就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

離乳食グッズは毎回消毒の必要はない?洗い方の基本や消毒の方法とは

離乳食グッズは毎回消毒の必要はない?洗い方の基本や消毒の方法とは

赤ちゃんの離乳食が始まると、哺乳瓶のように毎回食器や調理器具の消毒が必要なのかなと思うママもいますよね。離乳食本によっては、消毒をするように指示があるものもあります。実際には毎回消毒をする必要はないともいわれていますが、どちらが本当なのか迷うかもしれませんね。その迷いを解決するヒントをご紹介します。

離乳食グッズの消毒に関するママたちの疑問

哺乳瓶は毎回消毒するけど食器も消毒する?

一般的には、哺乳瓶の消毒も離乳食が始まる頃には消毒をしなくても大丈夫といわれています。離乳食の食器についても、基本的には消毒は不要です。

離乳食が始まるのは生後5~6カ月くらいが多いですよね。子どもによって成長には違いがあるので一概にはいえませんが、首がしっかりとすわっていて支えてあげればおすわりができる頃です。

この頃の赤ちゃんの様子を見てみると、指しゃぶりや身近にあるものを口元に持っていきなめています。いくら雑菌から赤ちゃんを守ってあげようとママが頑張っても、赤ちゃんはいろいろな雑菌に触れていることになりますよね。赤ちゃんはこの時期頃から自分で免疫力を獲得していく必要もあるので、食器の消毒は不要になっていきます。

赤ちゃんは抵抗力が弱いので病気が心配

赤ちゃんは大人に比べると抵抗力が弱く、雑菌からしっかりと守ってあげたほうがよいと思うママもいますよね。

赤ちゃんはおなかの中にいる間に、胎盤を通じてママから免疫をもらって生まれてきます。母乳にも免疫が含まれているため、生後3カ月くらいまでは比較的抵抗力が強いといわれています。それでも、大人に比べると半分程しか抵抗力はありません。生後半年程度の赤ちゃんはママからもらった免疫も減り、生まれたときの半分程まで抵抗力が落ちるともいわれているだけに心配ですよね。

ですが、指しゃぶりや物をなめるといった行動で雑菌を体に取り入れ、自分で抵抗力を高めています。雑菌から守りすぎると、自己免疫の獲得を妨げてしまうことになりますよ。

離乳食本で消毒をすすめていたけど実際は?

離乳食の進め方やレシピが書かれた本の中には、離乳食の調理に使う調理器具や食器類は毎回消毒するようにと書かれているものもあります。ただ、清潔にすることはとても大切ですが、あまりに神経質に毎回消毒をする必要はないというのが一般的です。

きれいに洗いよく乾かすことや、調理器具は日光消毒を行うといった程度でよいとされています。食材が詰まりやすいおろし金や裏ごし器といったものは、ときどき煮沸消毒をするようにします。

これは赤ちゃんの離乳食の調理に使う調理器具だけではなく、大人の食事を作るときにも気を付けたいことですよね。赤ちゃんの離乳食づくりをする調理器具だから、食器だからと特別な消毒をするのではなく、清潔を心がけるだけで問題はありません。

離乳食用の食器を洗うときの基本とは

基本的に食器を消毒する必要はない

離乳食用の食器は、基本的には毎回消毒をする必要はありません。食事が終わったらできるだけ早く食器を洗い、きれいにすすいでしっかりと乾かせば問題ありません。

ただし、梅雨~夏にかけては日本は高温多湿な時期になり、雑菌類が繁殖しやすくなります。また食器が完全に乾かないこともあるため、このようなときには時折消毒をするようにします。

赤ちゃんの体調がすぐれないときも、場合によっては食器類の消毒をしたほうがよいでしょう。おなかの調子が悪いときなどは、赤ちゃんの抵抗力が落ちていますので、できるだけ雑菌類が体に入らないようにしてあげるとよいですよ。

哺乳瓶ほど毎回しっかりと消毒をしなければならないと神経質になる必要はありません。

市販の洗剤はOK!スポンジは清潔なものを

ドラックストアやベビー用品店に行くと、赤ちゃんの離乳食の食器を洗うための洗剤などが販売されています。もしかしたら大人の食器を洗う洗剤と、赤ちゃんの食器を洗うための洗剤は分けなければいけないのでは、と思うママもいるかもしれません。

ですが、大人の食器を洗う洗剤で赤ちゃんの食器を洗っても問題ありません。すすぎ残しがないようによく洗い流せば、別に洗剤を用意する必要はありません。

食器洗いのスポンジについても、清潔なものを使用すれば大人と同じものを使っても問題ないでしょう。スポンジは雑菌類が繁殖しやすいため、定期的に取り換えるようにしましょう。また、生ものを調理した後に調理器具の洗浄に使ったスポンジは使わないようにします。

食後は早めに洗ってきちんと乾燥させること

食器を清潔に保つためには、食事の後は早めに洗いきちんと乾燥させることが必要です。

普段はつけ置き洗いをするママもいるかもしれませんね。汚れがこびりついてしまったような食器は、つけ置き洗いをすることで汚れが落ちやすくなります。ですが、つけ置き洗いは雑菌が繁殖しやすくなりますので、早めに洗うことが必要ですね。

洗った後の食器を自然乾燥させるママもいますが、水気を早くふき取り、そのうえで乾燥させるようにします。水滴が残っているとどうしても雑菌が繁殖しやすいのです。布巾で拭いてもよいのですが、ペーパータオルを使ったほうがより清潔といえますよね。布巾を使うときにはこまめに取り換え、濡れていないきれいなものを使いましょう。

離乳食グッズの消毒が必要な場合とその方法

生ものを調理した後の器具は消毒が必要

生ものや土がついた野菜などを調理した場合には、まな板や包丁などの調理器具をしっかりと消毒する必要が出てきます。

生魚や生肉、さらに土の中には食中毒を引き起こす毒性の強い雑菌が含まれていることがあります。調理を行えば問題なく食べられる食材でも、調理の段階で使用した調理器具には、雑菌類が付着してしまうことがあるのです。

生ものや土がついた野菜を調理したまな板や包丁は熱湯消毒をするとよいですね。気を付けたいのは包丁の柄の部分です。忘れがちですが、柄の部分にも熱湯をかけて消毒を行うことが必要です。

生ものを調理した後に使う食器洗いスポンジを決めておき、ほかの物を洗うときとは別にしておくとよりよいですね。

離乳食グッズの正しい消毒方法

食器類の消毒方法はいくつかあります。代表的なものとして三つの方法をご紹介します。

一つ目は薬品消毒です。哺乳瓶を利用していたママなら、なじみがある方法ですね。漂白剤や赤ちゃん用の消毒液(ミルトンなど)に漬け込んで消毒をする方法です。消毒後は水洗いをしっかりすることを忘れないようにしましょう。

二つ目は熱湯消毒です。沸騰したお湯を食器などに回しかける方法です。スプーンやフォークといった小物類はボウルやザルなどに入れてお湯をかけるとやりやすいですよ。

三つ目は煮沸消毒です。食器などが入るくらい大きなお鍋にお湯を沸かし、沸騰したら食器を入れて5分ほど沸騰した状態で食器を加熱して取り出します。

熱に弱い食器もあるので注意しましょう。

清潔を保つ消毒の手順3ステップ

食器類を消毒するときに忘れてはいけない手順があります。3ステップととても簡単な手順になります。

1.食器を洗剤できれいに洗う
2.消毒を行う
3.しっかりと乾燥させる

消毒をするのだから洗わなくても大丈夫ということはありません。あらかじめ丁寧に洗い清潔な状態にしてから消毒をするのが鉄則になります。また、消毒後に水滴が残った状態では、水滴の中に雑菌が増えてしまいます。

煮沸消毒の場合は、熱湯から取り出せば比較的早く水滴がなくなり乾くため自然乾燥でも構いませんが、熱湯消毒や薬品消毒の場合は食器についた水滴をペーパータオルでふき取ってから乾燥させるとよいでしょう。

まな板や包丁類は乾燥させてから日光消毒をプラスするとよりよいですよ。

まとめ

赤ちゃんの離乳食に使う食器類は、毎回消毒を行うなど神経質になる必要はありません。赤ちゃん自身が免疫力を獲得し抵抗力を高めていくためには、過度な消毒は不要ともいえます。

ただし、雑菌類が繁殖しやすい時期や赤ちゃんの体調が悪く抵抗力が落ちているときなどは消毒をすることも必要です。定期的に消毒をするようにすれば食器類を清潔に保つことができますね。

消毒を行うときには正しい方法で、食器の耐熱温度なども気を付けて行いましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj