就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

アウトドアやお散歩は幼児用リュックで!選び方のポイントとメリット

アウトドアやお散歩は幼児用リュックで!選び方のポイントとメリット

子どもが歩けるようになったら幼児用リュックを持ってお出かけに行きませんか?カラフルなリュックや動物デザインのリュックなど、かわいいデザインが豊富な幼児用リュックは、かわいいだけではなくメリットもたくさんあります。今回は幼児用リュックのメリットや選び方を紹介します。

ママにもある!幼児用リュックのメリット

自分のものを持つことで自立心が育つ

リュックを背負って歩くことができるようになる1~2歳ごろの子どもは、「自分でやりたい」という自立心が芽生える時期です。

また、自分のものを「管理したい」「独占したい」と欲求も強くなり、おもちゃの貸し借りや季節に合わない服を着たいと自己主張するなどのトラブルが増えます。自立心が原因だとわかっていても、つい叱ってしまいますよね。

幼児用リュックを使って自分の荷物を持つと、「自分のものを管理したい」という気持ちと「自分でやりたい」という気持ちを同時に満たすことができ、自立心をのびのび育てることができます。

さらに、詰め込めこみすぎでリュックが重くなるなどの経験をすることで、取捨選択する能力やガマンする力を育てることもできますよ。

ママの荷物が減らせる

幼児なので重いものを持つことはできませんが、外出先で服が汚れたときのための着替えや、替えのおむつなどは子どもでも持つことができます。荷物のボリュームが減るだけでママはぐっと楽になりますよ。

子どもにとって「大切なお友だち」である大きなぬいぐるみやお人形などもママにとってはストレスの元です。しかし、子どもが自分で持ってくれるのであれば一緒にお出かけすることができますね。

また、幼児用リュックを使って子どもが自分のものを持つようになると、子どもがママのバッグを触るのを減らすことができます。

おもちゃを取りだそうとした子どもがママのバッグをひっくり返したり、財布や家のカギを取り出してどこかにやったりすることも減りますね。

ハーネス付きなら危険防止にも

子どもと一緒に外出しているとき、子どもが突然走り出してあわてたことはありませんか?公園であれば走り出しても問題ありませんが、道路や駐車場だと事故に遭う可能性もあって危険ですよね。

交通ルールを守ることが難しい年齢の子どもや、衝動的、突発的な行動を取りがちな子どもと安全に外出したいというママはハーネス付きのリュックを使ってみてはどうでしょうか。

ハーネス付きのリュックは「迷子紐」としての機能を持っています。子どもが事故に遭う確率を減らすことができるのはもちろん、誘拐防止にもなりますよ。

ただし、ハーネスに対して偏見を持っている人もいます。安全な場所ではハーネスを外すなど状況に応じて使用法を変えるとよいでしょう。

幼児用リュックを選ぶときのポイント

軽い素材で体格に合ったサイズ

子どものリュック選びに重要なのは、リュック自体の軽さとサイズが体格にあっているかということです。

リュックが重い素材でできていると体にかかる負担が大きく、リュックを嫌がる原因になります。また、体格に合わないリュックは肩紐がずれたり歩きにくくなったりするため使用時の不快感が強くなります。

大きめのリュックは荷物をたくさん入れられ長く使えそうな気がしますが、大きくなると重量も増えるため入れられる荷物の量は減ります。少し大きめくらいなら問題ありませんが、大きすぎるリュックは避けましょう。

また、子どもが使うものですので、多少荒っぽく使っても破損しない丈夫な素材を選びましょう。水洗いができるタイプだとベストですね。

チェストベルトや背中にクッション付きを

体が小さな子どもは肩幅が狭く、肩自体も小さいためリュックの肩紐がずれやすい傾向があります。特に、動きが活発な子どもはリュックが肩からずり落ち、転倒などの原因になることもあります。

胸の前で留めるチェストベルトは、肩紐をしっかり固定してずり落ちを防ぐ効果があります。活発な子どもが走ってもリュックがずり落ちることがないため、体にかかる負担や危険を減らすことができますよ。

また、背中にクッションがついているリュックは、水筒やおもちゃといった硬いものやゴロゴロしたものを入れても背中に当たりにくくなります。

チェストベルトやクッションがついたリュックは長時間背負っても負担にならないので、普段のお出かけだけではなく遠足のときにも最適ですね。

ポケットが少なく出し入れしやすいもの

ポケットが多いリュックは荷物を分類して持つことができて便利ですね。しかし、幼児はポケットが多いと混乱してしまうことも多いため、ポケットが少なめのリュックが適しています。

ママが子どものリュックの中から荷物を探すときも、探す手間を減らすことができますね。

また、リュックの口は巾着タイプなどではなくラウンドファスナータイプのリュックがおすすめです。口が大きく開くため荷物の出し入れがしやすく、底まで簡単に見通せるというメリットがあります。

さらに、ファスナーであれば年齢の低い子どもでも比較的使いやすく、自分で開け閉めすることができます。つまみが大きいファスナーや、つまみにタグが付いていると扱いやすくなります。

使いやすくてかわいい幼児用リュック

【1~2歳】出し入れ簡単うさ耳リュック

大きなフラップと「うさ耳」がかわいい「うさ耳リュック」は、大人目線のデザインが特徴のベビー雑貨ブランド「Exprenade(エクスプレナード)」のベビーリュックです。

ゴムで適度な絞りがついたオープンタイプの開け口とマグネット式ボタンがついたフラップの組み合わせで、ファスナーやボタンの開け閉めが難しい子どもでも自分で荷物の出し入れができます。

肩紐はずれにくく食い込みにくい幅広タイプで、体格や成長に合わせてサイズ調節可能です。また、ベルトを固定するバックルがついており、リュックがずり落ちて歩きにくくなる心配もありません。

背中部分はメッシュ素材が使われており、汗かきな子どもでも快適に使うことができますね。

【2~4歳】ママとおそろいも!アネロキッズ

「アネロ キッズリュックサック」は、ママリュックとして人気が高い「anello(アネロ)」の口金リュックがキッズサイズになった幼児用リュックです。

変わったのはサイズだけで、デザインや機能性はママ用のリュックと同じままになっています。最大の特長であるワイヤー入りの口もそのままで、底までスッキリ見渡せて荷物を探しやすく、かさばる荷物の出し入れも簡単です。

背中と肩紐にメッシュ素材を使用しているので、蒸れにくくなっているほか、チェストベルト付きでずり落ちも防止してくれます。フロントポケットと内側ポケット付きで荷物を整理しやすいのも魅力ですね。

重さはたった310gと軽く、荷物がたっぷり入るので通園用にも最適です。

【5~6歳】豊富な柄のチアフルデイパック

充実した機能が定評の「OUTDOORPRODUCTS(アウトドアプロダクツ)」が展開する「チアフルデイパック」は、動物柄やスイーツ柄など、20種類もの豊富なデザインが魅力です。

大きく開くラウンドジップタイプで荷物の出し入れがしやすく、収納に便利なフロントポケットと内側ポケットがついています。

肩にはクッションとチェストベルトがついており、少し重みのある荷物を入れても痛みやずり落ちなどの負担も感じません。さらに、肩紐には車のライトで光反射板がついているため、秋冬の通園や暗いトンネルの中でも安心です。

サイズ調節ができるため就学前だけではなく、小学生になっても使うことができます。価格が手ごろなのもうれしいポイントですね。

まとめ

幼児用リュックは子どもの体格や年齢、体の発達に合ったサイズや機能を選ぶことが重要です。しかし、それと同じくらい「子どもが気に入ること」も大切ですよね。

リュックを買いに行くときは、なるべく子どもと一緒に選ぶようにしましょう。試着してサイズや重さを確認できるだけではなく、「自分のもの」という意識が生まれ、大切に使ってくれるようになります。

すてきな幼児用リュックを見つけて、子どもと一緒にアウトドアやお散歩を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018