就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳のコミュニケーション能力は?言葉の発達や友だちとの関わり方

5歳のコミュニケーション能力は?言葉の発達や友だちとの関わり方

自分でできることがグッと増える5歳頃は、コミュニケーション能力がどんどん育まれる時期です。円滑な人間関係を保つためにも大切なコミュニケーション能力をさらに高めるにはどういったことが大切なのでしょうか?5歳児の発達や友だちとの関わり方などと一緒にチェックしていきましょう。

5歳の子どもの言葉の発達の目安

自分の気持ちを言葉で伝えられるようになる

幼稚園や保育園での最年長となる5歳児はさまざまなことが理解できるようになり自分でできることが増えます。会話の発音もはっきりとしてきて、赤ちゃん言葉を使うことも減ってくるでしょう。そのため、自然な会話ができるようになります。

また、自分の思っていることや感じたことをスムーズに言葉に変換できるようになります。自分の気持ちを言葉で伝えられるようになるということですね。

しかしながら、「感情のすべてを上手に表現できるか」というとまだまだむずかしい面も多く、自分の気持ちをうまく伝えられずに悲しい気持ちになることも多いでしょう。そんなときは、ママやまわりの大人が子どもの気持ちに耳を傾けて、きちんと受け止められるようにしたいですね。

口答えや屁理屈など口が達者になってくる

できることが増えるため周囲からの期待を感じつつも、まだまだ甘えたい時期でもある5歳児は、自分と周囲とのバランス関係が乱れると反抗的な態度をとることが増えてきます。

これは「中間反抗期」と呼ばれる、成長の証なのですが頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか?

この中間反抗期の特徴に、「口答えや屁理屈」などがあります。5歳児の場合、イヤイヤ期の2歳児のような「だめ!」「嫌だ!」という口答えに加えて、口が達者になっているため「うるさいな~!」「今やろうと思ったの!」など小生意気な言い方をすることが増えてくるでしょう。

特におしゃべりな子が多い傾向がある女の子の方が、屁理屈を並べて反抗することが多いようです。

質問に自分なりの言葉で返答できるように

一般的に子どもというのは、3歳頃には自分と同じくらいの年齢の子どもと会話するようになり、4歳頃では文脈を意識して話をするようになります。

そして、説明能力がついてくる5歳頃には、より相手を意識した会話ができはじめるのです。また、比較的くわしい説明能力がついてきて、質問に対して自分なりの言葉で答えることができるようになるのも5歳児の特徴といえます。

なお、質問に対する受け答えができるようにはなりますが、聞かれたことに対して子どもがうまく答えられなくても、ママは熱心に聞いてあげましょう。

子どもに「伝えよう」という意識を持って話をさせることで、子ども自身が相手の言葉も大切にするようになり、人の話を聞ける子になるのです。

5歳の子どもの友だちとの関わり方

友だちが泣いたり怒ったりすると声をかける

日々の生活の中でたくさんの友だちと関わることで、喜びや悲しみ、嬉しさ、悔しさなどの感情を、相手の表情から読み取ることができるようになってきます。

そういう気持ちになった理由や経緯を、子どもが自分自身の経験や想像力によって考えられるようになるのですね。

そのため、友だちが泣いたり怒ったりしているところを見かけると、自分から友だちの気持ちに合わせた行動を行うために声をかけるようになるのです。

話を聞いたりなぐさめたりと、子どもが具体的にどのような行動をするのか、という点は個性によって違いはありますが、どういった対応が適切なのかを自分で考えながら行動することで相手を思いやる気持ちがだんだん身についていきます。

意見が食い違うとき言葉を使って調整できる

子どもは成長過程で自分の気持ちを言葉で伝えられるようになりますが、自分の意図が相手にうまく伝わらず悔しい思いを経験することもあります。

特に5歳頃の子どもは日々の生活や経験から、自分なりに納得のいく考え方で物事を判断する基礎を培っている最中です。友だちとのやりとりから「思いやりの心」「社会や集団のルール」なども学び、けんかなどのトラブルへの対応方法や心の収め方を身につけていきます。

そして、自分の思いが通らない場合や、意見が食い違った場合に言葉を使って調整することができるようになるのです。自分に譲れない意見があるように、ほかの人にも同じように譲れない考え方があることを理解し、互いに尊重できる柔軟性を育みます。

友だちとけんかするようになる

ママやパパは子どもに対して、「みんなと仲よく遊びけんかをしないでほしい」「人の気持ちがわかる思いやりのある子になってほしい」と願うでしょう。しかし、そうなるためには必要なプロセスがあります。

3歳頃では「おもちゃを取った、取られた」という原因が単純なけんかが多いです。けれども、4歳以降は人間関係が少しずつ複雑になり、自分の思いを言葉にできるようにもなるため言葉によるトラブルが増えてきます。

一方でトラブルが起きても子ども同士で解決できるようにもなっていきます。これは、けんかを通して相手と交渉したり、解決法を提案したりする力を少しずつ身につけていくからなのです。けんかによって人間関係を学び、コミュニケーション能力を養うのですね。

コミュニケーション能力を高めるためには

ストーリー性のある童話や絵本を読もう

3~5歳頃は童話や絵本のストーリーの理解度がだんだんとあがってくる年齢なので、ストーリー性のある童話や絵本を積極的に読み聞かせしましょう。

理解することがむずかしくても、未知のものに対して興味を持つ時期なので、興味を示すようであればストーリーや言葉の意味のすべてはわからずとも読み聞かせするとよいですね。

絵本によって語彙力がアップすることはコミュニケーション能力を高めることにつながります。小学校で勉強するようになれば、国語力などにも関係するでしょう。

また、絵本の読み聞かせによって、子どもは親からの愛情を感じとることができるため、自己肯定感が高まります。それに比例してコミュニケーション能力も高まるとされています。

しりとりやだじゃれを一緒に楽しもう

コミュニケーション能力の高い子どもに育てるには、子どもの語彙力を養うことも大切です。語彙力の高い子どもは言葉や文章、人の話を理解する力に優れていて発話量も多くなります。それがコミュニケーション能力の高さにつながるというわけです。

語彙力を養うためには、たくさんの言葉に触れる機会をつくることがおすすめです。そこでママやパパと一緒に、しりとりやだじゃれなどの言葉遊びを楽しみましょう。

しりとりは単純な遊びではありますが、相手の言葉を聞きとる「聞く力」と、ルールに従ってイメージしたものを言語化するという「話す力」が鍛えられます。また、だじゃれは同意語や同音異義語を学べるので、語彙力が高まるでしょう。

子どもの会話に耳を傾けて家族団らんしよう

幼少期の子どもは、ママやパパなど周囲の人との会話をすることで言葉を吸収していきます。自分なりの言葉で表現できるようになるためには、周囲の人が子どもの話にしっかりと耳を傾けて最後まで話を聞くことが重要なのです。

自分の話をきちんと聞いてもらえるという安心感を得ることで、子どもは自信を持って安心して自分の言葉で気持ちを伝えられるようになります。これは、コミュニケーション能力を高めるためにも大切なことです。

このように会話をして家族団らんの時間を楽しむことは、親子の絆も深めてくれるでしょう。また人間形成の大切な時期である幼児期に、家庭内のコミュニケーションによって子どもの会話力を高めることは子どもの健やかな成長を促します。

まとめ

多くの言葉を覚えて、スムーズな会話ができるようになってくるのが5歳頃の子どもです。自分でできることが増える一方で、ママに甘えたい気持ちもまだまだあるため生意気なことをいう場面も増えるでしょう。

そんな5歳児は友だちとけんかもしつつ、さまざまな遊びなどを通してコミュニケーション能力を築いていきます。家庭でも積極的に絵本の読み聞かせや言葉遊びを取り入れることで語彙力や会話力を育み、子どものコミュニケーション能力を高めていきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR