就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の自然体験が大切な理由。自然体験の効果や親子で楽しむ方法

幼児期の自然体験が大切な理由。自然体験の効果や親子で楽しむ方法

みなさんは、子どもの遊びに「自然体験」を取り入れていますか?自然の中で遊ぶことはテレビやゲームなどでは味わえない、生きた経験をすることができるものです。今回は「自然体験」から得られる効果や親子で楽しむ方法などをご紹介したいと思います。ぜひ親子で自然体験をしてみましょう。

知ってほしい!自然体験のねらいや効果

現代の子どもたちは自然体験が不足している

「自然体験」は、多くの親が子どもにさせたい経験の一つですよね。しかし現在、子どもの自然体験の回数は、減少傾向にあるといわれています。「都市化で自然が少なくなり、仕方がないのでは」と思いがちですが、都市に住む子どもに限ったことではないのです。

ではなぜ自然体験が不足してきているのでしょうか。原因の一つとして、室内遊びが昔より充実しているということが挙げられます。近年ではテレビやゲームなど、外へ出なくても子どもの興味をひく遊びが数多くあります。そのため、わざわざ外で遊びたいと思わなくなってしまっている可能性が考えられるのです。

最近では虫を触ったり泥んこになって遊んだり、自然を実体験する機会そのものが減っているといえるでしょう。

子どもたちの生きる力を育むことがねらい

自然体験をすることは「生きる力」を育むことができるといわれています。人生を生き抜くためには、自ら取り組む「主体性」が求められるのです。自然体験には遊び方の正解はなく、自ら遊びを見つけ出すことが必要となります。さらに自然が相手なので、思った通りに物事が進むとは限りません。自ら問題を見つけ、正解へと導く判断をする練習が遊びながらできるのです。

このように自然体験は、心や体を鍛えるためにほどよい負担や刺激を与え、「生きる力」の基礎を育むことができるものといえるでしょう。

また実際に五感を使って体験することは、脳の活性化によい影響を及ぼします。さらに幼児期に直接体験して得た感動は、子どもの感情を作る基礎となり情緒豊かにしてくれるのです。

幼児期の自然体験はこんな効果がある!

自然体験には先に述べた「生きる力」を育むだけではなく、子どもにとってたくさんのよい効果が期待できます。

たとえば、
  • 様々な生き物と実際に触れ合うことで、命の大切さを学べる
  • 身体能力の向上
  • 行動力、創造力が身につく
  • 自然を身近に感じ大切に思う心を育てる
  • 危機管理能力が身につく
このように自然は多くのことを、子どもに教えてくれるものです。テレビや本から「知る」ことも大切ですが、実際に「感じる」ことはそれにまさるといえるのではないでしょうか。

自然に触れ、命などを感じる機会を持ってみてください。言葉では理解が難しいことであっても、きっと子どもは自然と触れ合う中で、数多くの学びを得ていることでしょう。

親子で楽しめるおすすめの自然体験を紹介!

遠出しなくてもOK!虫取りをしてみよう

都市部に住んでいる場合、「自然体験をするためには遠出しなくては」と考える人もいるかもしれません。しかし近所での虫取りだって、立派な自然体験になるのです。

近くの街路樹や、公園の草むらに目を凝らしてみましょう。蝶やバッタなど見つけられるかもしれません。また石の下を覗いてみれば、ダンゴムシなどを発見するかもしれません。きっと子どもはダンゴムシやアリだって、立派な虫として興味を持ってくれることでしょう。どんなに小さな虫にも命があり、一生懸命生きていることを感じてくれるとよいですね。

虫が苦手なママは、リアクションに気を付けましょう。ママが極端に嫌がってしまうと、子どもも苦手になってしまうことがありますよ。

食べ物を収穫できる!農業体験

最近ではスーパーで並べられている野菜が、どのようにしてできているか知らない子どももいることでしょう。そんなときにおすすめの自然体験として、食べ物を収穫できる「農業体験」があります。食育にもつながり、苦手だった野菜も食べてくれるかもしれません。

農業体験の方法は様々です。ツアー会社から「体験プラン」として農業体験ツアーが出ていたり、「レンタル農園」などで、野菜を育てる畑を貸し出ししているところがあったり。また一から農業体験をするか、収穫だけ体験するかなども選べます。

最近では、お出かけサイトなどで農業体験特集が組まれるほど人気が出てきているようです。気になる方は、一度チェックしてみてくださいね。

たくさんの自然体験が味わえるキャンプ

自然体験をとことん味わいたいなら「キャンプ」がおすすめです。自然の中で寝泊まりすることで、普段の生活では味わえない新鮮さと感動があることでしょう。自然の中ならではの遊びを見つけて、家族みんなで楽しんでみましょう。夜には満点の星空を眺めるのも、キャンプの醍醐味の一つですよ。

またキャンプは自分でテントを張り、食事を作る必要があります。作業を大人だけで進めてしまわず、子どもと一緒に行ってみましょう。自分たちが生きるために必要な「住む場所」「食事」を作ることの大変さや、できたときの達成感は、子どもをたくましくしてくれるものです。

キャンプは自然の中で行うので、自己管理が大切になります。安全には十分気を付けて楽しみましょう。

自然体験を楽しむための工夫を紹介!

まずは近所の公園へ!親が率先して遊ぼう

より自然体験を楽しむために、ちょっとした工夫がありますのでご紹介します。

まずは公園に行き、親が率先して自然と触れ合うようにしてみましょう。難しく考える必要はありません。公園の草木の観察や鳥の鳴き声など、自然を見つけて子どもと一緒に感動を共有してみてください。石ころを集めるだけでも、子どもは楽しんでくれるものです。見つけた石がなにに似ているか、問題を出し合うのもいいですね。

行きなれた公園でも、見方を変えることで違った遊び方ができるものです。大人からすると「当たり前のこと」と思うようなことでも、子どもにとってはワクワクすることだったりします。まずは大人から、小さな発見を楽しめるようになりましょう。

虫かごなどの道具をそろえよう

虫取り網や虫かご、虫メガネなどの道具をそろえてみることも、子どもが自然体験により興味をもつきっかけになります。これらの道具は100均で揃えられるので、お財布にも嬉しいですね。できれば、道具は子どもと一緒に選びましょう。選んでいるときから、自然体験への気持ちを高めることができますよ。

捕まえた虫を虫かごに入れて、じっくり観察するのもよいですよ。また虫メガネで小さな虫や葉っぱを観察するのも、普段目に見えている世界とはまったく違い感動することでしょう。

これ以外にも、ハンドブックサイズの昆虫図鑑や植物図鑑などを持っていくと役立ちます。見つけたものを、その場で一緒に図鑑で調べて見ましょう。興味や関心が湧き、より楽しめますよ。

キャンプ初心者は調理が簡単なものにしよう

キャンプ初心者にとって、意外と大変な「調理」。そんなときは、自然を満喫するということに重きをおいて、食事は調理が簡単なものにしてみましょう。

たとえばロールパンとレトルトシチューなど、「パンと汁物」の組み合わせは簡単です。ほかにはパスタもおすすめです。レトルトのパスタソースに、茹でたパスタを混ぜるだけ。子どもが大好きなソーセージは、色々な使い方ができるので持っていくと便利ですよ。あとはリンゴやバナナなどの果物は、小腹の減ったときに役立ちます。

食事以外にも、テントに車を横づけできるところ、整備されたトイレやシャワールームがあるところ、管理スタッフがいるところなど、こういったキャンプ場を選ぶと初心者でも安心して満喫できますよ。

まとめ

自然体験が育む子どもの力には、素晴らしいものが多くありましたね。子どもと楽しく自然体験ができるよう、親の関わり方も考えてみましょう。親が好きになってもらいたいものを押し付けるのではなく、今なにに子どもの意識が向いているかを見極め、上手に興味を引き出してみてください。

最近では「自然の中で遊ぶ」ことに対して、見直されつつあります。アウトドアブームなどもあり、自然体験にチャレンジするよい機会です。次のお休みは自然体験をしに外に出かけてみませんか?子どもだけでなく、自然の中でママもリフレッシュできることでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018