就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ整体で体の不調を改善しよう!特徴や効果と整体院の選び方

マタニティ整体で体の不調を改善しよう!特徴や効果と整体院の選び方

妊娠すると身体にはマイナ―トラブルが出やすくなります。腰が痛い、肩が凝る、とにかくだるい…など医師に相談しても「ホルモンの影響」「妊娠経過は順調だから大丈夫」といわれてしまい、なかなか改善されない不快な症状はありませんか?今回は妊婦さんでも通える整体の選び方やその効果についてご紹介していきます。

マタニティ整体を受けられる時期と特徴

経過が順調なら安定期から9カ月頃までOK

マタニティ整体が受けられる時期は整体院の方針にもよりますが、一般的には胎盤が安定しはじめる妊娠5カ月頃から、臨月前の9カ月頃までの妊婦さんを対象にすることが多いようです。

ただしこの時期であれば、誰でも施術が受けられるわけではありません。体調がよく、妊娠経過が良好なことが前提条件。お腹の張りがあったり、出血しているようなときは原則NGです。通い始める前には念のため、産科医に相談してからにしましょう。

体調のよいときに行うのが大前提ですが、妊婦さんの健康状態は日によって変わるものです。予約当日であっても身体の様子がいつもと違う、違和感がある、と感じた場合はためらわずにキャンセルすることも必要です。

妊婦に無理のない姿勢で優しくソフトな施術

整体、と聞くと骨をボキボキならせて骨格を正常な位置に戻す施術をイメージしてしまい「そんなの妊婦さんがしていいの?」と思うかもしれません。でもマタニティ整体はあくまで妊婦さん専用の施術。心配いりません。

妊娠中は急激に大きくなるお腹を支えるために、身体全体に無理がかかります。施術自体が痛みをともなうことはなく、こわばった筋肉を優しくほぐしていき、自分では動かしづらくなっている部位を刺激することで、身体全体のバランスを整えていくものです。

また、お腹が大きいと長時間同じ姿勢をとるのが辛いものですが、マタニティ整体は妊婦さんが苦しくないように、横向き、仰向け、座った姿勢など、適度に姿勢を変えながら行うので身体への負担が小さくてすみます。

身体のケアだけでなく心のケアも

妊娠中に負担がかかるのは身体だけではありません。出産や育児に対する不安、仕事との両立の悩み、夫や親との人間関係のストレスなど、たくさんの負荷がメンタルにもかかってきます。

心や頭が疲れてくると、背中周りが固くなりがち。そうなると呼吸が浅くなったり、背中を支える骨盤も歪み始めたり、と身体全体のバランスがどんどん崩れていってしまいます。

マタニティ整体によってこうした身体の歪みを正していくことで、呼吸を深くし、結果的にメンタルの調子も整えていくことになるのです。

また1対1での施術になるので、自然な会話の流れで愚痴や不安を聞いてもらうこともあります。整体師さん自身がママであったりする場合は、出産や育児の経験談をきかせてもらえることもあるでしょう。

プレママに嬉しいマタニティ整体の効果

筋肉をほぐし腰痛やむくみなどのお悩み改善

妊娠期間中、日に日に大きくなっていくお腹を支えるために、妊婦さんの背中や腰には大変な負荷がかかっていきます。さらに出産に備えて骨盤や関節をゆるめる作用のあるホルモンが分泌されることもあり、本来身体のかなめであるべき腰や骨盤そのものがぐらつきやすくなるのです。

身体の中心自体がぐらついてくると、そのほかの部分はなんとかしてバランスをとろうと必死になるため、筋肉が過度に緊張することになり、結果的に疲労していき腰痛などの症状がでてくるようになります。マタニティ整体ではまずこの凝り固まった筋肉をほぐし、血行改善をしていきます。

妊娠中によくみられるマイナートラブルの一つ、むくみも全身の血行がよくなることで症状がやわらぐことがあります。

逆子の原因ともなる冷えやストレスの解消

原因不明のことも多い逆子ですが、妊婦さんの冷えやストレスが関係しているとする産婦人科医もいます。本来、赤ちゃんは子宮のなかで浮いている状態にあり、妊娠中期まではくるくると自由に動き回っています。

それが妊娠7カ月から8カ月頃になると自然に頭を下にして、ママの骨盤にすっぽりとはまり出産の日を待つようになります。この最終的な体位が決まる妊娠後期に、母体に冷えやストレスが加わると子宮が収縮してしまい、赤ちゃんの自由な動きを妨げてしまうことがあります。

全身の血のめぐりをよくし、身体の緊張をとって心身ともにリラックスさせることが、安産にむけて赤ちゃんに正しい姿勢をとってもらうことにつながるのです。

骨盤のバランスを整えて安産をサポート

骨盤を支えているのは、主に腰回りと背中の筋肉です。骨盤のバランスが崩れているというのは、つまりこれらの筋肉が必要以上に緊張していまい、骨盤が歪んだ状態で凝り固まった状態をいいます。

これでは全身の血流も悪くなり、身体全体の冷えを生みます。妊婦さんの冷えは、むくみや腰痛、お腹の張りといった妊娠中のトラブルを起こすだけでなく、分娩中の回旋異常や微弱陣痛の原因にもなりえるので避けたいものです。

まずは施術でしっかり筋肉をほぐし、骨盤の歪みをとっていきます。そのうえで日常生活における正しい身体の使い方や、自宅でできるストレッチやエクササイズを指導してもらうことで、骨盤を正しい位置で保てるようになっていきます。

自分にあったマタニティ整体院を見つけよう

口コミやホームページで情報を集める

妊娠中という大切な時期ですので、信頼できる整体院を探したいものですよね。まずは口コミを集めてみましょう。

できれば友人や家族など、実際に施術してもらったことのある、自分が信頼できる人から直に情報をもらえるのがベスト。具体的にどういうところが満足度が高く、逆に不満であったのかというところをこちらから質問しながら、話を聞かせてもらえるからです。

インターネットの口コミサイトでも探すことはできるかもしれませんが、あくまで主観であり、書き手側の一方的な意見であることも加味しながら読むようにしましょう。

また整体院のホームページもチェックしてみましょう。整体師の個性が強くでていることもありますし、相性もあるので事前に確認しておくことをお勧めします。

ソフト整体を施術しているか事前に確認

まず事前に確認すべきは、妊婦さんを対象とした整体をしているかどうかです。リラクゼーション目的のマッサージチェーン店などでは、「整体」というメニューがあったとしても妊娠中の女性は一切お断り、というところはいくらでもあります。

できればマタニティ整体としての実績が豊富で、産後の骨盤ケアにも通えるのが理想的です。また仮にマタニティ整体がメインメニューになくても、身体をボキボキならす「ハード」な整体ではなく、体幹を整えていくいわゆる「ソフト整体」を行っている整体院であれば、妊婦も施術してくれる可能性が高まりますので確認してみましょう。

整体院に確認する場合は、こちらの妊娠週数と簡単な妊娠経過も伝えられるようにしておくとスムーズです。

しっかり問診、説明してくれるところを選ぶ

ママ自身だけでなく、大切なお腹の赤ちゃんの身体もゆだねるのです。安心して施術を受けたいですよね。

そのためには、施術前にしっかりカウンセリングの時間をとってくれるところを選びましょう。妊娠経過はもちろんですが、いま不調がでているところ、不安に思っていることなどを時間をかけてヒアリングした上で「なぜその症状がでるのか」という原因を説明してくれると安心できますよね。

またこちらのちょっとした疑問や質問にも、気軽に答えてくれるような雰囲気だとお互いの信頼関係もよくなるもの。施術中も今はどんな治療をしているか、説明があるのとないのでは大違いです。

できれば毎回担当が変わるのではなく、いつも同じ担当者がついて定期的に経過を説明してくれるとよいですね。

まとめ

妊婦さんのなかには、多少のマイナートラブルは「妊娠中はそういうもの」として我慢してしまう人が実際には多いのではないでしょうか。でも妊娠中は普段以上に行動に制限がかかる上に、心身ともに大変なストレスにさらされています。

痛みや違和感を我慢することをあたり前だと思わずに、硬くなっている身体をまずはゆっくり、ほぐしてみることを考えてみてはいかがでしょうか。妊娠中の身体を整えることも大切な出産準備の一つです。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018