就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

沐浴後のケアを大切にしよう!赤ちゃんの肌を優しく守る保湿方法とは

沐浴後のケアを大切にしよう!赤ちゃんの肌を優しく守る保湿方法とは

大人よりもずっと敏感な肌をしている赤ちゃんには、保湿が欠かせないですね。特に、沐浴後には肌の乾燥が進みやすいので、丁寧なケアが肝心です。この記事では、保湿のやり方やケアのポイントなど、赤ちゃんの肌を優しく守るための方法についてご紹介していきます。

赤ちゃんの肌はどのくらい敏感なの?

皮膚がとても薄くママの半分ほどの厚さ

赤ちゃんの肌はデリケートです。これは、皮膚がとても薄いというのが主な理由です。実は、赤ちゃんの皮膚は、ママに比べて半分ほどの厚さしかありません。大人よりもずっと敏感な肌であるため、ちょっとした刺激によってすぐに肌のバリア機能がダメージを受けてしまうのです。

また、生後2カ月くらいまでは、赤ちゃんにママの女性ホルモンが残っている影響で皮脂の分泌が多いですが、それ以降は皮脂の分泌量が減っていきます。赤ちゃんの皮脂の分泌量は、大人の半分以下といわれています。

皮膚が薄いだけでなく、肌を保護する役割の皮脂まで少なめであるため、赤ちゃんの肌は無防備な状態にあります。刺激を受けやすいから、肌トラブルが起こりやすいのです。

汗っかきなので皮膚トラブルになりやすい

赤ちゃんは皮膚の薄さだけから、肌トラブルを起こすわけではありません。赤ちゃんは皮脂の分泌量が少なくても、新陳代謝が活発なので汗をたくさんかきます。

体は小さくても汗腺は大人と同じくらい存在しているため、汗の量が多いのも頷けますね。こうした汗によって、赤ちゃんの肌はあせもや湿疹、かぶれなどの皮膚トラブルになりやすいのです。

さらに、よだれや食べこぼし、おむつの中はうんちやおしっこなどで、赤ちゃんの肌は汚れやすいものです。そういった汚れが肌への刺激となって、皮膚トラブルに繋がります。皮膚トラブルを防ぐためにも、こまめなおむつ替えや着替え、沐浴やシャワーによって、赤ちゃんの敏感な肌をケアしていきましょう。

肌が乾燥しやすく刺激を受けやすい

前述にもありますが、赤ちゃんの皮膚から分泌される皮脂は、生後2カ月も過ぎると急速に減っていきます。皮脂はもともと、肌の表面を覆うために分泌されるものです。それによって、肌へのほこりなどの侵入を防いだり、肌の水分が蒸発しないように保ったりする役割を果たしています。

しかし、皮脂の分泌が低下すると、肌を守る力が弱まります。すると、少しの刺激にも敏感に反応するようになり、結果的に皮膚トラブルが起こりやすい状態になるのです。特に、気温が下がる季節は空気が乾燥し、皮膚も乾燥しがちです。

また、お湯に浸かることでも皮脂が流れ出します。生後3カ月以降も沐浴する場合は、皮脂分泌の低下の時期と重なるため、より一層、肌の乾燥に気をつけましょう。

沐浴後は入念な保湿ケアでツルツル肌へ

バスタオルで全身の水気を丁寧に拭く

赤ちゃんが沐浴をしたら、濡れた体を拭く必要があります。このときに注意したいのが、強く擦らないということです。赤ちゃんの皮膚は、大人よりもずっと薄くてデリケートであるため、摩擦による刺激は肌に大きなダメージとなるからです。

お湯から上がったら、バスタオルでくるむようにして全身の水気を丁寧に拭きましょう。「拭く」というよりも、体の水滴をタオルに吸わせるように「押さえる」イメージで行うとよいですね。

タオルでくるむことで、赤ちゃんが湯冷めしてしまうことも防げるでしょう。なお、準備するバスタオルは、清潔であるのはもちろんのこと、赤ちゃんの体をくるみやすいように、サイズが大きめで吸水性の高いものが使いやすくておすすめですよ。

クリームやローションを全身に塗る

沐浴後は肌に水分が残っているため、ある程度肌の保湿はされている状態ですが、すぐに乾燥してくるので早めの保湿ケアが肝心です。そこで、赤ちゃんの全身にクリームやローションなどを塗りましょう。

まず、頭や顔の部分は、おでこ、鼻、頬、あごに保湿剤を少量つけて、ママの手のひらを使って優しく塗ってください。皮膚の薄い目の下や小鼻、耳のつけ根も忘れずに。ミルクやよだれなどで汚れやすい口の周りも、乾燥しやすいので丁寧に保湿します。

次に、体の部分は保湿剤を手に取って、手のひらで軽く伸ばしてから滑らせるように優しく塗りましょう。腕や足のくびれ、しわの間、おしり、手足の指の一本一本まで、丁寧にしっかり保湿するのが大切です。

おへその消毒や細かい部分のケアも忘れずに

新生児の場合、沐浴の際にはおへその消毒が欠かせません。この消毒をきちんとしておかないと、おへそが細菌に感染してしまうかもしれないのです。

消毒液をつけた綿棒で、へその緒とおへその間を、くるりと回すようにしてケアしていきます。一般的にへその緒は、生後2~3週間ほどで取れるとされていますが、もしも、おへそがなかなか乾かずにジュクジュクの状態が続くようなら、小児科か産婦人科を受診してください。

なお、綿棒は、沐浴後の赤ちゃんの耳や鼻、おへそ部分などに溜まった水を吸い取るためにも使えます。大人用の綿棒は、先端部分が赤ちゃんにとって大き過ぎる場合があるため、赤ちゃん用となっているものを使うのがおすすめです。

沐浴後のケアで気をつけたいポイント

保湿剤は赤ちゃんの肌に合うものを選ぶ

敏感肌の赤ちゃんのことを考えて、保湿剤は赤ちゃんの肌に合うものを選ぶようにしましょう。基本的に、赤ちゃん向けのベビーローションは、低刺激性や合成成分無添加のものが多いですが、中には安全とされている成分にも反応してしまう赤ちゃんがいます。

そういった可能性も考慮し、初めてのベビーローションを使う際には、事前にパッチテストをするようにしてください。パッチテストとは、初めて使用する化粧品に含まれる成分に対し、かぶれなどのアレルギー反応が起こらないかをチェックすることをいいます。

ママが赤ちゃんの体質や肌質を知るためにも、どれほど優しい成分や低刺激の製品であれど、あらかじめパッチテストを行いましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC