就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4人家族の理想的な車選び!コツをおさえて快適な車を手に入れよう

4人家族の理想的な車選び!コツをおさえて快適な車を手に入れよう

子育て中は、何かと車があると便利なシーンが多いもの。子どもが移動中ぐずってしまったり、荷物が多くなったりしたときも、車なら楽々移動ができますよね。今回は、4人家族の理想的な車の選び方のコツや、おすすめのボディタイプなどを紹介します。家族みんなが快適に過ごせる車を手に入れましょう!

子育て世代に向いている車の共通点とは

スライドドアは子育て世代にありがたい設備

子どもが生まれる前と後では、車に求める条件が大きく変化しますよね。最近人気のファミリーカーには、子育て世代に嬉しいポイントがたくさんありますよ。いくつか共通点を紹介しましょう。

まずは「スライドドア」です。メリットは、ドアの開閉に必要なスペースが少ないという点。狭い場所でも楽に乗り降りができます。また、駐車場で子どもがドアを勢いよく開け「隣の車や壁にゴツン!」というアクシデントも防ぐことができるのです。

さらに電動スライドドアなら、キー操作や運転席のボタン操作一つでドアが自動で開閉するので、両手が塞がっていても乗り降りができます。中には、ドアの下に足を差し入れるだけで開く「ハンズフリー機能」もあり、より一層便利になっていますよ。

車内空間の広さがあると何かと便利

次に、室内や荷室スペースなど「車内空間が広い車」が多いという点です。特に天井が高いと車の中でおむつを替えたり、チャイルドシートに子どもを乗せたり降ろしたり、子どもの世話をするときにスムーズに動くことができます。

また、狭い空間は子どもがぐずる原因になることも。車内空間に広さがあれば、圧迫感がなくなり子どももリラックスしてくれることでしょう。

子どもがまだ小さいと、お出かけにベビーカーが必要になることがあります。また、食品や日用品はまとめ買いすることもあり、子育て世代は荷物が多くなりがちです。そのため、荷室が広かったり、シートのアレンジ次第でスペースが広げられたり、収納スペースがしっかり確保できる車を選ぶとよいですよ。

移動がしやすいウォークスルーは重宝する

車を停車させてから、車内で子どもの世話をしたり、目的地に出かける準備をしたりすることがありますよね。そのため子育て世代の車には、運転席や助手席から後部座席に移動がしやすい「ウォークスルー」が重宝します。

後部座席がウォークスルーであれば、2列目のシートを倒さずにそのまま3列目に座ることができ、スムーズな乗り降りが可能です。

また、2列目に赤ちゃんとママ、3列目にまだ小さなお兄ちゃんやお姉ちゃんを座らせたとしても、3列目の様子が確認しやすく安心です。停車時に「ママが2列目と3列目を移動してどちらかの世話をする」ということもできます。ウォークスルーは、まさに子育て世代が車内でどれだけ快適に過ごせるか、を追求した機能といえますね。

1台で完結する理想的な4人家族の車

コスパを重視するなら軽ミニバン

色々な車のボディタイプがあるなか、子育て世代に人気が高いのが「ミニバンタイプ」。一般的にミニバンとは、ボンネットに出っ張りがないワンボックスカーに対して、1.5BOX、2BOXと呼ばれ、後部座席とトランク部分に仕切りがなく、車高が高いのが特徴です。

ここからは、子育て世代に理想的なミニバンをいくつか紹介しましょう。まずは、コスパを重視するなら「軽ミニバン」がおすすめです。

人気車種には、ホンダ・N-BOX、スズキ・ワゴンR、ダイハツ・タントなど。なかでも、圧倒的な車内の広さが売りのN-BOXは、常に販売台数上位に入る人気車種となっています。軽自動車ならではの低燃費や維持費の安さ、小回りの利きやすさなども軽ミニバンの魅力ですよね。

快適性とコスパのいいとこ取りはSミニバン

次は、サイズをコンパクトに抑えつつもミニバンの利便性を持ち合わせた「Sサイズのミニバン」を紹介します。人気車種には、ホンダ・フリード、トヨタ・シエンタなどを挙げることができます。

いずれもコンパクトカー並みのサイズでありながら、3列シートを搭載し、維持費もミニバンの中では控え目です。快適性とコスパのいいとこ取りの車といえますよ。

家族の「ちょうどいい」を叶えるフリードは、7人乗りながら5ナンバーサイズに収め、燃費と強い走りの両方を兼ね備えたミニバン。シートアレンジも多彩で、3列目までウォークスルーにすることもできます。また、個性的なデザインのシエンタは、なんといっても他社を圧倒する燃費のよさが売りです。

車中泊も叶うMサイズとLサイズミニバン

最後は、ゆったり乗れて車中泊も叶う「Mサイズ」「Lサイズ」のミニバンを紹介します。Mサイズのミニバンの人気車種としては、ホンダ・ステップワゴン、トヨタの兄弟車・ノア、ヴォクシー、エスクァイア、日産・セレナなどがあります。

Lサイズのミニバンの人気車種では、ホンダ・オデッセイ、トヨタ・アルファード、日産・エルグランドなど。Mサイズ・Lサイズともに、シートをフルフラットにできるものが多く、キャンプのときなど車中泊が可能です。近年のアウトドアブームにも、おすすめの車となっています。

いずれも、大人の多人数乗車を基本に考えられている車なので、家族4人であれば広さは十分。安全装備に最先端技術を搭載している車もあり、より安心ですね。

2台持ちをする場合のベストマッチは?

軽とミニバンは子育て世代の黄金コンビ

住んでいる場所や生活スタイルによっては、車が2台必要になることもあります。車を2台持つときのベストマッチな組み合わせには、どのようなものがあるのでしょうか?いくつか紹介します。

まずは、子育て世代の黄金コンビ「軽とミニバン」です。近所の買い物や送り迎えなどには、小回りが利き運転しやすい軽自動車がとても便利。狭い駐車場でも、軽なら駐車が苦になりません。そして休日の家族とのお出かけには、荷物がたくさん積めて、広さが確保できるミニバンが大活躍します。

子育ての様々なシーンに合わせて、最適な車を使用することができるので、子どもを連れてのお出かけがずっと楽になりますよ。車を使い分けることで、育児や家事の効率もアップするとよいですよね。

パパ満足のSUVと家族用ミニバンのセット

車にこだわりがある男性は多いもの。ミニバンもよいけれど「スポーティーな車に乗りたい」と思っているパパもいるかもしれません。そこでパパが満足する「SUVとミニバン」のセットも選択の一つに入れてみましょう。

SUVには、力強いフォルムと高めの車高、広い荷室を持ち、アウトドアやスポーティーさが感じられる車種が多くあります。たとえば、ホンダ・ヴェゼル、マツダ・CX-5、トヨタ・ハリアーや C-HRなど。子どもがいてもスポーティーに乗りこなしたいパパには、おすすめですよ。

家庭用にはミニバンがあるので、大きなものでなくてもよいでしょう。5人乗りのコンパクトサイズを選べば、ママでも運転しやすく、お買い物や子どもの送迎に活躍してくれます。

外車と軽自動車で維持費バランスを取る

好みの車メーカーがあるように、外車が好きという人もいますよね。しかし外車は、車検代や修理代など、日本車と比べて比較的費用がかかる傾向にあります。その場合は、軽自動車とセットにして、維持費のバランスを取ってみましょう。軽自動車との組み合わせなので、外車はファミリータイプがよいですよ。

たとえば、
・シトロエン グランドC4スペースツアラー
・BMW アクティブツアラー、グランツアラー
・メルセデスベンツ V-Class
・フォルクスワーゲン シャラン、ゴルフ
などがあります。

上記の高級車とはまた違った可愛らしさを持つ「ルノー KANGOO」もコンパクトながらも広々空間で、子育て世代におすすめです。

まとめ

子育て世代の車選び、家族みんなが笑顔になる車を選ぶためにも、パパやママが欲しい車、予算、必要な設備など、様々な角度から検討してみましょう。買い物に行くとき、週末のレジャー、遠くへ旅行に行くときなど、車を利用するシチュエーションを考えることも、失敗しない車選びには必要ですよ。

一昔前は、パパが担当することが多かった車の運転ですが、近年ではママが運転する機会が増えています。そのため、ママの運転のしやすさも考慮して車選びをしてくださいね。家族みんなが快適に過ごせる車が見つかるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj