就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

あこがれの歴代仮面ライダー!1号からジオウまでの見どころを紹介

あこがれの歴代仮面ライダー!1号からジオウまでの見どころを紹介

パパやママが子どものころ、仮面ライダーにあこがれたことはありませんか。仮面ライダーは時代を越えて、長年愛されている人気のキャラクターなのは言うまでもありません。今回は、仮面ライダー1号からジオウまで、あこがれの歴代仮面ライダーをご紹介します。

昭和から平成。仮面ライダーの歴史を知ろう

元祖。仮面ライダー1号

記念すべき仮面ライダーシリーズの1作目「初代仮面ライダー」は1971~1973年にかけてテレビで放送されました。「仮面ライダー1号」は、後に続く仮面ライダーの元祖といわれ親しまれています。

優秀な科学者でありながらオートレーサーでもある主人公は、悪の秘密結社・ショッカーによって、脳以外をバッタの能力を持つ改造人間にされてしまいます。それ以降、仮面ライダーとなり、世界征服を企むショッカーとの戦いが始まるのです。

仮面ライダー1号は、身につけているベルトの風車ダイナモ・タイフーンの風圧で変身します。ライダージャンプやライダーキック、ライダーチョップなどの必殺技が人気で、あこがれる子どもがたくさんいましたよ。

初代からBLACKまで。昭和ライダー

昭和ライダーは初代からBLACKまでの10作品です。途中、休止している時期があったものの、昭和ライダーの時代から今もなお、毎年新しいライダーが誕生しています。

昭和ライダーは単純で分かりやすいストーリーが子どもの人気を集めました。シリーズを通して、改造人間である主人公が世界征服を狙う邪悪な組織から世界を守るという、スケールの大きな物語になっています。

改造人間であるため、変身ベルトで仮面ライダーに変身すると超人的な能力を発揮することができます。邪悪な組織と戦う場面では、強烈なキックやパンチで敵を倒す仮面ライダーがすてきですよ。

また、バイクに乗って疾走する姿がかっこいいと評判で、仮面ライダーのイメージが定着しました。

クウガからジオウまで。平成ライダー

平成ライダーは、クウガからジオウまでの20作品です。昭和ライダーのイメージとは異なる世界観やストーリー、キャラクターなど、常に新しいアイデアが取り入れられています。

それぞれのシリーズにおいて、独自の世界観を打ち出してストーリーが展開されます。その内容は、命に関わるようなシリアスなものや熱い友情を描いたものなど、ストーリーが複雑化していて大人も楽しむことができるのが魅力です。

平成ライダーはシリーズによって特徴のある変身ベルトで仮面ライダーに変身します。ベルトに装着する様々な変身アイテムを使ってフォームチェンジをするライダーが多いことも特徴の一つです。ストーリーの中盤には最強フォームといわれるそれぞれのライダーの最強形態に変身します。

平成ライダーシリーズは特徴的!

時間旅行する列車でタイムトラベル。電王

平成ライダーシリーズ8作目となる「仮面ライダー電王」は2007~2008年に放送されました。列車でタイムトラベルするというテーマを軸に繰り広げられるストーリーは、子どもだけでなく大人からも支持され、放送から10年以上たった今も根強い人気です。

気は弱いが心は優しい主人公が、デンライナーという時間旅行する列車の乗車券「ライダーパス」を拾ったことからストーリーが展開します。ライダーパスを使って仮面ライダー電王に変身し、デンライナーや仲間とともに、過去や未来へタイムトラベルをしながら、歴史を改変しようとする敵と戦うのです。

電王のモチーフは電車です。子どもはバイクに乗ることができないため、より身近に感じる乗り物をモチーフに選んだそうですよ。

高校生の学園青春ドラマ。フォーゼ

「仮面ライダーフォーゼ」は2011~2012年にかけて放送された仮面ライダーシリーズです。仮面ライダー生誕40周年の記念作品で、平成ライダーシリーズでは13作目です。

仮面ライダーでは初めてとなる高校生の学園青春ドラマのストーリー設定と、宇宙開発という大きなスケールのギャップが、仮面ライダーの新しい魅力を引き出しました。その中で、仲間との友情を大切に築きながら、仮面ライダーとして戦う主人公の成長が描かれていますよ。

またフォーゼの企画準備を進めている時期に、東日本大震災が発生しました。震災後、初めてのライダー作品になるため、子どもたちをとにかく明るい気持ちにしたいという思いから、フォーゼは「日本を元気にするヒーロー」として誕生したのです。

ライダーなのにバイクに乗らない。ドライブ

平成ライダー16作目となる「仮面ライダードライブ」は2014~2015年にかけて放送されました。仮面ライダーといえば、バイクにまたがり颯爽と走る姿を想像しますよね。

しかし、ドライブは仮面ライダーなのにバイクには乗りません。仮面ライダーシリーズでは初めてとなる、車に乗る仮面ライダーとして、今までの常識を変えて話題になりました。

子どもがあこがれる刑事と仮面ライダーの組み合わせであるこの作品は、主人公の強さや正義感を感じることができます。また、主人公が刑事という設定から、ドライブには刑事ドラマの要素も取り入れられています。

子どもだけでなく、幅広い世代に仮面ライダーを楽しんでもらいたいという思いが込められていますよ。

親子でみんなで。仮面ライダーの楽しみ方

パパも興奮。ジオウには歴代ライダーが登場

平成ライダー20作品記念作品である「仮面ライダージオウ」は、2018年から放送中です。ジオウには歴代ライダーが登場するので、幼いころに平成ライダーを楽しみに観ていたパパも興奮してしまいますね。

ジオウは時計がモチーフです。2018年の秋、王様になることを夢見ている高校3年生の主人公は、50年後自分が世界を制するオーマジオウになることを知り、最善最高の魔王になるために仮面ライダージオウに変身します。

この作品で主に登場する仮面ライダーはタイムトラベルライダーという位置づけで、様々な時空を巡りながら、歴史の改変を企てるタイムジャッカーと戦います。歴代ライダーの時代を巡りながら、敵と戦うという壮大なスケールは20作品目にふさわしいですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版