就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

初めての乳児の沐浴はドキドキ。どんなところに気をつける?

初めての乳児の沐浴はドキドキ。どんなところに気をつける?

沐浴は新生児のお世話には欠かせません。首が据わっていない赤ちゃんの沐浴は、最初のうちは難しいもの。やり方を教えてもらっても、いざ沐浴しようと思った時、勝手が分からず戸惑ってしまうママも多いと思います。ここでは赤ちゃんに必要な沐浴について、準備と手順など詳しく解説していきたいと思います。

赤ちゃんの沐浴にはどんな意味があるの?

沐浴は赤ちゃんと密に触れ合う大切な時間

沐浴はママにとって初めての経験となりますので、最初は戸惑うことも多いことでしょう。片手で一生懸命赤ちゃんを支えながら、片方の手で器用に体を洗うということは案外難しいものです。

沐浴は単純に赤ちゃんをお風呂に入れればいいというわけではなく、赤ちゃんと密にコミュニケーションを重ねる大切な時間でもあります。「身体を洗ってすっきりしようね」「気持ちいいね」などと話しかけながら行えるといいですね。

赤ちゃんと目が合ったら、ママは微笑んだり、話しかけてみてあげてください。それが赤ちゃんとの間に必要なアイコンタクトと呼ばれるコミュニケーションです。語りかけ育児と言われるように、お話しができない赤ちゃんにも、沐浴中も積極的に語りかけるとよいでしょう。

赤ちゃんが退院した日から沐浴は毎日

沐浴は赤ちゃんが退院した日から毎日行いましょう。赤ちゃんは大人に比べて新陳代謝が活発です。汗をかいて蒸れたり、おしっこやうんちで汚れて皮膚トラブルを起こすこともあります。赤ちゃんの肌をきれいに保つためにも、退院後1日1回は沐浴を行いましょう。

新生児の沐浴期間は生後1カ月くらいと考えられています。1カ月健診のときに、病院からお風呂について何も言われなければ、大人と一緒にお風呂に入っても問題ありません。

しかし生後1カ月の赤ちゃんは身体の芯がしっかりしておらず、非常に柔らかい状態です。大きな湯船に入れることが心配だと思うようであれば、しばらく沐浴を続けても大丈夫。ママの判断で、お世話がしやすい方法を選ぶとよいでしょう。

使いやすいベビーバスを選ぶ

新生児は免疫力が十分ではないため、沐浴の時は普段のお風呂ではなくベビーバスがおすすめ。ベビーバスには、プラスチック製や背もたれ付きのもの、底がフラットなものなど色々あります。毎日使うものなので、ママの好みや使いやすいものを選びましょう。

【プラスチック製】
フラットタイプ。お部屋の床やお風呂の洗い場に置いて使えます。外側の底面にすべり止め加工が付いているものもあり、安全性も◎。

【シンク用】
シンクや洗面台、床に置いたりして使います。洗いやすい仕様になっていて、ヘッドサポートが赤ちゃんの頭を支えるので安心。

【エアータイプ】
空気を入れて膨らませるタイプ。使わない時は小さく畳めるので置き場に困りません。軽くて持ち運びも苦になりません。

沐浴前に準備しておくことをチェック

まずは沐浴に必要なアイテムを揃えよう

新生児の沐浴には、どんなアイテムが必要なのでしょうか。

【石鹸・入浴剤】
沐浴にはベビーソープや石鹸、沐浴剤を使用します。石鹸はできるだけ無添加がよいでしょう。石鹸は固形タイプだと泡立ちに時間がかかってしまうので、液体や泡タイプが便利。頭皮や髪の毛もベビーソープでOK。

沐浴剤はお風呂に入れて使います。上がり湯やすすぎやいらず、時間短縮に繋がります。赤ちゃんがご機嫌な時はベビーソープや石鹸で入念に、逆に機嫌が悪いときは沐浴剤で済ませるなど使い分けてもよいでしょう。

【温度計】
37~40℃が沐浴する時の適温といわれて。大人が入るお風呂よりも少しぬるめですが、手を入れただけでは分かりづらいため、温度計を準備しましょう。

赤ちゃんの着替えを沐浴前に準備

沐浴前の前に着替えを準備しておき、赤ちゃんが素早く着替えられるようにしておくとスムーズです。事前に着替えを用意しておくことで、沐浴後の着替えがスムーズにできます。また、下記のアイテムも事前に準備しておくと安心です。

【バスタオル】
沐浴後に赤ちゃんを包むのに使います。おくるみのように包むので、正方形のバスタオルが使いやすいです。赤ちゃんの肌は柔らかくてデリケートなので、なめらかで優しい肌ざわりのものを選びたいですね。沐浴後、赤ちゃんを寝かせるスペースにもバスタオルを敷いておくとよいでしょう。

刺繍が付いていたり、色の濃いタオルは、赤ちゃんの肌を刺激してしまう可能性がありますので、色もデザインもシンプルなものがおすすめです。

沐浴の具体的な手順をご紹介します

ベビーバスの7割位までお湯を入れます。37℃~40℃が適温です。湯温計を使いながら確認しましょう。次に赤ちゃんの身体を沐浴布で覆います。

次にガーゼを濡らし、顔を洗います。目やにもきれいに拭き取りましょう。次にソープを泡立て、顔と頭皮を洗います。赤ちゃんの耳の中にお湯が入らないよう、片手で赤ちゃんの耳を優しくふさぎながら洗とよいでしょう。

その後は、首、手、お腹から足と、顔に近い順から洗っていきます。その後は、お腹を下に向かせて洗いますが、体勢が難しければ仰向けのまま、背中を洗います。最後におしりを洗います。排泄の際に特に汚れる部分ですので、丁寧にしっかりと洗いましょう。お風呂から上がったら、シャワーですすいで終了です。

赤ちゃんの沐浴で注意したいポイント

男の子と女の子では洗い方が異なります

洗い方が男の子と女の子では異なります

【男の子の洗い方】
おちんちんの後ろにある睾丸(こうがん)の裏側に垢がたまっている場合があります。睾丸をそっと持ち上げてガーゼで優しく洗ってあげましょう。

おちんちんの包皮の内側は、垢などがたまりやすい部分。週に一回程度、きれいにしてあげましょう。

おちんちんの真ん中あたりに指をかけて、ゆっくり丁寧に皮を下にずらします。亀頭が先端から少し見えたところで、お湯をかければ大丈夫です。


【女の子の洗い方】
泡立てたソープで、お股周辺から太もものつけ根、おしり周辺の順に洗います。大陰唇の内側はデリケートな粘膜なので、丁寧に洗うとよいでしょう。大陰唇の内側のや皮膚に石鹸が残っていると炎症の原因になるので、しっかり洗い流しましょう。

耳、鼻、おへそなど細かな部分のケアも

沐浴後はすみやかに服を着せ、鼻や耳、おへそなど細かい部分のアフターケアを行います。耳の中やおへその中にたまった水分、鼻の中の汚れを綿棒で丁寧に優しく拭き取ります。

汚れが取れないからと言って、ゴシゴシ擦るのは禁物。赤ちゃんの肌は非常にデリケートにできていますので、力任せに擦ってしまっては傷つけてしまいます。汚れが気になる場合は、ベビーオイルなどを綿棒に付着させてケアしましょう。

また、沐浴後は爪も水分を吸収し、柔らかくなっています。伸びている場合は専用のはさみで赤ちゃんの爪を切ってあげましょう。沐浴後は水分を失っている可能性がありますので、授乳や白湯を飲ませるなどの水分補給も忘れずに行ってくださいね。

赤ちゃんの沐浴、こんな時はどうする?

沐浴に関してママたちが気になっていることをQ&A 方式でご紹介したいと思います。

Q.沐浴は夜寝る前がいいの?
A.生まれたばかりの新生児は昼と夜の区別がないため、深夜でなければいつ行っても大丈夫です。

Q.沐浴できない場合はどうすればいい?
A.お湯で固くしぼったタオルで、首周りや脇を中心に優しく拭いてあげましょう。股からおしりにかけては、放っておくとかぶれることもあるので、しっかり拭いてあげましょう。

Q.ソープが目に入ったり、耳や鼻にお湯が入ったときはどうする?
A.ソープが赤ちゃんの目に入ったら、ぬるま湯で流してあげましょう。耳や鼻にお湯が入っても心配はいりません。気になる場合は、ガーゼなどでで優しく拭き取ってあげましょう。

まとめ

慣れないうちは、赤ちゃんに泣かれてしまってパニックになってしまうかもしれません。最初から完璧を目指さずに、はじめのうちは、一番汚れやすいおしり以外は、手順を省略してしまっても大丈夫ですよ。

退院後、ママの体調万全でないうちは、頼れる人に入れてもらいましょう。ママ以外の家族と赤ちゃんとのコミュニケーションにもなりますよ。沐浴の期間は約1カ月~2カ月と案外短いもの。家族で貴重な時間を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

久保田 拓磨

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018