就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の間食の必要性について。間食の注意点やおやつレシピを紹介

幼児期の間食の必要性について。間食の注意点やおやつレシピを紹介

子どもがご飯をあまり食べてくれないのに、おやつはパクパク。おやつは好きなだけ食べさせてよいのでしょうか。間食の必要性と役割、間食をとるうえで注意する点、実際にどんな間食がよいのか、簡単なおやつレシピをまとめました。間食のことを知って、子どもと楽しくおやつを食べましょう。

幼児期の間食の必要性や役割とは?

幼児期は消化機能がまだ未発達

子どもは生まれてからしばらくは母乳やミルクだけで栄養を摂り、成長するにしたがって離乳食、幼児食と変化しながら栄養を摂っています。

体の成長とともに求められる栄養も多くなり、3~5歳児では平均体重が約16kgとママの1/3ほどですが、1日に必要なエネルギー量は成人女性の約8割にあたる量が必要とされています。小さい体でも必要なエネルギーはかなりの量なのですね。

子どもは胃も小さく、食べ物を消化する機能もまだ未熟ですので、一度に多くの食べ物を食べることができません。かなり栄養価の高いものを食べたとしても、三度の食事で必要なエネルギー量を摂ることは難しいのです。そのため、三度の食事では摂取できない分をおやつで補うのです。

子どもの気分転換になる

子どもはおやつが大好きです。好きな食べ物をおやつの時間に食べられるということもあるでしょうが、楽しい時間だから好きということもあるのでしょう。

おやつの時間は、ママやお友達とお話ししながら食べて楽しい時間を過ごしたり、おいしいものを食べて疲れをいやしたり、一休みしてエネルギーを補給したりする時間にもなるのです。大人でもおやつの時間は、休憩しながらおいしいものを食べて、気分転換していますよね。

子どもにとっては、体に必要な栄養を摂取するためにも、心の栄養を摂るためにも、おやつは大切な役割を果たすのです。子どもに必要な栄養をとるだけの間食であれば、間食の役割は半減してしまうのかもしれませんね。

間食は食育の時間になる

間食で食べるものは、食事で食べるものとは少し異なってきます。食事のときとは違った素材や料理に興味をもってもらう機会にもなります。

「今日のおやつはりんごよ」などと話しながら、りんごの皮を目の前でむいてみたり、りんごはどんな風にできるのかを話したりするのです。子どもが小さくて話しても分からないと思うかもしれませんが、子どもが食べることや素材に興味を示したらそれで十分でしょう。

間食の時間は大人も心の余裕がある時間ですから、子どもの前でおやつを作ったり、一緒に作ったりすることで、食育の時間として利用することができるでしょう。間食で素材や料理に興味を示したら、食事もたくさん食べてくれるようになるかもしれませんね。

幼児期の間食で注意したいことは?

間食はお菓子をあげるのではない

おやつというと「甘いもの」というイメージがありませんか?おそらく、子どもは甘いものが好きなので好きなものをおやつにしようと考えたり、手軽に済ませようと市販のお菓子を用意したりすることから「お菓子=おやつ」というイメージがついたのでしょう。

間食は食事で不足している栄養を補うわけですから、食事で摂りにくいものであれば何でも大丈夫なのです。子どもに必要な栄養で、不足しがちな栄養として「乳製品」「豆類」「果物」があげられます。

食事で摂ることができればよいのですが、難しければ、ヨーグルトやチーズ、ナッツ、果物をおやつにしてはどうでしょう。こういったものであれば、補食としての働きも十分に果たしてくれるおやつになりそうです。

食べる量、回数、時間に気をつけよう

おやつに子どもに必要な栄養が入っていたら、子どもが欲しがるとき欲しがるだけあげればよいというものではありません。おやつを食べることで、食事を食べなくなってはいけませんので、食べる量を考えましょう。

3~5歳児のおやつで必要なカロリーは150~200calになります。食事の量と運動量を考えて、食事に影響しない程度のおやつの量を考えましょう。おやつを食べて食事をとらなくなると偏食になりやすくなります。

おやつの回数も1日に1~2回が適切です。間食というぐらいですから、食事と食事の間の時間を考えながら回数を決め、決められた時間に食べるようにしましょう。子どもの好きなように食べさせると、虫歯や肥満になる危険性が高くなってしまいますよ。

味の濃いものを与えるのは避けよう

甘味や塩味は人が本能的に好む味のようです。子どもが濃い味のものを食べ始めると好んでより濃い味のものを食べるようになります。

濃い味のものを食べ続けると舌にある味を識別する「味蕾」の働きが悪くなり、薄い味の識別ができなくなってしまうのです。そうなると、味を感じようと濃い味のものを好んで食べるようになり、体に塩分や糖分を摂りすぎてしまいます。

子どもの時期から塩分や糖分を摂りすぎた食生活をすることで、肥満や成人病の危険性が高まってしまうのですね。体の栄養を補給するためにおやつを食べるのですから、食べることで病気になってしまうようでは本末転倒です。

できるだけ薄い味で、素材の味を感じられるようなおやつを用意したいものです。

おやつの選び方と簡単おやつレシピを紹介

幼児用のお菓子やジュースの選び方

子どもへのおやつは手作りがよいと思っても、ママも忙しくて作れないこともありますよね。外にでかけたときに急におかしを食べたがって必要になったり。

市販のお菓子やジュースはどうやって選べばよいのでしょうか。たくさんのおやつのなかから、添加物があまり入っていないものを選びましょう。

市販のお菓子やジュースのパッケージの裏に原材料が書いている欄があります。食品添加物は数多くありますので、覚えておくのも大変です。原材料をみて、知らないものが入っていたらやめておいた方がよいでしょう。

ジュースは砂糖がたくさん入っていますので、ジュースより牛乳、麦茶、お番茶がおすすめです。お菓子もジュースも添加物の入っていないものを選びたいですね。

おやつを手作りしてみよう!簡単レシピ紹介

できるだけ簡単で栄養があるおやつが嬉しいですよね。まず、野菜と果物チップはどうでしょう?サツマイモやジャガイモ、リンゴやバナナを薄く切ってレンジでチンして完成です。素材の甘さでおいしいですよ。

暑い夏には牛乳寒天がおすすめです。粉寒天4gと水200ccを鍋に入れて火にかけて溶かします。寒天が溶けたら砂糖60gと牛乳300ccを入れてまぜ、容器に入れて冷やしたら完成です。果物を入れてもおいしいですね。

蒸しパンは、薄力粉200g、ベーキングパウダー小さじ2、砂糖80gをボールに入れて、水90mlを加えて混ぜ合わせます。その生地を容器に入れて、強火で10分蒸せば完成です。蒸しパンにかぼちゃ、チーズ、レーズンを入れてもおいしいですよ。

子どもと一緒におやつ作りをしてみよう

子どもと一緒におやつを作ったら、子どもは作ったものを喜んで食べてくれますよ。さあ、準備をしっかりして一緒に楽しみましょう。

まずは、汚れてもよい服を着て、エプロンをつけましょう。材料や器具も事前に準備して、机の上に新聞をしくなど、慌てないように、汚れても怒らないように、できるだけ準備をしましょう。

生地を混ぜる、型抜きをする、卵を割るなど、子どもがしたいといったら、危なくない工程はすべてしてもらいましょう。自分で作ったという感覚を持ってもらうことが大事ですから。

例え材料を落としてしまっても、怒らないでくださいね。多めに材料を準備して対応しましょう。楽しい雰囲気でして、子どもが素材や料理に興味をもってもらえたらよいですね。

まとめ

まだ体が小さく、消化機能が未熟な幼児は、成長に必要な栄養を摂るためには、おやつは捕食として大切になります。おやつを通して、気分転換をしたり、食育をすることもできるのはうれしいですね。

おやつの時間や回数はきちんと決めて、子どもが欲しがるときに欲しがるだけあげるのは、食事が食べられなくなりますし、体にとってよくないのでやめましょう。

市販のおやつも体によいものを選び、時間があればママと一緒におやつを作ってみましょう。きっと子どもも喜んでおやつを食べてくれるでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018