就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏は子どもとキャンプしたい!与える影響とキャンプ場の選び方

夏は子どもとキャンプしたい!与える影響とキャンプ場の選び方

夏休みに子どもと一緒にぜひやってみたい「キャンプ」。キャンプが子どもたちに与える影響や、実際にキャンプに行くときの服装や持ち物、家族でキャンプに行く場合のキャンプ場の選び方をまとめました。また、子どもだけで参加するサマーキャンプの魅力についても紹介します。

キャンプが子どもにもたらす素敵な影響

協調性とコミュニケーション能力が育つ

キャンプでは、家族みんなで協力し合ってご飯をつくったり、テントの設営をしたりします。大きなテントをパパとママが協力して広げているような様子をみて、子どもたちも自然とお手伝いがしたくなってくることでしょう。

まだ小さい子どもでも石をどけたり、ポールを支えたりとできる仕事はたくさんありますので、どんどんお手伝いをさせるチャンスです。みんなで協力することで協調性が育ちます。

また、みんなで協力しあうときにコミュニケーションはかかせません。パパやママも仕事や家事から離れているキャンプでは、家族とコミュニケーションをとることに集中できます。家族みんなでたくさんおしゃべりをすることで、コミュニケーション能力を育てることができるでしょう。

トラブル回避能力を学ぶことができる

外で長い時間を過ごすキャンプは、暑かったり寒かったり雨が降ったりと天候の影響をじかに受けるので、状況に応じて臨機応変な対応が必要になります。

また、忘れ物をしたり、いろいろなことに時間がかかって日が暮れてしまったりと、思ったようにいかないこともたくさんあります。

そんなトラブルが起こったときに、大人がどのように受け止めて行動するかを子どもたちは見て学んでいます。こういったことは、本や映像で学ぶよりもたくさんの経験をすることで身に付けることができます。

このように、キャンプでは柔軟な考え方や問題を乗り越えていく力、準備をすることの大切さを学ぶ場面が多くでてくるためトラブル回避能力を育てることになります。

原体験で五感と脳が育つ

原体験とは「触れること」、「においを感じること」、「味わうこと」を中心として自然のものを五感で直接体験することをいいます。この原体験の対象になるものは「火、石、土、水、木、草、動物」の自然物の7つと、感動や恐怖感、空腹感などの感覚の「ゼロ体験」を合わせて8つあります。

原体験はその人の考え方に大きな影響をあたえるような体験です。この体験をすることによって脳にたくさんの刺激を与え、生きる力をはぐくむことができます。

キャンプでは自然に囲まれますので、意識をしなくても対象物にふれることになります。土や木はもちろん、料理をするときには火が燃えている様子を目の前で見ることになりますし、夜には暗さや静けさを体感することができます。

持ち物や家族で行くキャンプ場の選び方

家族でキャンプするときの持ち物

パパやママが計画したキャンプのスタイルにあわせて、道具や食材などいろいろな持ち物が必要になると思います。ここでは、小さな子どもがキャンプに行くときに、ぜひ用意したいものをまとめてみました。

・子どもが自由に飲める水筒
水分補給は大切ですね。コップやペットボトルでも水分補給はできますが、子どもが1人で自由に飲める水筒を用意しておくと安心です。

・懐中電灯
明かりが少ないキャンプ場では、暗いところが苦手な子は怖がるかもしれません。子ども専用の懐中電灯を用意してあげると少し安心できると思います。

・レインコート
山の天候は変わりやすいので雨具は必要です。自由に動けるようにレインコートを持っていきましょう。

家族でキャンプするときの服装

昼間、暑いときには帽子+Tシャツ+短パンで過ごします。動きやすくて着替えやすい服がおすすめです。

また、夜や明け方はかなり冷えることがあるので、Tシャツの上から着ることができる長袖の上着と、長ズボンを持っていくことをおすすめします。虫が多いときには虫刺され対策にもなります。

靴は履きなれた靴がよいですね。もし川など水場で遊ぶ場合は、水遊び用のマリンシューズも持っていきましょう。川のそばは石がゴロゴロしているので、ビーチサンダルだとかなり歩きにくいです。足にしっかりフィットして脱げにくいものがよいでしょう。

寝るときの服装はパジャマでもよいのですが、トイレなどに起きることがありますので、そのまますぐに外に出ることができるジャージなどがおすすめです。

家族で過ごすキャンプ場の選び方

キャンプ場は、「こんなキャンプがしたい!」という希望に合うところを選びましょう。たとえば「テントで寝てみたい」とか、「川で遊びたい」、「自然の中でBBQをしたい」などの希望があると思います。子どもと一緒にそのテーマが十分楽しめるキャンプ場がいいですね。

大人の人数が少ない家族でのキャンプは、ゆったりしたタイムスケジュールがおすすめです。たとえば、ログハウスを利用してテント設営の時間を省いた分、思いっきりBBQを楽しむなど、テーマをしぼったキャンプにするのもひとつのアイデアです。

また、キャンプ場が家から遠すぎないことも大切です。特に山は日が暮れるのが早いので、テントの設営や料理などの作業時間を考えて、早めに到着できる場所を選びましょう。

子どもだけで過ごすサマーキャンプの魅力

サマーキャンプってどんなことをするの?

「サマーキャンプ」は子どもだけで参加するキャンプです。小中学生だけでなく、幼児対象のキャンプもあります。いろいろな団体が主催していて、それぞれに特色があります。

川遊びやハイキングなど自然を満喫するような体験ができるキャンプや、つりや虫取りなどの好きなことに集中できるキャンプ、外国人との国際交流などが経験できるキャンプなどさまざまです。

幼児対象のキャンプは日帰りや1泊2日の日程が多いですが、なかには2泊3日のものもあります。どのキャンプも子どもたちのことを十分に考えられていますので、無理のないプログラムになっています。

また、訓練を受けたスタッフがついており、子どもたちをしっかりサポートしてくれるので安心です。

自分への自信や自立、社会性が身に着く

小さい子どもにとって、パパやママやお友達がいないところに1人で参加するのは、とても緊張することでしょう。初めての場所でお泊りをするのも不安ですよね。

そんな緊張や不安を持ちながらでも参加して、たくさん楽しんで帰ってこられたということは、大きな自信につながります。

また、布団をたたんだり、ご飯を用意したりなど、自分の身の回りのことが自分でできた経験をすると、普段の生活でもその力を発揮できるようになっていきます。

さらに、初めて会う子どもたちや年齢もさまざまなスタッフと一緒に過ごすので、たくさんの人たちから刺激を受けたり、いろいろな人がいることを肌で感じたりして、人とかかわる力を身に付けることができるでしょう。

おすすめのサマーキャンプ

■YMCAサマーキャンプ
YMCAは青少年育成のためにロンドンで誕生した団体です。日帰り~2泊3日までの幼児用のプログラムがたくさん用意されています。
https://tokyo.ymca.or.jp/camp/

■アルプス子ども会
40年以上子どもたち向けのキャンプを行っている団体です。全国からの参加者が長野の自然の中で遊びます。幼児コースの他、年長は4泊5日を過ごすことができるコースもあります。
http://alps-kodomokai.jp/

■NPO法人国際自然大学校
自然の中での体験を通して人間関係形成を目標に活動している団体です。幼児用のデイキャンプのプログラムが充実しています。
http://www.nots.gr.jp/

まとめ

キャンプは、自然の中でいつもと違う刺激を受けて、子どもが大きく成長することができる場です。小さいころから少しずつ経験させてあげたいですね。

パパやママがキャンプの初心者でも、レンタルやバンガローなどのいろいろなサービスを上手に利用して、子どもたちと一緒に楽しめるようにしましょう。

サマーキャンプは子どもにとって貴重な経験ができるチャンスです。各プログラムの情報をしっかりと入手し、パパやママが安心して送り出せるようにしたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018