(へこおび)があるとよいですね。

また、赤ちゃんの名札はママと赤ちゃんが万が一はぐれてしまったときのためのものです。名前と生年月日、住所、アレルギー情報などを書いておきましょう。

地震が来た!そのときにするべきこと

地震が来たら赤ちゃんを守る体勢を取ろう

地震が来たら机の下などに潜って身を守るといわれますが、これは落下物から身を守るためです。そのため、落ちてくるものや倒れてくるものが少ないトイレや公園では、無理に移動しようとせず、その場で身を守りましょう。

ママのお腹のあたりに赤ちゃんの頭を置き、ママは赤ちゃんにおおいかぶさる姿勢でうずくまると赤ちゃんの頭や背中を守ることができます。できるだけ低い姿勢を取るようにしましょう。

外を歩いているときはブロック塀やガラス、看板から離れ、屋根がある場所に避難してくださいね。

揺れが大きいときに移動すると転倒する恐れがありますので、小さな揺れを感じた時点で安全な場所に隠れるようにしましょう。遊びながら赤ちゃんを守る姿勢を練習しておくとよいですね。

逃げるときは両手が空く格好が理想

揺れが収まって避難するときは、両手が空く格好が理想です。両手が空いていると転倒したときに手をつくことができるほか、道をふさいでいるものを動かして避難経路を確保することができます。

普段は便利なベビーカーですが、地震が起きたときは「重くて持ち運べない」「地面が割れて通行できない」「赤ちゃんをとっさに守れない」など、不便なことが多いようです。

抱っこ紐を使えば両手がふさがることもなく、余震が来たときも赤ちゃんを抱えて守ることができます。おんぶは両手がふさがらず、足元が見やすいというメリットがありますが、赤ちゃんを抱えて守ることができません。

また、防災グッズを入れるバッグはリュックが最適です。荷物が重くなりすぎないよう注意してくださいね。

避難所に行くタイミングと持って行くもの

赤ちゃんや小さな子ども連れの避難は、大人だけの避難に比べて時間がかかります。なるべく早く避難を始めるようにしましょう。

「すぐに避難所に行くのは大げさな感じがして恥ずかしい」というママもいるかもしれません。しかし、「必要がないのに避難した」は笑い話ですみますが、「避難すべきか迷っているうちに逃げ遅れてしまった」は笑い話になりませんよね。

避難所に行くときは防災グッズに加え、母子手帳や赤ちゃんのおむつ・ミルク用品、小銭なども持って行きましょう。携帯用ブランケットやアルミ製保温シート、カイロなどの防寒グッズもあるとよいですね。

また、携帯のバッテリーがなくなったときのために、家族や普段通っている病院の電話番号のメモを作っておくとよいでしょう。

あると安心な赤ちゃん向けの防災グッズ

首すわり前の赤ちゃんの避難用抱っこ紐

日本で一番古い抱っこ紐メーカーであるラッキー工業が2018年に発売した「新生児向け避難用抱っこひも」は、首すわり前の赤ちゃんのために作られた避難用抱っこ紐です。

抱っこ紐の本体は「日本防炎協会」に登録された防炎生地で作られているほか、赤ちゃんの姿勢をキープする「セーフティボード」が付いており、赤ちゃんを災害と窒息からしっかり守ってくれます。

初めて使うときや、とっさに着けるときでも迷わない着用順序ガイド付きになっているため、急いで避難しなくてはならない災害時もすぐに使うことができますよ。

また、本体を収納するケースは反射材付きの防炎素材でできており、ママの防災頭巾に使うことができます。調節機能付きなのでパパも使うことができますよ。

赤ちゃんに特化した防災グッズセット

防災セットメーカーLA・PITA(ラピタ)「防災セットSHELTER(シェルター) ファミリーベビータイプ」は赤ちゃんに特化した防災グッズセットです。

このセットには「使い捨て哺乳ボトル」や、ミルク用のお湯を作るための「かんたん湯沸かし器POT」が入っており、水やガスが使えない環境でも赤ちゃんのミルクを作ることができます。

また、避難所で不足しがちな「おむつ用防臭袋」や「おしりふき」といった赤ちゃん用品のほか、着替えや授乳のときに便利な目かくしポンチョや防災エアマットが付いているのも特徴です。

非常食や非常用トイレもセットになっているため、救援物資が届くまでの3日程度を過ごすことができる内容となっています。

必須ではないけど赤ちゃんが安心するグッズ

慣れない避難所での生活は赤ちゃんにとって大きなストレスになります。ママや周囲の大人の不安が伝わり、情緒不安定になる赤ちゃんもいるようです。

赤ちゃんが避難所でも安心して過ごせるように、赤ちゃんが好きなおもちゃやお気に入りのブランケットなどを持って行きましょう。避難所でもできるだけ家に近い環境を整えることで、赤ちゃんの気持ちも落ち着きますよ。

ただし、おもちゃを持って行くときは音が出ないものを選びましょう。多くの人が生活する避難所では赤ちゃんの声やおもちゃの音で周囲に迷惑をかける可能性が高く、トラブルに発展するケースもあります。

また、おしゃぶりは赤ちゃんのぐずり防止に役立ちます。普段は使っていない場合でも、一つ持っておくとよいですよ。

まとめ

赤ちゃんは自分で身を守ることができないため、災害時はパパやママが赤ちゃんを守らなくてはなりません。

なかでも、赤ちゃんと一緒にいる時間が長いママは、地震が起きたときの対処法や避難方法を知っておく必要があります。家にいるときや外出中など、さまざまなシーンに合わせてイメージトレーニングしておくとよいでしょう。

また、避難所や自宅での避難生活のために防災グッズを用意し、いざというときも赤ちゃんを守れるよう、日頃の備えをしっかりしておきたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj