就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんは何カ月から腹ばいできる?腹ばいの練習方法や注意点

赤ちゃんは何カ月から腹ばいできる?腹ばいの練習方法や注意点

赤ちゃんの腹ばいは、筋力の健やかな発達を促すのに役立つ体勢です。この腹ばいは、実際には何カ月ごろからできるようになるのでしょうか?この記事では、腹ばいの練習が開始可能となる時期はいつか、またその練習方法、腹ばいにするときの注意点などをあわせて解説してきます。

腹ばいの意味と赤ちゃんに与えるメリット

うつ伏せで首を持ち上げることが「腹ばい」

生まれてしばらくのあいだは、赤ちゃんは仰向けで過ごすことがほとんどですよね。体が小さく筋肉も発達していないため、手足を動かすくらいで寝返りなど、自分で体勢を変えるのは難しいでしょう。

腹ばいは、赤ちゃんをうつ伏せの状態に寝かせたとき、赤ちゃんが自力で首を持ち上げる行動のことをいいます。首がすわっていない赤ちゃんが自力で首を持ち上げるのは、相当な体力が必要です。頑張って自分の力で動かそうとしているのを見て、感動するママも多いかもしれませんね。

生後1カ月ごろだと赤ちゃんはまだまだ小さいので「うつ伏せにするのが怖い」というママは多いですが、赤ちゃんの機嫌のよいときにチャレンジしてみましょう。

げっぷが出やすくなり深く呼吸できるように

赤ちゃんは体が小さいだけでなく、様々な機能が未熟な状態で生まれてきますよね。新生児のころは呼吸も浅く、上手にげっぷが出せなくて飲んだミルクを吐いてしまう赤ちゃんも多いです。

人の食道と噴門(胃の継ぎ目)は、背中のほうにあります。ミルクやおっぱいを飲んだあとにうつ伏せになると、噴門が上向きになって噴門の近くにげっぷが溜まり、げっぷが出やすくなるといわれていますよ。

また、うつ伏せをすると運動機能がバランスよく発達するので、深く呼吸できるようになります。筋肉が発達すると赤ちゃんの体もしっかりしてくるため、パパやママも抱っこしやすくなったり、お世話がしやすくなったりなど、より育児が楽しくなりそうですね。

首のすわりや寝返りを促すこともある

ねんねの時期の赤ちゃんは仰向けで寝かせていることが多く、赤ちゃんをうつ伏せにするのに不安を感じているママは多いのではないでしょうか。「うつ伏せにするとつらそうだし、やらなくてもいいんじゃないの?」「呼吸がしづらくないかな?」など、心配になりますよね。

赤ちゃんをうつ伏せの状態にすると、赤ちゃん自身が頑張って首を持ち上げようとします。そのため、首だけでなく全身の筋肉が鍛えられて、首がすわるのが早くなることがありますよ。

また、うつ伏せになって体を動かす練習をしていると、寝返りができるようになる子もいます。うつ伏せになって首や体を動かすのは筋力が必要なため、自然と赤ちゃんに力がついてくるのかもしれませんね。

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

いつからどのように腹ばいの練習をする?

生後1カ月ころから腹ばいの練習ができる

「赤ちゃんの成長のために、腹ばいができるように練習をしたほうがいい」「うつ伏せの練習をしていると、成長が早まることもある」と聞くと「うちの子もできるようになるのか練習を始めてみたい」というママは多いかもしれませんね。生後1カ月ころになると、うつ伏せの練習をスタートしても大丈夫でしょう。

練習を始めるときは、最初は短い時間から始めることが大切です。急に長い時間うつ伏せの状態にしてしまうと、赤ちゃんは上手に呼吸ができずに窒息する危険性があるため、少しずつうつ伏せに慣れていけるように様子をみながら進めてくださいね。

なるべくご機嫌のよいときに練習をしたり、おっぱいを飲んだあとのげっぷを出したいときにチャレンジしたりするのもよいですよ。

うつ伏せにした赤ちゃんに話しかけてみよう

月齢の低い赤ちゃんは仰向けの状態で過ごすことがほとんどなので、急にうつ伏せの状態になると不安になって泣いてしまう可能性があります。赤ちゃんが安心してうつ伏せの状態で過ごせるように「ママはここだよ。見て」「すごいね。げっぷ上手に出るかな?」など、たくさん話しかけるようにしましょう。

生後1カ月ころの赤ちゃんは視力が未発達なため、ぼんやりとしか状況を把握できていないかもしれません。しかし、ほかの部分は敏感なため、いつもと違う体勢に不安を感じていることでしょう。ママの声を聞くと心から安心できるので、優しく話しかけてみてくださいね。

上手にげっぷが出たときは「すごいね。上手だね」とたくさん褒めるようにしましょう。

はじめはママのお腹の上から始めると安心

赤ちゃんをうつ伏せにするとき「布団の上に寝かせて大丈夫なの?」「ちゃんと息をしているか不安になる」など、練習をするのが怖いママもいるかもしれませんね。赤ちゃんの様子が心配な方は、ママのお腹の上で練習を始めてみましょう。

ママのお腹の上に赤ちゃんをうつ伏せにすると、間近で赤ちゃんの様子を確認できますよね。また、密着しているので、赤ちゃんがしっかり呼吸しているかも確認しやすいですよ。

赤ちゃんにとっても、ママのお腹の上は心が安心できる場所です。うつ伏せになっても、ママと密着しているだけで安心でき、首を持ち上げようとしたり、手足をバタバタさせたりなど、自由に動いてくれるでしょう。ママのお腹の上で過ごすときは、赤ちゃんの体をしっかり支えてくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版