就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママ友との人間関係がストレスになる!うまく付き合う方法や対処法

ママ友との人間関係がストレスになる!うまく付き合う方法や対処法

「ママ友」は独身時代の友人とはまた違ったもの。今まで出会ったことのないタイプのママ友に、翻弄されてしまうママも少なくないようです。そこで今回は、ママ友との人間関係でストレスに感じるのはどんなときなのか、そしてそうなったときにうまく付き合っていく対処法などを紹介していきます。

ママ友の付き合いでストレスに思うことは?

その場にいないママの悪口を聞く

いつの時代も、女性が集まるところには「陰口」「悪口」が聞こえてくるものです。しかし、ママ友同士の陰口・悪口は、独身時代に同僚達と上司の文句をいっていたのとはわけが違います。

子どもを介して知り合ったママ友同士、どういうわけか「見栄の張り合い」「意地の張り合い」がよく起きるようです。自分では、その場にいない人の悪口なんて絶対にいわない、と思っていても、1人の悪口に周りが同調し、否定もできずになんとなく流されてしまうことはあるかもしれません。

本意ではないのに、悪口に巻き込まれてしまうことをストレスに感じるママは多いでしょう。次は自分がターゲットにされるのではないかと、怖くなってしまうこともあるかもしれませんね。

家庭のことを干渉される

ママ友同士の会話で、家庭のことをあれこれ聞いてくるママは周りにいませんか?パパの仕事(年収)、家や車のグレード、ママの年齢…など、プレイべートなことを干渉されるのは、あまりよい気持ちはしませんね。

聞いてどうするのだろう…と思うかもしれませんが、この手の情報が好きで、収集したがるママは意外と多いようです。もちろんある程度の友達関係が築かれて、自然な会話の流れで話すことはあるかもしれませんが、初対面からズケズケと聞いてくるママには注意したいですね。

また、子どもの教育方針についてあれこれ干渉してくるママ友も困りもの。「アドバイス」と思って好意的にいってくれているのかもしれませんが、求めていないアドバイスは押し付けで、余計なお世話ということもあります。

子どもの自慢話を聞かされる

誰しも自分の子どもが一番かわいいものです。本人も気付かないうちに、無意識で「子どもの自慢話」が始まっていることもあるでしょう。最初のうちは「すごいですね!」「うらやましい!」と相づちを打っていても、口を開けば子どもの自慢話、というママ友には辟易(へきえき)してしまいますよね。

自分の子どもがコンプレックスに感じている点について自慢された場合は、なおさらストレスに感じるでしょう。相手も悪気があるわけではないので、一概に責めるわけにもいかないのが難しいところです。

そういうママ友に対しては、それとなく興味がなさそうな素振りを見せたりして、あまり近づかないようにするのが得策かもしれませんね。また、自分がそうならないように注意したいものです。

ママ友と上手に付き合う方法は?

教育方針が明らかに違うママと付き合わない

子ども同士が仲がよい場合、ママとしてはお友達のママとは、うまく付き合っていきたいですよね。ママ友と上手に付き合うには、相手に合わせた「距離感」が大切です。

自分と価値観の合うママ友とは、ある程度距離を縮めてもよいかもしれませんが、そうでない場合は一定の距離を保つべきでしょう。特に、「教育方針」が明らかに違うママには、深入りしない方が得策かもしれません。

ママ同士なので、どうしても会話の内容は「子ども」のことになりがちです。そうなると、習いごとや学習面に関することで、考えの不一致が起こることは目に見えています。まったく付き合わない、ということではなく、あいさつやちょっとした世間話を交わす程度の関係がちょうどよいかもしれませんよ。

金銭感覚が似ているママと付き合う

「子どもの教育方針」と並んで「金銭感覚」が似ているママと付き合うと、比較的ストレスを感じにくいですよ。一緒にランチに行ったり、子ども同士が遊んだりするときに、金銭感覚があまりにも違うと、お互い「おや?」という不穏な空気が流れがちです。

派手にお金を使えるママと、節約志向のママでは、ちょっと相容れないところがあるのではないでしょうか。生活スタイルや金銭感覚の違いは、ママ友同士のトラブルのもとになることも多いようです。

身なりや会話の中で、自分と金銭感覚が似ているなと感じるママと付き合うことをおすすめします。お互い無理したり遠慮したりすることが少なくなるので、その分ストレスが減るのではないでしょうか。

夫の話など身内の話をせずこちらも聞かない

先ほども書きましたが、プライベートなことに関しては、あまり干渉しないのがママ友同士のマナーといえます。その点、パパ同士は遠慮なく仕事や年齢について話すという傾向にあるようです。

ママ同士は、どうしても見栄の張り合いをしてしまうのですね。もちろん全員ではありませんが。ちょっとした発言が、相手の嫉妬を買うことになる可能性もあります。実際に、あるママ友がパパの仕事の話でトラブルになったことがあり、とてもストレスを抱えていました。

よほど家族ぐるみで仲よくなったというような場合以外は、パパの話など身内の話は「いわない・聞かない」が得策かもしれません。また、「又聞き」したような、別のママ友の話も、決していいふらさない方がよいですよ。

自分に合わない!ママ友の断捨離も必要

今の自分が大切「断捨離のポイント」

「子どものためにも良好なママ友関係を保たなくては…」と、少々無理をしているママも多いのではないでしょうか。しかし、無理して自分に合わないママ友と付き合うことでストレスが溜まり、不安になったりイライラしたりするようでは、子どものためにならず本末転倒ですよね。

ママが笑っていることが、子どもにとっては一番うれしいこと。ママ友関係でストレスを感じているのなら、思い切って「断捨離」するのもよいですよ。

断捨離のポイントは、ママである「今の自分」にとって、よい関係であるかどうか。一緒にいると疲れる、嫌な気持ちになる、価値観が合わなすぎる、といったママ友とは、思い切って距離を置くことをおすすめします。

整理したい相手と付き合うコツ

「断捨離」といっても、相手との関わりを一切断つということではありません。それまで付き合いがあったのに、急に態度を一転させて避けるようになっては、逆にトラブルに発展しかねません。

整理したい相手と付き合うときのコツは、関わりを持つ頻度を徐々に減らしていくことです。相手からのお誘いを、最初は3回に1回断る程度。次に2回に1回。最終的には先方からのお誘いがほとんどなくなるくらいの距離感が保てるとよいですね。

用事がなければこちらから連絡をしないというふうに決めて、顔を合わせたら今までどおり、にこやかにあいさつや軽い会話を交わす。そして、長くなりそうなら「これから約束があるから」といって会話を切り上げるようにしましょう。

いきなり断捨離できないときのコツ

「できることなら断捨離したい…」と思っていても、実際にやろうと思うと、ママの性格によっては難しいかもしれません。押しに弱いタイプ、気を使いすぎるタイプのママは、断捨離するにも勇気がいりますよね。

いきなり断捨離できないときのコツは、まず、「人」の断捨離ではなく、「モノ」の断捨離から始めてみることです。身の回りがスッキリしていくと、気持ちもスッキリすると思いますよ。

「モノ」の断捨離で、いらないものを手放すことがストレス解消につながると実感できれば、次は「人」の断捨離です。ママ自身が本当に大切にしたいと思うものが何かを考えてみましょう。そのうえで、自分に合わないママ友を思い切って断捨離してみてくださいね。

まとめ

子育てをしていくうえで、避けては通れないのが「ママ友との付き合い」です。ママ友は、子育ての悩みやストレスを共有して助け合うことができたり、有益な情報をもたらしてくれたりと、よい側面も多いもの。

しかし、ときには自分に合わないママ友と、付き合う必要が出てくるときもあるでしょう。子どものため、と思うかもしれませんが、ママが過度にストレスを感じるようならば、無理をして付き合い続ける必要はないのです。適度な距離感を保って、良好なママ友関係が築けるとよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018