就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児のゲップはいつまで?ゲップの必要性と上手く出させるコツ

乳児のゲップはいつまで?ゲップの必要性と上手く出させるコツ

「一体いつまでゲップをさせなくちゃいけないの?」「どうすればゲップが上手く出るのだろう?」と悩んではいませんか?寝かすつもりがゲップを出そうと背中をトントンしているうちに、お目目がパッチリなんて事もありますよね。ゲップはいつまで必要なのか、スムーズに出せるコツなどを分かりやすく紹介していきます。

乳児のゲップはいつまで必要?やめる目安

平均的な時期は生後5カ月か6カ月頃まで

ママが一番気になるのは「いつまでゲップをさせる必要があるのか?」ではないでしょうか? ゲップ出しを止める平均的な時期は、生後5~6カ月頃と言われています。

この頃になると、赤ちゃんはあまり空気を飲み込まずに上手にミルクを飲めるようになります。また飲み込んだ空気も、寝返りなど自分で体を動かした拍子にゲップやおならとして、自然に出せるようになるためです。

また、縦抱き抱っこをしてもゲップが出ないようになるのも、目安の1つと覚えておくと良いですよ。

赤ちゃんの成長はそれぞれなので、これより遅くても心配しないでくださいね。成長の早い赤ちゃん、ゆっくりの赤ちゃん、みんなそれぞれです。

いつかは終わりが来ますよ。大きな心で見守ってください。

ゲップをさせなくても吐かなくなる

よく耳にする「ゲップをさせなくても吐かなくなった時」を止め時の目安にするママが多いようです。シンプルな響きですが、吐かなくなるには、胃の形の安定と、首の座りが大きく関係していて複雑なのです。

赤ちゃんの胃の入り口は締まっていないので、胃の中の内容量が多くなり過ぎると、刺激となり吐いてしまいます。3カ月を過ぎた頃から胃の形が安定し腹筋がついてくると、吐かなくなってきます。

また首が座るとミルクを飲むのが上手になり、ミルクと一緒に空気を吸い込まなくなるとゲップが出ない時もあり、吐かなくなるのです。

ゲップが出ず機嫌が良ければ、試しにそのまま様子を見てはどうでしょう? ただし、万が一吐いてしまった時にすぐ対処できるよう、目を離さないでくださいね。



自分でゲップできるようになる

赤ちゃんが自分でゲップができる回数が増えてくると、ママがゲップのお手伝いをするのも、もうすぐ終わり。首がしっかり座り、自分で首が動かせるようになると、自分でゲップを出せる力がついてきます。

自分で頭の向きを変えることが出来る頃には、胃がどんどん発達し形成されてくるので、胃に入った物が逆流せず、自然にゲップが出せるようになるのです。

首が座った頃には、ミルクを飲んだ後に縦抱きをすると自分でゲップをしたり、寝返りが出来る頃には体を動かしているうちに、自然にゲップが出るようになる赤ちゃんも。

そしてほとんどの赤ちゃんが、しっかりお座りして遊べるようになる頃には、自分でゲップが出来るようになりますよ。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

乳児にゲップはどうして必要なの?

授乳時に一緒に飲み込んだ空気を出す

ママが一生懸命出させようとしているゲップの正体は? ここまで読んでくればお分かりだと思いますが、赤ちゃんがミルクと一緒に飲み込んでしまった空気です。

赤ちゃんがミルクを飲んでいるのを見てみてください。ほとんど息継ぎなしでゴクゴク飲んでいまますよね。それは、赤ちゃんは鼻で息をしながら飲むことが出来るからなのです。

新生児のうちは上手にミルクを飲むことが出来ず、ミルクと一緒に空気も飲み込んでしまっています。また、満腹中枢が未発達なことから満腹感が得られず、胃の構造上ミルクを飲み続けても、空気と一緒にどんどん入っていってしまいます。

その空気が胃の中に溜まると、胃が圧迫され苦しくて泣いてしまったり、ミルクを吐き戻してしまいます。吐き戻したミルクが喉に詰まってしまう事の無いよう、ゲップを出すことがとても大切です。

赤ちゃんが小さいうちは自分でゲップをすることが出来ません。ミルクをあげている途中でも苦しそうだったり、空気を沢山飲んでしまっているようなら、その都度ゲップで出してあげるなど、様子を見ながら対応しましょう。

乳児の胃は未発達で吐きやすい形状

生まれたばかりの赤ちゃんは、体が小さく未熟な部分が沢山あります。胃もその中の1つで、大きさはたったのさくらんぼ程。乳児の胃は形や機能が発達しておらず、大人の胃と違う形をしています。大人の胃は斜め横に膨らみカーブしているような形で、筋力もあり胃の入り口が閉じています。

それに比べて、赤ちゃんの胃は縦に細長くとっくりのような形ですが、胃を支える靭帯が緩いので形自体が安定していないのです。また、食道と胃の境目部分が緩く開いていて、胃に入ったものの逆流をせき止める機能がまだ正常に働いていません。

胃の筋力も弱く、胃に入った物を留めておく力がないため、ミルクを飲んだ後すぐに抱き方を変えたり、寝かせると刺激を受け吐き戻してしまいます。

ゲップをさせてしばらく経ってから、ダラダラとミルクが口から流れ出てきて驚いてしまうことも。これは、飲みすぎたミルクが胃に留まることが出来ずに、外に流れ出てきているからです。

赤ちゃんの胃が成長とともに形が変わり、筋力がつき入り口部分が閉まると、吐き戻しが減っていきます。

乳児にゲップを上手にさせるコツ

縦抱きで背中を下から上にさする

コツをつかんで赤ちゃんにゲップをさせられるようになると、かける時間もストレスも減りますね。ママ達が色々試してみて、おすすめナンバー1がこちらです。

まず赤ちゃんを縦に抱きます。まだ首が座っていない赤ちゃんは、首がガクンとならないように気を付けてくださいね。

赤ちゃんの胸が肩にもたれ掛かるくらいの高さで、赤ちゃんの背中が少し丸くなるように抱くのがポイントです。背中を丸くしてあげると、体の緊張が解けゲップが出やすくなりますよ。

背中の胃のあたりから首の付け根あたりまで、胃に入った空気を外に出すイメージで下から上へ優しくゆっくりさすります。

赤ちゃんもママも疲れてしまうので、5分やってもゲップが出なければ終わりにしましょう。




うつぶせ抱きで背中をトントンする

出産が終わったばかりのママや、赤ちゃんを高い位置で縦抱きするのが辛い場合がありますよね。そんな時のために、うつぶせ抱きの方法も覚えておきましょう。

赤ちゃんを自分の膝に座らせ、手を赤ちゃんの脇に腕をまわして赤ちゃんをうつぶせにし抱っこします。この時に、赤ちゃんの胃を圧迫したり、口や鼻が塞がらないように注意してください。

そして、優しく背中をトントンします。最初はみんな恐る恐るトントンしますが、慣れてきたり、なかなかゲップが出ないと、力が入りやすくなるので気をつけてくださいね。

長い時間の背中トントンも赤ちゃんに負担がかかるので、こちらも5分程度を目安にしましょう。縦抱きの方法でゲップが出ない時、是非こちらを試してみてください。
24 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC