就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳で腕が痛いをなくそう!ママの体に優しい添い乳のコツを伝授

添い乳で腕が痛いをなくそう!ママの体に優しい添い乳のコツを伝授

腕を痛めないおすすめの添い乳方法とは

二の腕をうまく使って頭を固定する

ママが楽な姿勢で添い乳をするためには、まず始めにママは赤ちゃんと向かい合うような姿勢になって横向きで布団の上に寝ます。このとき、下になる腕をママと赤ちゃんの間に出していると、ママに負担がかかる姿勢になってしまいます。

添い乳では、腕を曲げた状態にすると楽です。腕を曲げたママの二の腕に、赤ちゃんの頭を乗せてみてください。また、二の腕にママの頭を乗せると頭を固定することができるので、腕や首筋、肩を傷めるリスクが減っておすすめですよ。腕を伸ばしたままで添い乳をすると腕がしびれてきたり、だるくなってきたりするようです。

添い乳のときには、足を曲げておくとリラックスした体勢になります。上になった足だけを曲げても、両足とも曲げても構いません。

タオルやクッションで体を支える

ママが楽な姿勢で添い乳をするためには、二の腕の使い方のほかにも授乳クッションで体を支えるという方法があります。バスタオルや座布団でも大丈夫です。

ママが腕枕をしたときに、赤ちゃんの頭の高さがママにとってちょうどよい高さになるとは限りません。もし赤ちゃんの頭の高さが低くて添い乳がしづらいときには、赤ちゃんの体の下にタオルや授乳クッションを置いて高さを調節してください。

また、枕や座布団を使ってママの頭を高くすることで、ママの負担を楽にすることができます。この姿勢は、赤ちゃんの様子がよくわかっておすすめですよ。

添い乳でタオルを使うと、母乳がこぼれてシーツや衣類が汚れたときにすぐに拭くことができます。

両乳を交互にあげて圧迫時間を分散

いつも同じ向きで添い乳をしていると、片方のおっぱいしか飲まなくなってしまうことがあります。このようなことにならないためにも、両乳を交互にあげて圧迫時間を分散させることが大切です。

添い乳をするときには、下にあるおっぱいから赤ちゃんに飲ませてください。そしてある程度飲んだら、上にあるおっぱいを飲ませます。

このとき、ママの姿勢を少し変えて上のおっぱいが赤ちゃんの口の位置になるように調節しましょう。腕を痛めないために、タオルやクッションを使ってママが楽な姿勢になれるように工夫をしてくださいね。

同じ姿勢で両乳を交互にあげるのが難しいときには、ママが赤ちゃんの反対側に移って赤ちゃんの向きを変え、下にあるおっぱいを飲ませる方法もあります。

まとめ

可愛い我が子の子育てとはいえ、深夜の授乳が続くとママは寝不足になってイライラが募るばかりです。ママにとって負担の大きい授乳を少しでも楽にするためには、添い乳は有効です。

添い乳には、赤ちゃんの窒息の危険性や頻回授乳になるなどのデメリットがありますが、赤ちゃんが喜ぶ添い乳のメカニズムを知ってリスクを低くすることは可能です。ママの体に優しい添い乳のコツを理解して、少しでも負担を軽くする参考にしてくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版