就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海外の家族や友人に出産祝いを!日本らしい贈り物と海外発送の注意点

海外の家族や友人に出産祝いを!日本らしい贈り物と海外発送の注意点

海外に住んでいるママに出産祝いを贈りたいと思ったとき、どんなアイテムが喜ばれるのでしょうか。海外では手に入りにくい日本ならではのものを選んでみてはいかがでしょうか。プレゼントにおすすめのアイテムと、発送時の海外ならではの注意点などを理解して、失敗のないようにプレゼントを贈りましょう。

海外在住ママに贈りたい日本らしい贈り物

何枚あっても嬉しいガーゼハンカチ

出産祝いには、赤ちゃんに使えるものを選ぶことがおすすめです。中でも、新生児の沐浴から使用できるガーゼハンカチは、何枚あっても困らないアイテムとして重宝されます。

日本では赤ちゃんグッズとしてもよく見かけるガーゼハンカチですが、海外ではあまり多く売られていないものの一つでもあります。そのため、海外に在住しているママにとって、赤ちゃんの肌に優しいガーゼハンカチは、とても嬉しいアイテムの一つといえるでしょう。

ガーゼハンカチは沐浴だけでなく、よだれや汗を拭いたり、ミルクこぼれを拭いたりなど、使用頻度の多いアイテムです。衛生的に保つためにも、汚れたらすぐに取り替えることができるよう、複数枚セットになっているものを選ぶことがおすすめです。

海外では手に入りにくい日本語の絵本

絵本は、赤ちゃんが日本語を習得するために最適なアイテムです。特に海外に在住しているママにとって、赤ちゃんの日本語習得のために絵本は欠かせないものになります。

絵本の読み聞かせをすることで、日本語に慣れさせることができます。また、年齢に応じて選ぶことができる点もプレゼントに最適な理由の一つといえるでしょう。

カラフルで文字が少なめの絵本を選べば、乳幼児期から活用することができます。郵送で海外まで送るにしても、少額でできる点もおすすめの理由です。

また、プレゼント代金としても、数百円から数千円で済む価格帯という点も人気の理由といえるでしょう。置き場所にも困らないサイズなので、受け取る側の負担も少なくてすむでしょう。

日本を感じることができるベビー甚平や浴衣

夏の間に着る甚平や浴衣は日本ならではのものになります。海外ではなかなか手に入らなかったり、種類が限られていたりすることも多いです。

また、着る季節が限られている服はもったいないという思いが出てくるので、なかなか購入には至らないママも多いのが現状です。和のテイストから日本を感じることができる甚平や浴衣を出産祝いとして贈ってあげましょう。

使える期間が短い甚平や浴衣は、自分では買わないけれど、もらったら嬉しいものでもあります。子どもが快適に着られるものもたくさんあるので、肌触りのよい素材で選んであげるとよいでしょう。

写真映えする甚平や浴衣は、お祭りなどには欠かせないアイテムです。日本の夏を感じられる出産祝いになることでしょう。

メインの出産祝いにちょっとおまけをつけて

大人も嬉しい離乳食作りにも便利なだしの素

海外で生活する人にとって、日本食は恋しくなるものでしょう。日本の食材は手に入れることができても、日本よりも高かったり、種類が少なかったりすることも多いです。

赤ちゃんの離乳食作りにも大人のご飯にも使えるだしの素は、喜ばれるアイテムといえるでしょう。出産祝いのプラスアルファとして、付け足して贈ってあげる方法がおすすめです。

海外でもインスタントの粉末だしであれば手に入れることができるところもありますが、本格的なだしパックはなかなか目にすることがありません。赤ちゃんも日本食で育てたいと思っているママには、日本ならではのだしの素は離乳食作りにも使えるので、重宝してもらえること間違いなしのアイテムといえるでしょう。

海外では手に入りにくい和風のカード

国によっては、イベントのときに使用するグリーティングカードや、お礼の品に添えて使用するサンキューカードなど、カードを贈りあう文化があります。和風のデザインのカードをまとめて送ると、海外在住のママが友だちや職場の仲間に贈るのに使ってもらえますよ。

日本ならではのデザインが施されているカードを選ぶことがおすすめです。海外の人でもすぐに日本のデザインだと分かる富士山や東京タワー、花鳥風月、日本の文様などが描かれているものだと、より喜ばれることでしょう。

ちょっとしたときに使えるカードは色々なデザインで複数種類持っていると便利なアイテムです。デザイン、素材など、日本ならではのカードを選んで贈ってあげるとよいでしょう。

赤ちゃんも飲めるノンカフェイン麦茶

海外では、赤ちゃんを含め大人もお茶を飲む機会が少ない国もあります。そんな場合には、ノンカフェインの麦茶が喜ばれることでしょう。

お茶は、大都市の日本食スーパーであれば手に入れることもできますが、近所に日本食のスーパーがなかったり、海外では値段が高かったりと、手に入れづらい人も少なくありません。

日本では何気なく手に入れられる麦茶も海外に行くと、手に入れることが難しい場合があります。大人も飲めて、赤ちゃんにも飲ませることができる麦茶は、日持ちもするアイテムなので、たくさんあっても困るものではないでしょう。

国産茶葉、日本メーカーなどにこだわって、海外在住ママに贈ってあげると喜ばれるアイテムの一つといえます。

海外に送る場合に知っておきたいこと

高額な関税は受取人が支払うので注意!

海外に荷物を送る際に気になるのが配送料です。荷物の中身によって制限がかけられていることや、配送方法によっては受け付けてくれないこともあるので注意しましょう。

また、日本ほど丁寧に扱われないこともあるので、割れ物などを送る際には、投げられても大丈夫なくらいに頑丈に梱包することがおすすめです。そして、海外に荷物を送る場合には関税がかかるケースがあるので覚えておきましょう。

関税のルールは送る国によって異なりますが、受け取り側が関税を支払うことがあるので、事前に連絡しておくことが大切です。受け取り側の関税支払いが済むと、荷物が届けられる仕組みが一般的です。

日本では考えられない盗難や紛失についても理解をしておくと安心です。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj