就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの髪の毛を保存しよう!加工の方法や記念品の作り方をご紹介

赤ちゃんの髪の毛を保存しよう!加工の方法や記念品の作り方をご紹介

「初めてカットする赤ちゃんの髪の毛」は、一度しかない記念の髪。記念品であれば昔から有名なのは「赤ちゃん筆」ですが、最近ではほかにも様々な方法があります。そこで今回は赤ちゃん筆やそれ以外の記念品について、またママの手作りで保管するアイデアなどをご紹介します。

生まれて初めてのカットについて知ろう

初めてカットした髪の毛を保存する理由

「生まれて初めてカットする赤ちゃんの髪の毛を記念品に」と考えるママやパパは多いですね。記念品では「赤ちゃん筆」が昔から有名です。

髪の毛を筆に加工する習慣は、約300年くらい前に中国から渡ってきました。この筆は実際に使用するものではなく、赤ちゃんが「頭脳明晰」「健康長寿」「上手に字が書ける」ように成長することを願って作られる記念品です。

初めてカットした髪を使用する理由は、毛先が自然と細くなっているからです。きれいな筆を作るのに適していて、一度でもカットした髪の毛の毛先ではこの形になりません。

現在では筆以外にもたくさんの保存法があります。大切に飾ったりアクセサリーにして身につけたり専用の箱に入れて保管したりと様々なようです。

保存するための量と長さはどれくらい必要?

初めてカットする赤ちゃんの髪の毛で筆を作る場合、ある程度の量と長さが必要になります。

一般的な大きさの筆であれば、長さ5cm以上の髪の毛を束ねて直径8mm以上が必要です。筆より小さい小筆や紅筆を希望するなら、必要な量や長さは少なくなります。

癖毛で筆を作る場合も、同量でできれば5cm以上の長さが必要です。直毛にして仕上げてもらえますが、会社によっては癖毛のまま個性的な筆に仕上げてもらうこともできます。

筆以外では、カットした髪をケースに入れて保存したり、フレームに入れて飾ったり、アクセサリーに加工して持ち歩いたりするママもいるようです。この場合、量や長さに決まりがなく、短く少量でも作成できるものがほとんどです。

美容院で記念品を作ってもらえることも

美容院や理容院で赤ちゃんの髪の毛を初めてカットするとき、お店によっては記念品を作ってもらえる場合があります。興味のあるママは、ぜひ予約時に確認してくださいね。

記念品は、例えば初めてカットした一束の髪の毛をかわいいボックスに入れたものや、カット後の赤ちゃんの写真と髪の毛を専用の厚紙に張りつけたものなどです。お家に飾ったり保存したりすることができます。

またカットの最初の一切りをパパやママがさせてもらえたり、カットの様子をビデオで撮影できたりするお店もあります。記念品ではないですが、どちらも嬉しいサービスですね。

美容院や理容院で「赤ちゃん筆」の作成を依頼できるお店もあります。興味があればぜひ問い合わせてくださいね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

筆などの加工品を作るならプロにお任せ

赤ちゃん筆は種類も値段もさまざま

「赤ちゃん筆」は初めてカットする赤ちゃんの髪の毛の加工品として、多くのママやパパに選ばれています。赤ちゃん筆を入手する方法は主に二通りです。

一つが自宅や美容院などでカットした髪の毛をママやパパが自ら専門店に郵送して作成してもらう方法。もう一つが、専門店と提携している美容院などに、カットから作成までをすべてお任せする方法です。

気になる相場は7,000~20,000円で、10,000円前後が最も売れ筋のようです。価格は筆の太さやデザイン、また箱などによって大きく変わります。

専門店はによっては様々なタイプの筆や、筆以外の記念品を作成してもらえます。「赤ちゃん筆」「胎毛筆」などで検索して、お気に入りの店を見つけてください。

ペンダントやストラップにしてお守りに

初めてカットした赤ちゃんの髪の毛を保存する習慣は、日本や中国だけのものではありません。筆ではありませんが、ヨーロッパにも「ヘアジュエリー」として保存する習慣があるのです。

中世ヨーロッパの貴族の間で流行していたヘアジュエリーは、赤ちゃんの髪(ヘア)をペンダントなどのジュエリーに加工したものでした。大切にし、おしゃれに楽しんでいたようです。

最近では日本でもクリスタル(本水晶)に髪の毛を入れて、ペンダントやストラップに加工して持ち歩く人が増えつつあります。

もともと赤ちゃん筆には、お守りとしての意味合いが込められていました。髪の毛を入れたペンダントやストラップであれば、もっと身近にお守りとして持つことができますね。

お部屋に飾れるフレームもおすすめ

赤ちゃんの髪を記念品としておしゃれに飾りたいなら、専用のフレームを利用してみませんか。専用の品なので、カットした赤ちゃんの髪の毛をママが自分でセットすることができて手軽ですよ。

人気の商品は5,000円前後で、購入したフレームに名前や生年月日、出生時の体重などを刻印してもらえるサービスもあります。またプレートには写真を挟めるものもあり、気に入った赤ちゃんの笑顔と保存したい髪の毛を一緒に飾ることができますよ。

簡単な作りのフレームであれば2,000円程度から購入できます。あまりお金をかけたくないけど記念に髪の毛をとっておきたいママは簡単なフレーム、しっかり思い出に残したいママは刻印入りなど、用途によって選んでください。

手軽にできる手作り記念品とケース

100均の商品を使っておしゃれに保存

プロの技術や専用の商品を使って記念に残すのもよいですが、アイデア次第ではママの手作りでステキに保存ができますよ。

プチプラでシンプル、かつおしゃれに保存したいのであれば、100均で購入した小瓶に髪の毛を入れてはどうでしょうか。小瓶の首の部分をリボンで飾ったり、リボンにベビーリングを通したりすることで特別感が出ますよ。

100均にある写真立てでもおしゃれな記念品にできます。思い出の写真と一緒に挟んで、楽しく飾ってください。

手作りで髪の毛を保存するときには、湿気に注意してください。髪の毛は湿気に弱いので、小瓶であればシリカゲルなどを下に敷き詰める、また写真立ては吸水性のある和紙をベースに敷くなどするとよいですよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事