就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海外の家族や友人に出産祝いを!日本らしい贈り物と海外発送の注意点

海外の家族や友人に出産祝いを!日本らしい贈り物と海外発送の注意点

海外に送る場合に知っておきたいこと

高額な関税は受取人が支払うので注意!

海外に荷物を送る際に気になるのが配送料です。荷物の中身によって制限がかけられていることや、配送方法によっては受け付けてくれないこともあるので注意しましょう。

また、日本ほど丁寧に扱われないこともあるので、割れ物などを送る際には、投げられても大丈夫なくらいに頑丈に梱包することがおすすめです。そして、海外に荷物を送る場合には関税がかかるケースがあるので覚えておきましょう。

関税のルールは送る国によって異なりますが、受け取り側が関税を支払うことがあるので、事前に連絡しておくことが大切です。受け取り側の関税支払いが済むと、荷物が届けられる仕組みが一般的です。

日本では考えられない盗難や紛失についても理解をしておくと安心です。

日本と比べて荷物の取り扱いが乱暴なことも

日本では当たり前のように送った荷物が相手側に届きますが、海外では配送途中での盗難や紛失があることについても理解しておかなければなりません。また、届いた荷物が壊れていたなどということも起こりうるので、送った際には相手側にどんなものをいつ送ったのか連絡しておくと安心でしょう。

海外に送る場合、荷物を経由する地点が多いこともあり、日本よりも破損する可能性が高くなります。海外へ荷物を送る際には、段ボールに緩衝材をたっぷり入れて、トラブルを回避するようにしましょう。

また、郵便物に保険をかけておくと安心です。荷物が紛失された場合でも返金してもらえる場合があります。ただし、返金などの続きに時間を要するケースもあるので注意しましょう。

時期によって大幅に遅れる場合もある

日本でも起こりうることですが、時期によっては配送が大幅に遅れることがあることを認識しておく必要があります。日本と同様に、天候や天災により、またピークシーズンなどは配送に時間を要してしまうことが多いです。

海外の場合は、相手国の情勢によっても配送時期がずれてしまうことがあります。配送に時間がかかって不安にならないためにも、追跡機能を活用するとよいでしょう。

送った荷物が今どこにあるのかを把握することが可能です。海外では送った荷物が1カ月や2カ月近く遅れてしまうこともあり得るということをしっかりと理解して早めに準備するようにしましょう。

配送のピーク時期であるクリスマスや年末年始などは特に送る時期に注意しましょう。

まとめ

海外在住のママにとって日本からの贈り物はとてもうれしいものです。特に海外では手に入れにくい日本ならではのアイテムを選んであげると喜ばれるでしょう。

そして、荷物を送る際には、遅延・破損・紛失・盗難などのトラブルが起こる可能性もしっかりと念頭に入れて準備しましょう。日本のように丁寧に荷物を扱ってもらえないということもしっかりと理解し、関税がかかる可能性を考え、丁寧な梱包、早めの発送手続きをすると安心です。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND