就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

スポーツをする際の子ども服!動きやすくて人気のブランドを使おう

スポーツをする際の子ども服!動きやすくて人気のブランドを使おう

スポーツをするとき、パパやママはどんな服装で行いますか。家にあったTシャツとハーフパンツ?それでも十分かもしれませんが、スポーツに適したウェアというのはやはりあるのです。スポーツに適した素材や形を知って、子どもたちにぴったりなかっこいいウェアでスポーツを楽しみましょう!

子どものスポーツウエアを選ぶ際の注意点

ジャストサイズの服を買おう

子どもたちはあっという間に大きくなっていくもの。せっかく買うなら大きめを買って、できるだけ長い間着てほしいというのがママの本音ですよね。

しかしスポーツすることを目的として買うウェアは、できるだけジャストサイズを選びましょう。

子どもたちは思いもよらない動きをするものです。また、スポーツによっては道具を引っかけてしまったり、長すぎる袖や裾が動きの邪魔をしたりして思いきり体を動かすことの妨げになる場合があります。同様に、小さくなったウェアをいつまでも着ているのも、体の動きを制限してしまいますので適しません。

同じサイズ表記であっても、メーカーによってサイズ感が異なります。実際の着心地なども子どもにはこだわりがある場合がありますので、面倒でも一度試着をしてから購入するとよいでしょう。

確かに、ジャストサイズではあっという間に着られなくなってしまうかもしれませんが、それも成長の証です。まだまだ着られる洋服は小さな子へのおさがりや、フリーマーケットに出してもよいと考え、ジャストサイズの服を選んであげてくださいね。

通気性、速乾性など機能面もよく見よう

スポーツウェアには、スポーツをする際に不快にならない工夫がされた素材を使っているものが多いです。

「伸縮性」はスポーツをする上で必要でしょう。伸びない素材では、体の動きも制限されますし、ウェアが破れることもあります。

「吸水性」「速乾性」のおいては、セットと考えてもよいでしょう。かいた汗を瞬時に吸い取り、その汗を吸ったままでなく速乾することで、体に水分を残さずに汗による不快感を軽減します。

「通気性」により、こもった汗や熱をウェアの外に出します。冬場などは「寒くなってしまうのでは?」と思われますが、こもった熱がかえって体力を消耗させ、蒸れる原因にもなりますので、適度な通気性はたとえ冬のスポーツだとしても、あるとよいでしょう。

そのほか、接触が激しいスポーツの場合は、「耐久性」も必要な機能でしょう。

サッカーや野球、テニスなど、そのスポーツ専用のウェアであれば必要な機能性素材を使って作られていることがほとんどだと思われます。しかし、もし専用ウェア以外から選ぶ場合は、上記のような機能性をチェックしておくと安心ですね。

機能性の高さが魅力のスポーツブランド

頭から足まで全身揃えられる「ナイキ」

今や世界中で愛されているナイキは歴史は意外と浅く、元は日本の「オニツカタイガー」(現アシックス)の輸入販売店だったそうです。その後、自社製品を作り上げるようになり、現在のような大企業へ成長しました。

小さなこども用から幅広い年代に向けた都会的なデザインで、高機能のシューズやウェアが豊富にあることが特徴です。最近では軽量で抜群のストレッチ性キッズシューズ「ダイナモフリー」が人気ですね。

ウェアにおいても吸水速乾に優れていたり、冬のウェアでは動きやすいが暖かいフリース素材などもあり、年間通してウェアを選ぶことができます。

また、各種目の契約選手もたくさんいるので、有名選手モデルのユニフォームやシューズが子どもたちの興味を引くでしょう。

おしゃれなデザインが豊富な「プーマ」

実は、プーマとアディダスは、兄弟で経営していた製靴会社が分かれてできたブランドだそうです。兄がプーマを設立し、弟が元会社の社名をアディダスに変更し経営していったそうですよ。

元が靴メーカーだけあり、プーマはサッカーシューズメーカーというイメージがありますが、普段着にしてもかわいいウェアもたくさんあります。特に小さな子ども向けのアイテムはかわいらしいモチーフを使ったデザインも多く、女の子にもオススメです。

人気キャラクターとのコラボデザインは子どもも喜びそうですし、ファッション性の高さも注目です。

機能的に優れていますのでスポーツウェアとしてはもちろんのこと、活発な子どもたちにおすすめのアイテムもたくさんあります。

サッカー好きなら外せない「アディダス」

前身の製靴会社である「ダズラー兄弟商会」を引き継ぎ誕生したのが、アディダスです。

アディダスもプーマと同じくサッカー用品がメインというイメージですが、実は色々なスポーツ種目の専用アイテムを取り揃えているんですよ。例えば水泳、ラグビー、バスケットボール、ヨガなど、アディダスを探せば大抵揃うといえるほど幅広いラインナップです。

シンプルなデザインで、定番のロゴをあしらったウェアが中心です。男女問わず着られるデザインのものが多いのも特徴です。

また、アディダスではチームウエアをカスタムでき、仲間同士でオリジナルウェアを作ることもできます。チームに所属し、みんなで練習ウェアを揃えるような機会があればおすすめです。

ファッションブランドのおしゃれなウエア

スポーツにも使える品が豊富な「ギャップ」

ベビーサイズから大人まで、幅広いサイズ展開とカラフルさが人気のギャップ。ギャップでも「GAPFITスポーツ」というスポーツウェアを展開しています。

キッズサイズは110からで、ジャージ素材のパーカーやTシャツ、ポロシャツ、ズボンとひととおりのスポーツウェアが揃います。特に女の子のウェアはダンスやヨガにはおすすめのデザインです。

男の子のウェアは、はやりのジョガーパンツなどもあり、普段から活発に遊ぶ子でも動きやすく、なおかつおしゃれな着こなしをすることができますよ。

また、ファッションブランドではありますが、素材も通気性、吸湿発散に優れた素材を使っており、スポーツウェアとしての機能をしっかり果たしています。

おしゃれスタイルが完成「こどもビームス」

若者を中心に人気のセレクトショップビームスにも、キッズサイズの扱いがあります。スポーツウェアとして専用のアイテムが常時販売されているわけではないのですが、時折スポーツブランドとのコラボアイテムが販売されたりすることもあります。

また、スポーツ用ではないですが、スウェット素材のズボンなど、肌触りもよく動きやすいものがありますので、そういったものはスポーツをするときの服装としてもちょうどよいでしょう。

スポーツブランドとのコラボアイテムは別として、機能性素材を使っているわけではないので、どちらかというとおしゃれ重視のスポーツウェアとしておすすめです。

ヘルメットなどの雑貨もありますので、合わせて揃えるとかわいいですね。

トレンドを押さえた「H&M」

プチプライスでおしゃれ、なおかつ速乾性素材を使用と三拍子揃ったアイテムが選べるのがH&Mです。

ほかのブランドに比べ、安く上下を揃えることができるので、たくさん必要になった場合などは重宝するでしょう。

全体的に細身で、女の子ウェアではスパッツのようなタイプのものが多く、ランニングやダンスやヨガなどにおすすめです。ぴったりしていますが、伸縮性に富んでいますので動きが制限される感じはないでしょう。

男の子ウェアはシンプルなデザインながらも配色に一部蛍光色を使い目を引く作りになっていますので、スポーツブランドにありがちな、仲間内でたくさん同じ格好の子がいた、ということにならないのがメリットですね。

まとめ

定番のスポーツブランドから、アパレルブランドまで、探してみるとスポーツウェアの扱いはわりとたくさんあることが分かりましたね。

スポーツウェアはジャストサイズで着ることが望ましいので、通販などではなく、できれば目で見て一度子どもに試着させてみるのがやはりおすすめの選び方です。

特に行うスポーツの特性によってもウェアは微妙に変わってきますので、どんなスポーツをするのか、どのような機能が必須かなど、調べてみるとよいかもしれませんね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018