就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児に安心な無添加ふりかけ!美味しいふりかけや手作りレシピの紹介

幼児に安心な無添加ふりかけ!美味しいふりかけや手作りレシピの紹介

子育て中の忙しいときは、ふりかけでごはんが食べられると便利ですよね。最近は、「無添加」の表示がある食品が増えていますが、無添加のふりかけは幼児にも安心なのでしょうか?無添加の意味や注意点、幼児におすすめのふりかけについて紹介していきます。ふりかけの手作りレシピもあるので参考にしてくださいね!

無添加とは?無添加の意味や注意点について

添加物を一切加えてないということではない

最近はパッケージに「無添加」と書かれている食品が増えています。無添加の表示を目安に子どもに食べさせる食品を選んでいるというママも多いでしょう。

しかし表示をよく見ると、「◯◯無添加」と書かれているものがあります。安全なように思えるのですが、このような食品には◯◯以外の添加物が入っていることもあるので注意しましょう。

例えば、「保存料無添加」と書かれている食品は、保存料は無添加でもほかの添加物が入っている可能性があります。添加物は保存料だけでなく、着色料や調味料など多くの種類があるのです。

保存料を使う必要がない食品に、わざわざ「保存料無添加」と表示している場合もあるようです。「無添加」の表示だけを見て惑わされないようにしましょう。

必ず「原材料名表示」をチェックしよう

食品を購入するときは、面倒でも「食品の原材料名表示」をチェックするようにしましょう。美味しいと感じる味に仕上げ、保存期間を延ばすために約1,500品目もの食品添加物が使われています。

よく使われる食品添加物は次のようなものです。

・保存料(ソルビン酸、しらこたん白抽出物)
・着色料(クチナシ黄色素、コチニール色素)
・膨張剤
・調味料(アミノ酸等)
・乳化剤
・増粘剤、安定剤、ゲル化剤(ペクチン、カルボキシメチルセル)
・甘味料
・酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)

これらのほかにも、聞いたことのないカタカナには気をつけた方がよさそうです。小さい子どものいる家庭では、とくに添加物を取り過ぎないように心がけたいものですね。

注意したい食品添加物とは

子どもたちの大好きなキャンディーやスナック菓子。お弁当のハムやソーセージにも添加物が使われているものがあります。

「タール色素」と呼ばれる食品添加物は発がん性があるともいわれています。原材料表示に「赤色◯号」などの記載があるものがそれにあたります。

ジュースにも「アスパルテーム」「スクラロース」などの合成甘味料が使われています。これらの取り過ぎは、成長の遅れや健康に悪影響を及ぼすこともあるといわれます。

ハムやソーセージに入っている発色剤の「亜硝酸ナトリウム」は毒性が強く、取り過ぎると中毒症状を引き起こすこともあるようです。

食品添加物は通常の摂取では健康に影響がないよう規制されていますが、少ないにこしたことはありませんね。

幼児にぴったり!無添加ふりかけ3選

お弁当によい小分けの「タナカのふりかけ」

乳幼児期は体が小さいので、少量の添加物でも影響が出やすくなるものです。そのため、原材料表示をよく見て安心なものを食べさせたいですよね。

「タナカのふりかけ」は着色料と保存料が無添加で、素材の味が美味しく感じられる自然素材のふりかけです。梅かつお、卵、海苔、小魚、かつおの5種類の味を楽しむことができます。

幼児期は運動面でも活発になる時期なので、お腹もすぐにすきますね。夕飯の支度が間に合わないときでも、ふりかけがあれば食べることができます。ふりかけをまぶしたおにぎりをおやつにしてもよいですね。

小袋になっているので使いやすいですし、お弁当に入れるのも簡単で便利ですよね。着色料が無添加で自然の色合いなので、安心して食べることができるでしょう。

ごま不使用の「永谷園のすこやかふりかけ」

「永谷園のすこやかふりかけ」も小分けになっているので、お弁当にも便利で使いやすいふりかけです。海苔、おかか、わかめの味が揃っているので好みに合わせて選ぶことができますよ。

「永谷園のすこやかふりかけ」は、食物アレルギーのある子にも配慮した原材料でできています。「卵、乳、小麦、そば、落花生、大豆」「香料、着色料」「化学調味料」を一切使用していないので安心です。

ふりかけには「ごま」が入っていることが多いですよね。この「永谷園のすこやかふりかけ」は、ごまも入っていないので安心して食べることができます。

パッケージも飽きないデザインになっています。「じゃんけん」や「おみくじ」、「サイコロ」など楽しそうな絵が印刷されていますよ。

雑穀の栄養「げんきタウンのまんまぱっぱ」

「げんきタウンのまんまぱっぱ」のふりかけは、無添加なので幼児食にもおすすめです。原材料が国産100%なので、安心して食べることができます。

「げんきタウンのまんまぱっぱ」には、「五穀とかつお」、「五穀と大根葉」の二つの味があります。幼児期に摂りたい食品がふりかけとして手軽に食べられるので、忙しいときも助かりますね。

このふりかけは、国産の有機米と雑穀の里、赤米・もちあわ・ひえ・たかきびをブレンドして作っています。化学調味料や合成着色料、安定剤が不使用で、保存用の防カビ剤も使っていないので子どもにも安心です。

温かいごはんにふりかけて食べると美味しいです。パスタにも合うので、違う食べ方も試してみてくださいね!

無添加で美味しい手作りふりかけレシピ集

食べやすい手作り無添加のりたまふりかけ

市販のふりかけも美味しいのですが、自分で手作りしたふりかけなら、さらに安心して食べることができます。手作りは好みに合わせてアレンジできるところも、魅力の一つですね。

原材料に添加物が入っていたら、せっかくの手作りが台無しになってしまいます。なるべく無添加の食材を選びましょう。

【材料】
・溶いた卵 1個分
・かつお節 10g
・いりごま 大さじ1
・砂糖   大さじ1
・醤油   大さじ1
・だしパックの中身 1袋分

【作り方】
卵に砂糖を混ぜて細かい炒り卵を作る。材料を混ぜ合わせ、電子レンジ500Wで1分加熱する。レンジから取り出して混ぜ、再度レンジで1分加熱する。同じことを4回くらい繰り返すと、パラパラのふりかけになる。

野菜嫌いな子どもも食べやすい野菜ふりかけ

野菜が嫌いな子どもでも、野菜ふりかけは知らない間に食べてしまっていることがありますよね。好みの野菜を入れて、美味しい野菜ふりかけを手作りしましょう!

【材料】
小松菜  1/2束
人参   1/2本
かつお節 10g
炒りごま 大さじ1
だしパックの中身 1袋分
塩    少々

【作り方】
野菜は細かく刻んでおく。フライパンに油を熱し材料を入れて炒める。パラパラになったらできあがり。

味が薄く感じるときは、だし醤油やみりんで味を調節します。ふりかけは少し濃い目の味付けの方がごはんが進みますよ。

ひじきや小さい桜エビを入れると、鉄分やカルシウムが摂れます。だしが出るので、さらに美味しいふりかけになるでしょう。

子どもが喜ぶアレンジを!無添加ふりかけ

手作りのよいところは、好きな材料で好きな味付けにできるところですよね!手作りのふりかけも子どもの好みに合わせて、アレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【かつお節の基本ふりかけの材料】
・かつお節 10g
・炒りごま 大さじ1
・だしパックの中身 1袋分
・醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ1

【作り方】
材料をまとめてフライパンに入れ火にかけます。焦がさないように炒り煮して、水分を飛ばします。冷めたら清潔な密封容器に入れ冷蔵庫で保管すれば、1週間くらい日持ちします。

梅干しをちぎって入れたり、焼き鮭をほぐして入れたりしても美味しいですよ。甘いおかずが好きな子どもなら、はちみつを入れるのもおすすめです。

まとめ

「無添加」の表示があれば安全だと思ってしまいがちです。しかし表示をよく見ると、「◯◯無添加」と書かれている場合も多く、ほかの添加物が入っていることもあるのです。

「無添加」の表示がある食品でも、原材料表示をチェックしてから購入することをおすすめします。添加物は普通に食べる量では健康に影響が出ることはないよう規制されていますが、少ないにこしたことはありませんよね。

厳選した材料でふりかけを手作りするのもよい方法ですよ。基本のふりかけをマスターしたら、子どもの好みにアレンジしてふりかけ作りを楽しみましょう!
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj