就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳児の人見知りが心配。発達障害の可能性や人見知りの克服方法

4歳児の人見知りが心配。発達障害の可能性や人見知りの克服方法

ほかの子は、どんどん友達を作りみんなで楽しく遊んでいるのに、わが子が1人ポツンとしていたり保育園などの行事の参加を嫌がって泣いたりするとママは心配になることがありますよね。そこで4歳くらいで人見知りをする子にママができることや、人見知りというだけではない発達障害や場面緘黙症についてご紹介します。

4歳児が人見知りだと悩むママは多い

お友達に関われなくて1人になりやすい

子どもが友達の輪から外れて1人っきりで遊んでいれば、ママは、わが子が仲間に入れずに寂しいのかもしれないと、切ない気持ちになることがありますよね。けれど子どもは、案外1人を楽しんでいることがあります。

子どもが好きなことに夢中になり、発見や上達をしようとしているときは、1人で遊んでいても生き生きして楽しそうです。しかし、本当はお友達と一緒に遊びたいけれど、輪への入り方がわからなかったり、自信がなかったりして遊べないときは、つまらなそうに同じ遊びを繰り返したり、ぼんやりしたりしていることが多いです。

ママは子どもの様子を観察して、本当はお友達と遊びたがっていると感じた場合は、お友達と関われるように少し背中を押してあげる必要があるかもしれませんね。

園の行事に楽しく参加できない

人見知りをする子どもは、周りの目をとても気にします。子どもは人の目なんて気にしないというのは、4歳くらいになると必ずしも当てはまらず、運動会やお遊戯会は、そんな子どもにとっては嬉しくない行事かもしれません。

ママは、わが子がみんなと楽しそうにお遊戯やかけっこをしていると嬉しいですが、すみっこでもじもじしていたり、みんなと一緒に参加できずに泣いていたりすると心配になりますよね。けれど子どもにも性格があります。

大人と同じように、人目を気にせず積極的に前に出られる子もいれば、人前でなにかするのが苦手な子もいます。大人は自分の感情を抑えてなんとか参加できることが多いですが、子どもは嫌な気持ちを抑えることができず、ママを困らせる行動をとってしまうのです。

挨拶ができない子、愛想のない子と思われる

わが子が挨拶もできずにもじもじしたり、ママに隠れたりするとがっかりして「どうしてきちんと挨拶できないの」と責めるように注意してしまうこともあるかもしれません。けれど人見知りで家族以外の人と話すのが苦手な子は、恥ずかしさや緊張で、なかなか挨拶ができないことが多いです。

どんな子も最初から挨拶できるわけではなく、パパママが家族や周りの人に元気に挨拶するのを手本にしながら、少しずつ習慣をつけていきますよね。人見知りの子はそうでない子よりも習慣がつきにくいので、ママは習慣がつくまで少し待つ時間が必要です。

愛想のない子と思われるのではないかと心配になりますが、ママが元気に挨拶していれば、周りの人は幼い子を温かい目で見守ってくれることが多いものです。

人見知りが激しいのは発達障害だから?

人見知りだから発達障害とは限らない

発達障害の人は人とのコミュニケーションが苦手な側面があるといわれます。けれど人見知りだからといって発達障害だとは限りません。

発達障害のある子どもは、人見知り以外にも特徴が見られます。たとえば人に関心が薄い、極端に一方的な関わり方をする、視線が合いにくい、順序ややり方にこだわり、同じでないとパニックやかんしゃくを起こすことなどが日常的にあります。

また、相手と自分の立場を置き換えるのが苦手なので、2歳くらいを過ぎても逆さバイバイ(自分に向けてバイバイする)をすることがあります。しかし人見知りな性格なだけであれば、成長するにつれて社会性が身につき、内気な性格は残るかもしれませんが、だんだんとお友達とうまくやっていけるようになるでしょう。

話せないのは場面緘黙症の可能性も

2~5歳で発症が多い場面緘黙(ばめんかんもくしょう)症は、家庭では問題なく話せるのに特定の場所や状況、たとえば保育園などで話せない状態が、年度の最初の1カ月を除いた1カ月以上続きます。原因は研究段階ですが生来の「不安になりやすい気質」がベースにあるといわれます。

そして入園や引っ越しなど環境の変化がきっかけになると考えられます。場面緘黙症は繊細な心の子が多く、話しているのを人に見聞きされるのが不安で話せなくなるのです。

人見知りは環境に慣れれば話せますが、場面緘黙症では慣れても話せません。また見過ごされやすく長期化しやすいので早期に発見することが大切です。話さないのではなく話せないという可能性も考え、疑いがあれば早めに専門家に相談してみましょう。

気になることは専門機関に相談してみよう

ママが気になる子どもの様子があれば、1人で悩まずに専門機関に相談しましょう。最初は自治体の保健センターや子育て支援センターに相談することをおすすめします。

発達専門の病院は数カ月待ちも多く、保健センター経由での受診が必要な場合もあるので、先に保健センターで相談やアドバイスを受ければ、受診前に子どもに合った対応をママが学べることもあるからです。

場面緘黙症は、言葉や発達の問題を抱えている場合があり、保健センターで発達検査の必要性などを相談でき、子どもへの対応方法を教えてくれたり病院を紹介してくれたりするかもしれません。それと同時に場面緘黙症に詳しい病院を調べましょう。まだ専門医が少なく、詳しい病院以外だと適切に対応できない場合があるからです。

子どもの人見知りは焦らずに克服しよう

人の集まる場所にゆっくり慣れていこう

人見知りな子は、心優しく繊細なことが多いので、お友達と遊びたくても「遊べなかったらどうしよう」などと幼いながらに葛藤しているかもしれません。そんなときに無理やりお友達の中に入れられたらパニックになり、よけいに人見知りに拍車がかかる可能性もあります。

ですから少しずつ人と触れ合う場所に慣れるように、公園に出かけたり、子どもの集まりやイベントなどに出かけましょう。けれども子どもがママに隠れて輪の中に入りたがらないなら、初めは見ているだけで構いません。

慎重な性格の子は、よく観察したあとに大丈夫だと思ったり、興味をもったりするとだんだん輪の中に入っていくことが多いです。ママが楽しそうに参加することも子どもに安心感を与えます。

ママが人との関わり方を教えよう

子どもに人との関わりの手本を見せたくても、もしママが人付き合いが苦手な場合は、戸惑ってしまうかもしれません。けれども、気さくに話せなくてもご近所などで挨拶はしますよね。

笑顔で挨拶すれば、周りの人も笑顔で返してくれる。それだけでも子どもが人との関わりを学べます。小さい子どもがいれば、ご近所の方から「かわいいね」「いってらっしゃい」などと言葉をかけてくれることもあります。

そんな中で、一言二言でも声をかけあえば人と話す楽しさを見て学べます。またイベントなどでも子どもと一緒に楽しく参加し、機会があれば周りと話をしたり笑顔を交わしたりすれば、子どものお手本になります。ママが無理せず周りと交流し、子どもが人と話すことは楽しいと感じられるとよいですね。

人見知りの子どもを否定するのはやめよう

人見知りの子は人前で積極的に自分を表現できないかもしれませんが、感受性が強く、慎重で観察力が鋭いことが多いです。人見知りな性格の子には素敵な長所もありますよね。

ママは励ますつもりで「そんなに恥ずかしがっていたらお友達ができないよ」などと人見知りを否定するようなことをいってしまうかもしれませんが、繊細な子どもは自信を失って逆効果になりがちです。まずは人見知りという子どもの個性を認めつつ、少しずつ人に慣れて子どもが友達と一緒に遊ぶのが楽しいと思えるようになるとよいですね。

それにはスモールステップで、始めはママの見守る中で気の合いそうなお友達と2人で遊ぶことから、3人4人とだんだんと人数を増やしていくのもよい方法です。

まとめ

子どもが人見知りだと、ママは社会に出てやっていけるのかと心配になりますよね。

思い出してください。自分の子どもの頃、周囲に人見知りの子はいませんでしたか?その子が後に社会でやっていけない状態かといえば、必ずしもそんなことはないですよね。

ママが子どもの様子に疑問があれば早めに相談することをおすすめしますが、そうでなければ、少しずつ人見知り改善の取り組みをしつつ、ママと一緒にいる期間を楽しむのもよいかもしれませんね。子どもはきっといつか、ママの手を放して友達といるのを楽しむときがやってきますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018