就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代ママもスキンケアでしわを改善!しわの原因や対策、化粧品紹介

30代ママもスキンケアでしわを改善!しわの原因や対策、化粧品紹介

年を重ねるごとに気になりだす、お肌の大敵「しわ」。育児や仕事に忙しくしているうちに、気づけば「実年齢よりずいぶん上に見られてしまう」という悲劇を引き起こしてしまうことも。今回は、しわの原因や対策、おすすめ化粧品を紹介します。スキンケアでしわを改善して、いつまでも若々しいママを目指しましょう。

30代ママが悩む顔の「しわ」について

30代ママの7割はしわが気になっている

「明るいところで鏡をみたとき」「街角の鏡やガラスに映った自分をみたとき」など、日常のふとした瞬間に、ハッと老化を感じさせられる「しわ」。できれば無くしたいですよね。

顔のしわは、約8割の女性が「消せたら嬉しい」と感じており、お肌の大きな悩みの一つであることがわかります。しわが気になりだす年齢はというと、20代後半から徐々に増え始め、30代では7割の女性が気になっている状況です。中には18歳ぐらいから気にしている人もいて、しわは幅広い年齢においてお肌の悩みの種といえます。

自分の顔で気になるしわとしては、1番は「ほうれい線」、その次に「目じり」「目の下」と続きます。ほかにも額や口元も、しわが気になる人が多くいる部分です。

老け顔にみえる特徴の一つが「しわ」

女性は「いつまでも若々しくいたい」と誰しも願うことでしょう。しかし、実際は同じ年齢でも、若くみえる人と老けてみえる人がいるのです。老けてみえる原因は、そのほとんどが顔のパーツの変化によるもの。そして、その変化の一つに「しわ」があるのです。

しわが目立つと「実年齢より10歳も老けてみられる」といわれるほど、しわと老け顔には深い関係があります。特に「ほうれい線」は、自他ともに老け顔を印象づけるしわとして、断トツです。

しわは顔の目立つ場所にできるため、他人の目にも留まりやすく、印象に大きく影響を与えてしまうのです。久しぶりに会った友人から第一声「老けた?」といわれないよう、スキンケアでしわ対策をする必要がありそうですね。

「しわ」ができる原因を知ろう

しわができる主な原因には、「加齢による肌の弾力低下や乾燥」「気温や湿度の低下による乾燥」「紫外線によるダメージ」「女性ホルモンの低下」などがあります。

乾燥によるかさつきがしわになったり、加齢や紫外線ダメージ、女性ホルモンの低下による肌の弾力不足によってしわが定着しやすかったりするのです。

しわは、いくつかの種類に分けることができます。皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口元に起こる「表皮性じわ」は乾燥じわとも呼ばれ、ちりめん状や線状のいわゆる「小じわ」です。紫外線のダメージや加齢により肌内部の真皮層の衰えからくる「真皮性じわ」は、深く濃いしわになるのが特徴です。また、表情の変化による肌の折りたたみ跡からくる「表情じわ」もあります。

30代ママ必見!しわ対策のスキンケア方法

クレンジングと洗顔の仕方を見直す

ここからは、しわが気になりだす30代ママに必見、しわ対策のスキンケア方法をお伝えします。忙しい子育て中のママでも、時間をかけずしわ対策をすることができますよ。

まずは、クレンジングと洗顔の仕方を見直してみましょう。メイクの落とし残しは、肌が酸化して老化の原因になりますが、クレンジング力が強すぎても、肌の弾力低下を引き起こします。そのため、両方のバランスがとれたものを選んでください。

洗顔は、刺激の強い洗顔料の使用や過度な洗顔は乾燥を引き起こし、しわの原因になります。きめ細かなたっぷりの泡で、顔を包むように優しく洗いましょう。どちらも30~35℃程度のぬるま湯を使用し、1~1分30秒程度の短時間で終わらせることもポイントです。

しわの種類に合わせたケアが必要

先に述べたようにしわには種類があるため、それぞれの種類に合わせたケアが必要になります。

乾燥じわなど「表皮性じわ」は、表皮の乾燥から起こるものなので、潤いを保つことが大切です。比較的初期のしわで、早めに十分な保湿を心がけることで改善が見込めます。

肌内部の真皮層の衰えから起こる「真皮性じわ」には、保湿だけでなく衰えてしまったコラーゲンを増やすスキンケアが大切になります。「ビタミンC誘導体」「ナイアシン」「レチノール」といった肌細胞を活性化させ、コラーゲンを増やす働きがある成分を含んだ商品を選んでみましょう。「表情じわ」は、表情筋の緊張がなくなると目立たなくなるので、気になる部分をマッサージすると効果的がありますよ。

日常的に日焼け止めを塗る

肌の老化原因の8割を占める「紫外線」は、肌の真皮層のコラーゲンやエラスチンなどを破壊し弾力を低下させるだけでなく、肌表面も乾燥させます。「表皮性じわ」「真皮性じわ」両方を引き起こす原因といえるのです。

紫外線は1年中降り注ぎ、曇りでも晴れの9割はあるといわれています。紫外線の中でも、しわを引き起こす紫外線A波(UBA)は、照射量が多くピークの4~8月以外の月も、ピーク時の半分以上の量があるのです。またA波は波長が長く、窓ガラスを透過するといわれています。そのため、日常的にに日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼け止めにはSPFとPAの表示がありますが、SPFは日焼けを防ぎ、PAはしわの原因となるUVAを防ぐ効果を表しています。

30代ママ向け!しわに効く化粧品3選

アヤナス エッセンス コンセントレート

ここからは30代ママ向けに、しわに効く化粧品をいくつか紹介しましょう。

まずは、ポーラ・オルビスグループからでているブランドDECENCIA(ディセンシア)から、美容液「アヤナス エッセンス コンセントレート」です。敏感肌や乾燥肌を保護する独自技術と、世界をリードするエイジングケア研究によって誕生しました。通常のセラミドより浸透力の高い「ヒト型ナノセラミド」を配合し、徹底的に保湿。乾燥による小じわ対策にぴったりです。心地よいラベンダーの香りでスキンケアが癒しの時間になりますよ。

公式HPからは、美容液を含む4点セットの「初回限定10日間トライアルセット」がありますので、一度チェックしてみてください。

リンクルショット メディカル セラム

次に紹介するのは、ベストコスメ45冠受賞(2018.12月現在)の「リンクルショット メディカル セラム」です。

研究から発売まで15年の歳月をかけ、5,400種類の素材から「ニールワン」という成分を探し当てました。この「ニールワン」は、日本で初承認となるしわを改善する医薬部外品有効成分とされ、多くの美容家から注目を浴びています。

水をまったく使わない「ニールワン真皮浸透処方」を開発し、肌に密着して肌の水分によって肌の奥の真皮にまで浸透。真皮の分解を抑えることで、肌自らの生成力を引き出します。分解と生成のバランスが取れることで、肌の奥からしわを改善できるのです。今まで、セルフケアでは難しいとされていた真皮性じわにも効果が期待できますよ。

ドクターズコスメ フラセラ

最後に紹介するのは、美容皮膚科の医師が開発した「ドクターズコスメ フルセラ」です。

フルセラの商品には、今話題の美容成分「フラーレン」が高配合。しわの原因である紫外線や外的刺激から肌を守り、加齢とともに肌トラブルの原因となる活性酸素を除去する働きがあります。また「進化系ビタミンC誘導体」ともいわれる「APPS」も配合。高い浸透率で肌の内部までしっかり届き、肌本来のコラーゲン生成を助けます。

ほかにも、紫外線や乾燥から守り肌の保湿や張りを与えるアスタキサンチンや、加齢で失われていくたんぱく質の一種EGFなども配合されています。こちらも公式HPに「フルセラ プレミアムトライアルセット」があり、まずはお試しから始めることができますよ。

まとめ

育児に仕事に忙しい30代。自分のスキンケアは後回しのママも多いことでしょう。気がつけばしわが増えて、老け顔や疲れ顔のママになっていては大変です。しわが気になりだす30代だからこそ、早めにしわ対策のスキンケアに取り組んでみましょう。

スキンケアは、今起こっている肌トラブルを解決するだけでなく、肌老化の進行を遅らせる効果もあるものです。小さなシワは肌がトラブルを教えてくれているサイン。見逃さず今から取り組んでみてください。10年後20年後も、子どもにとって綺麗な自慢のママでいたいものですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018