就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

デビットカードが夫婦の支出を管理。利用のメリットや将来性について

デビットカードが夫婦の支出を管理。利用のメリットや将来性について

デビットカードという名前をご存じの方は多くいらっしゃるでしょう。しかし、どんなカードか詳しく把握している方は少ないかもしれません。このカードには簡単に家計の管理ができるという特色がありますよ。今回はデビットカードの特徴や種類、家族カードについて、夫婦で利用するメリットなどについてご紹介します。

デビットカードの特徴と種類について

お店でそのまま支払いできる銀行カード

デビットカードは現金の代わりにお店で支払いができるカードですが、クレジットカードとは異なります。クレジットカードはクレジット会社がお店にお金を払い、後日支払いの請求が来る仕組みですよね。

けれどもデビットカードの発行元は銀行で、カードを使うとすぐに銀行口座からお店に支払われます。またこのカードで分割払いはできません。

使えるお店はカードの種類によって違い、多くの店で使えるカードもあれば使える店が限られるカードもあります。使い方は店員さんにデビットカードを渡した後、暗証番号をお店の専用端末に入力します。

最近は、銀行のキャッシュカードにデビットカード機能がついていることが多いですよ。お手持ちのキャッシュカードで買い物ができるかもしれませんね。

「国内に居住の15歳以上」が申し込み条件

デビットカードを申し込めるのは日本に住んでいる15歳以上の人です。また、カードを発行する銀行の本人名義の口座が必要になります。

クレジットカードは勤め先や勤続年数、年収、住宅についての情報など、さまざまな審査が必要ですよね。けれどもデビットカードは申し込みの条件に合えば、ほとんどの場合は審査がなくカードを作れます。

銀行口座からすぐにお店にお金が支払われる仕組みのデビットカードは、預金残高が利用限度額です。それなので支払おうとしても口座に預金がなければ使えません。

会社が店に立て替えたお金を後で請求するという、信用で成り立っているクレジットカードとは異なり細かな審査がないのです。気軽に申し込める点もメリットですね。

国際ブランド付きとジェイデビットカード

デビットカードには2種類あります。銀行のキャッシュカードについている年会費や手数料がないジェイデビットカードと、銀行がクレジット会社と提携してVISAやJCBなどの国際ブランドがついた、年会費が必要な場合があるデビットカードです。

ジェイデビットカードの加盟店は家電量販店や大手書店、百貨店などの一部です。日常的に使えるほどとはいえず海外でも使えません。

国際ブランドつきデビットカードは、そのクレジット会社の加盟店であれば使えます。何かと便利なコンビニやネットショッピングでも使える場合も多いですよ。

日常的に使えるお店がたくさんあるのは嬉しいですよね。また、海外でも使えます。ただ、ジェイデビットカードとは違い年会費がかかる場合があります。

子どもの教育資金はどう準備したらいい?ママなら気になるお金のこと

PR

子育て世代のママにとって、今後のお金や保険に関する不安はつきものですよね。特に子どもの成長とともに学費や教育費は膨大に!「準備しなければ」と漠然と思っていても、何から始めていいかわからないママも多いはず。今回はそんな疑問を気軽に相談できる「オリックス保険コンサルティング」をご紹介します。

夫婦で共有できる家族カードについて

家族カード付帯のデビットカードは少ない

クレジットカードで家族カードを作ると明細が一つにまとまり、家計の管理がしやすいですよね。家族カードは年会費が無料、もしくは安い場合が多く、基本的には本会員と同等のサービスが受けられます。たとえば旅行や盗難の保険がついている場合は、家族会員でも同じものが使えることがほとんどです。

デビットカードにも付帯サービスがついているものもありますが、クレジットカードほど十分ではありません。そして、家族カードを発行できる銀行は少ないです。

大手銀行には基本的に家族カードはなく、一部の地方銀行でのみ扱っています。家族カードを作る場合は、発行できる地方銀行の口座を作る必要がありますよね。

また、家族カード付帯のデビットカードのほとんどは有料になります。

還元率が低いなど家族が使う意味がないため

ポイント還元率が1.0%という場合もあるクレジットカードは、複数人で使える家族カードを作るとポイントがたまりやすいです。これは家族カードを持つ大きなメリットといえますよね。

デビットカードの還元率は高くても0.5%ほどの場合がほとんどです。年会費を考えれば家族で使ってもそれほど貯まらないケースも多いでしょう。

中にはポイント還元率がクレジットカード並みに高いものもあります。しかしそのような人気のデビットカードは、家族カードが作れません。

子どもがある程度の金額の買い物を自分でするのは、高校生くらいからが多いですよね。高校生であれば自分のデビットカードが作れます。ですから、子どもが家族カードを持つ意味も少ないかもしれませんね。

利用明細が家計簿代わりというメリットも

ポイントやサービスではなく家計管理を目的に考えると、デビットカードの家族カードは使いやすいのではないでしょうか?デビットカードは預金残高を制限することで、使い過ぎることなく予算金額内で買い物ができますよね。

ついたくさん買い物をした翌月に、クレジットカード会社から予想以上の請求が来てびっくりした体験をした方もいるかもしれません。即時口座から支払われるデビットカードは、すぐに残高を確認できるので安心です。

家計簿をつけるとお金を管理しやすいですが、面倒な一面もありますよね。デビットカードの利用明細は通帳に残るので家計簿代わりになりますよ。こまめに記帳しに行かなくてもウェブサイトからも確認できるのも、嬉しいですよね。

夫婦でデビットカードを利用するメリット

利用額や残高をお互いに確認し合える

デビットカードの家族カードは、家計管理に役立つ場合が多いことがわかりました。その一例として、パパがデビットカードを作りママを家族カードを作った場合を考えてみましょう。

お互い、通帳やウェブサイトですぐに利用額や残高を確認し合えるので、いつ、なにに、どれだけ使ったかをリアルタイムで把握できますよね。自然と夫婦でお金の使い方で話し合う機会が増えることで節約を意識するようになったり、使い過ぎを早い段階でストップかけられたりします。

必要なところにきちんとお金をかけないのも、好ましいとはいえませんよね。家計簿代わりになるデビットカードの利用明細は、夫婦で家計の傾向を客観的に見ることができ、計画的にお金を使う助けにもなりますよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事