就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳の子どもが怒る理由とは?悩めるイヤイヤ期の乗り切り方

2歳の子どもが怒る理由とは?悩めるイヤイヤ期の乗り切り方

具体的な声かけで子どもの気持ちをつかもう

子どものイヤイヤにイライラしたママがやりがちなのが「ちゃんとして!」「早くして!」などの具体性に欠ける声かけです。子どもからすると「ちゃんとってどういうこと?」「早くってどれくらい?」と、余計に混乱してしまうこともあるでしょう。

イヤイヤで怒っている子どもに声かけするときは「遊びの時間が終わったから、一緒にお片づけしようね」とか、「あと2回やったら帰ろうね」など、より具体的に伝えましょう。

また、「赤と黄色、どっちのTシャツがいい?」「おにぎりとパン、どっちが食べたい?」など、子どもに選んでもらえるような声かけをすると、気持ちをつかみやすいですよ。子どもに分かりやすく、意思を尊重する声かけを意識したいですね。

ときには諦めて周囲に協力してもらおう

毎日毎日子どものイヤイヤにつき合っていると、身も心も疲れ切ってしまうこともありますよね。ママだって人間です。ときには逃げ出したり、諦めたりして周囲に協力してもらうことも大切ですよ。

責任感の強いママほど、自分が何とかしなければと、自分自身を追い込んでしまいがちです。結果的にいっぱいいっぱいになって、子どもやパパに当たってしまっては本末転倒でしょう。

家族の協力を得るのが難しければ、地域の支援センターなどでも話を聞いてもらったり、預かりをしてもらったりすることはできます。イヤイヤ期の子どもと過ごすのは、思っているほど簡単なことではありません。自分ひとりで抱えずに、「もう限界!」と思ったら周りに助けを求めてもよいのですよ。

まとめ

2歳の子どもがイヤイヤしたり怒ったりするのは、成長過程として当たり前のことです。周りもみんなそれで苦労しているし、ときが経てば解決するとは分かっていても、今この瞬間を乗り切るのに精いっぱいというママも多いでしょう。

2歳児が怒る理由と、子どもに合った対処法を知って、できるだけ穏やかにこの時期を乗り切りたいですよね。それでもうまくいかないときは、周りを頼ることでママ自身の平常心を保ちましょう。過ぎてみれば、イヤイヤ期も「よい思い出」になっているはずですよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事