就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが立つのはいつ?立つときの前兆や練習方法、注意点も紹介!

赤ちゃんが立つのはいつ?立つときの前兆や練習方法、注意点も紹介!

首すわりや寝返りなどの赤ちゃんの成長を見ると、ずっと成長を見守っていたパパ、ママは感動してしまいますよね。そんな赤ちゃんの成長の中でも見逃せないのは、初めての「立っち」ではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんが立つ時期や注意点などについてご紹介します。

赤ちゃんが立つ時期はいつから?

まずは赤ちゃんが立つまでの過程をおさらい

赤ちゃんが立つようになるまでの流れとしては、まず「ハイハイ」を始めることが多いかと思います。ハイハイを始めると赤ちゃんの行動範囲が一気に広がり、様々なものに手を伸ばしてしまうのではないでしょうか。

中にはハイハイをしないでつかまり立ちをする赤ちゃんもいますね。赤ちゃんがつかまり立ちを始めると、今までよりも視点がぐんと高くなることで、さらに赤ちゃんの好奇心は膨らんでいきます。しかし転倒して頭をぶつけてしまうこともあるので、気を付けて見ていてあげましょう。

つかまり立ちに慣れると、伝い歩きをするようになります。一生懸命手足を動かして移動する姿はかわいらしいですよね。

こうした過程を経て、赤ちゃんはだんだんと立つ準備を進めています。

つかまり立ちは生後7カ月頃から

つかまり立ちは早い赤ちゃんだと生後7カ月頃から始める子もいます。早い段階だとまだ重心をとるのが難しく、転倒することも多いので、目を離さないように気を付けてあげてくださいね。

個人差はありますが、つかまり立ちを始める目安としては生後8カ月から11カ月頃です。ハイハイなどで力もついてきているので、つかまり立ちでふらつくことは少ないでしょう。かといって安心はせず、きちんと見ていてあげるようにしてくださいね。

ゆっくり成長する子であれば1歳を過ぎた頃からつかまり立ちを始める赤ちゃんもいるので、なかなかできないからといって焦る必要はありません。長い間ハイハイをしていて筋力もついているので安定感のあるつかまり立ちができますよ。

ひとりで立つのは生後8カ月頃から

ひとりで立つというのは、何かにつかまらずに自分の力だけで立つことをさします。いわゆる「たっち」です。伝い歩きが上手になってくると下半身が安定し、何かに夢中になってつかまっていたものから手を放したときや、抱っこを求めて手をあげた拍子にひとりで立てるようになります。

始めは手を放すのが怖い赤ちゃんもいますが、何度も繰り返すことでしっかりとひとり立ちができるようになります。安定して立てるようになってからも、転ばないかどうかしっかり見ていてあげてくださいね。

生後8カ月から11カ月頃にかけてひとりで立ち始める子が増えるようですが、これも赤ちゃんによって差が大きいため、少しぐらい遅くても心配はありません。赤ちゃんのやる気に任せてあげましょう。

赤ちゃんが立つ前兆にはどんなものがある?

ハイハイが早くなったり高ばいになる

つかまり立ちやひとり立ちをする前にハイハイをする赤ちゃんは多いかと思います。部屋の中をよちよちと移動する様子はとてもかわいらしいですよね。

このハイハイの移動がスピードアップし始めたら、赤ちゃんが立つ前兆といえるでしょう。

ハイハイが早くなったということは、赤ちゃんの足や腕の力が強くなってきたということです。たとえなかなか立つ気配が見られないと思っていても、ハイハイをしている赤ちゃんは立つための準備をしているので、ゆったりした気持ちで見守ってあげましょう。

また、必ず見られる前兆ではありませんが、高ばいをする赤ちゃんもいます。高ばいとはハイハイからお尻を高くあげた状態のことです。

立てるようになってからする子や、しない子もいますが、高ばいができるということは手足の力だけでなく、腰の筋力もついてきたということです。体を支える準備ができてきているのですね。

ハイハイが早くなったり、高ばいができたりしてもすぐに立つかどうかはわかりませんが、赤ちゃんは少しずつ準備しています。焦らずに見守ってあげましょう。

ひとり立ちの前兆はつかまり立ちをすること

赤ちゃんの体の筋力がついてくると、だんだんと自分で体を支えられるようになりますが、自分の足で立ち上がるのにはまだまだです。そこで赤ちゃんはちょっとした段差や大きなおもちゃなどに手をかけて立ちあがります。

始めはどこかに手を伸ばすだけだった赤ちゃんが、ふとしたきっかけでつかんだものに体重をかけて体を起こすことができれば、つかまり立ちの成功です。パパ、ママとしても喜ばしい瞬間ですね。

初めて立ちあがった赤ちゃんは、新たな視界に新鮮さを覚えて何度も何度もつかまり立ちをするようになります。繰り返しつかまり立ちをすることで、赤ちゃんは自分自身を支えるための筋力をつけていくことになります。

つかまり立ちからひとり立ちまでは赤ちゃんの性格や筋力のつき方によっても変わってきます。好奇心旺盛な赤ちゃんなら、手をはなしてひとり立ちするきっかけも多いかもしれません。

反対に慎重な赤ちゃんだと、手をはなすことで不安定になるのがいやで、なかなかひとり立ちをしないこともあるでしょう。赤ちゃんはそれぞれのペースで進んでいるので安心してくださいね。

赤ちゃんが立つための練習方法や注意点

はじめはママの体で立つ練習をする

赤ちゃんが立つことは大人が想像する以上に大変で、体全体を使った運動になります。赤ちゃん自身に筋力がともなっていないうちはなかなか立つ気配がなく、焦らなくてよいとわかっていても何か練習させたほうがよいのかなと考えるパパやママもいますよね。

つかまり立ちも始めていない赤ちゃんであれば、最初はパパやママの体を使って練習するとよいでしょう。体につかまってもらうことで赤ちゃんの補助もしやすく、赤ちゃんもつかまり立ちのコツがつかみやすいです。赤ちゃんがバランスを崩してしまっても、ママが体を支えていれば安心ですね。

赤ちゃんが新しく広がる視界に興味を持ってくれれば、今度は部屋の家具や段差を使って自分の力でつかまり立ちに挑戦してくれるはずです。

テーブルにおもちゃを置いて練習する

パパやママの体につかまって立つことに慣れてきたら、次はテーブルにつかまる練習させましょう。赤ちゃんはテーブルに寄りかかることで体重を分散させて、より安定感を持って立つことができます。

テーブルでのつかまり立ちを練習させるときには、お気に入りのおもちゃをいくつか置いてみましょう。赤ちゃんがおもちゃに気を取られているようなら、おもちゃを動かして伝い歩きへ誘導してあげてください。

もちろんこのときも後ろから赤ちゃんを支えて、転倒しないように気を付けてあげてくださいね。

反射的に足が動かないようなら、声をかけながら足を触って、一歩ずつ動かすことを教えてあげましょう。すぐにはできなくても大丈夫です。ゆっくり練習させてあげましょう。

赤ちゃんと立つ練習をするときの注意点

立つ練習をするときにはいくつか注意するポイントがあります。まず、赤ちゃんの頭は体重の30%あるといわれており、頭が重たくバランスがとりづらい状態です。少しバランスを崩しただけで転倒してしまいます。

また、フローリングなどの床はすべりやすいため、靴下は履かせずに素足で練習しましょう。赤ちゃんが過ごす時間の長い場所であればプレイマットを敷いておくと、仮に転倒してもクッションとなるので安全です。

赤ちゃんがケガをしないように、テーブルやテレビ台など、赤ちゃんがつかまったり近づいたりする可能性のある家具にはコーナークッションをつけるのも効果的です。赤ちゃんが安全に動き回れるように、シンプルで整頓された空間を用意してあげてくださいね。

まとめ

赤ちゃんが立つ時期についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

この時期の赤ちゃんは、それぞれの性格や体の成長の度合いによって大きく差がでてくる頃です。なかなか立つ気配がないと焦ってしまうこともあるかもしれませんが、ほかの赤ちゃんと比べたりせずにゆったりとした気持ちで、成長を見守ってあげましょう。

つかまり立ちを始めたら、ケガや事故を起こさないように、赤ちゃんから目を離さないようにしてあげてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018