就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期にシャボン玉遊びをするねらいとは?親子での楽しみ方と注意点

幼児期にシャボン玉遊びをするねらいとは?親子での楽しみ方と注意点

青い空にフワフワ飛んでゆくシャボン玉を見ていると、まるで自分が空を飛んでいるようで、空想が膨らみます。気持ちまでフワフワにしてくれる不思議な遊びですね。よく調べてみると、シャボン玉遊びには色々な秘密がありそうですよ。シャボン玉遊びが幼児に与える影響や親子で楽しむ方法についてまとめていきます。

幼児期のシャボン玉遊びに秘められたねらい

シャボン玉は好奇心、想像力を養う

シャボン玉はよく見ると不思議です。ただの液体が息を吹きかけるだけでまん丸に膨らみ、風に乗って空に舞い上がります。捕まえようとすると逃げていき、捕まえたとたんに跡形もなく消えてしまいます。

そんな不思議な物体ですから、シャボン玉は幼児期の子どもの好奇心を強く刺激します。素直な驚きと疑問が生じて、科学的なものの見方を育てますよ。

また、シャボン玉は、天気や光の当たり方次第で、色々な表情を見せてくれます。虹色に輝いたり、無色透明になったり、角度によって色が変わったりして七変化します。子どもたちの想像力を養うのにピッタリですね。

そして、息の吹き方を変えてみたり、シャボン玉液の量を変えてみたりすることで、遊びを工夫する楽しさも経験していきますね。

シャボン玉は言葉の発達を促す

シャボン玉遊びは、子どもの口の運動能力を高める効果があるといわれていますよ。口の運動能力が高まると、言葉がしゃべれるようになります。

言葉をうまく発声するためには、唇や口の動き、息のはき方、あごの筋力などが必要になってきます。まだ未発達な赤ちゃんにとっては、とても高度なことですね。

そして、音の違いをはっきり表現するために、微妙な息づかいのコントロールも必要です。これらがうまく連動して、初めて言葉が話せるようになります。

シャボン玉を作るためには、ストローを口にくわえて、舌で固定し、そっと息を吐き出す必要がありますよね。これらは言葉を話すときの動きと似ています。シャボン玉遊びは、言葉の発達を促すための、よいトレーニングになっていますね。

シャボン玉は運動神経を鍛える

外の広い場所でシャボン玉遊びをすると、子どもは、シャボン玉を夢中で追いかけて走ったり、手を大きく広げて捕まえようとしたり、しゃがんでジャンプしたり、叩く蹴る踏むなど、自然に運動量が増えますよね。シャボン玉そのものが、なんだか無視できない存在です。

そんな遊び方をしているうちに、自然に運動神経が鍛えられていきます。楽しくて夢中になっているので、疲れも忘れていることがありますね。「身体を鍛える」のではなく「楽しく身体を動かす」ことになるので、長続きします。

そして、シャボン玉遊びは、呼吸筋も鍛えてくれるそうです。呼吸筋とは、肺呼吸するための筋肉の総称ですが、専門家によると、この呼吸筋を鍛えるためには、息をゆっくりはくシャボン玉遊びが最適だそうです。

親子でシャボン玉遊びを楽しもう

0歳児から楽しめるシャボン玉遊び

0歳児から楽しめる、シャボン玉遊びを紹介します。0歳児ですから、まだストローなどは使いませんよ。パパやママと一緒に遊びます。

初めてシャボン玉を見る赤ちゃんは、最初は戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れて、目でシャボン玉を追ったり、手を伸ばしたりして、興味を示してくれます。赤ちゃんが興味を持ち始めたら、すかさず、大きなシャボン玉や細かいシャボン玉など、色々なシャボン玉を飛ばして見せてあげましょう。

手を伸ばして捕まえようとしたら、抱っこして近くで見せたり、一緒に追いかけてあげたりしても喜びますよ。目の前で吹いてあげるのもよいですね。

遊ぶときには、顔や口の周りに当たらないように気をつけてあげましょう。手や指につくぐらいなら別に心配はいりませんよ。

追いかけたり、自分で作る楽しさを感じよう

歩いたり走ったりできるようになったら、シャボン玉鬼ごっこをしましょう。怪我しないように広い場所で遊んで下さいね。

まず、子どもがいる場所から少し離れて、シャボン玉を飛ばします。何もいわなくても、子どもはシャボン玉を目指して駆け寄ってきますよ。

子どもがシャボン玉に追いついたら、今度は反対側に向かってシャボン玉を飛ばします。今度は、そちらに向かって走り出すことでしょう。シャボン玉は捕まえた瞬間に消えてしまいますから、何度でも行ったり来たりして楽しめますよ。

やがて2〜3歳頃になると、自分でシャボン玉が作れるようになってきます。自分で作る楽しさを知ると、さらに遊び方が広がりますよ。親子で、たくさんのシャボン玉を空に飛ばして遊んで下さいね。

シャボン玉を色々なもので作ってみよう

1人で遊べるようになったら、ストロー以外のものでシャボン玉を作るのも楽しいですよ。ついでに割れにくいシャボン玉液を作っておけば、ストレスなく遊べます。

割れにくいシャボン玉液の作り方は簡単で、液の中にシャボン玉を割れにくくする成分を入れるだけです。身近なものでは、砂糖やガムシロップ、洗濯のりなどです。炭酸飲料でもよいそうですよ。

シャボン玉液の準備ができたら、身近なものでシャボン玉を膨らませてみましょう。輪っかにしたモールや、うちわの骨はどうでしょう?穴の空いたお玉や、ペットボトルの底を切り取ったものもおもしろいですよ。

針金ハンガーや小さめのフラフープを使うと、大きなシャボン玉が作れます。周りを見渡して、色々なもので試してみましょう。

シャボン玉で遊ぶときの注意点と対処法

遊ぶときは迷惑にならないように注意しよう

楽しいシャボン玉遊びですが、知らないうちに迷惑をかけていることもあります。ベランダや窓でのシャボン玉遊びを禁止しているマンションもあるほどですよ。

住宅街で遊ぶのであれば、シャボン玉の行き先に目を配りましょう。洗濯物や駐車中の車にシャボン玉がついたりしていませんか?シャボン玉が大量に落ちることで、花壇の花が枯れることもありますよ。

公園や広場で考えられるトラブルは、道路への飛び出しや、お友だち同士のぶつかり合いです。また、静かに過ごしたい人がベンチに座っているときには、そこから離れて遊ぶのがエチケットですね。

夢中になりすぎての怪我や液の誤飲の心配もありますよ。シャボン玉遊びをするときには周りの様子と子どもから目を離さないようにしておきましょう。

シャボン玉液の誤飲に気をつけよう

市販のシャボン玉液は、STマークを取得している国産の商品であれば、誤飲しても心配はいりません。手作りのシャボン玉液でも、天然成分の石鹸を使ってあれば大丈夫ですよ。

でも「シャボン玉液を飲んじゃった」となるとちょっと心配ですよね。いくら「安全だから」といわれても、100%保証されているわけではありません。なんらかのアレルギー反応が出るかもしれませんよね。

そうならないように、遊ぶときの注意点を教えておきましょう。「ストローを吸わない」「ストローを上に向けない」「ストローを逆にしない」などは知っておいた方がよいことですね。「シャボン玉液は飲み物ではない」ということも、この際はっきり伝えておいた方がよいかもしれません。

液が目に入ったり誤飲したときの対処方法

シャボン玉液が目に入ったときには、痛くても目をこすらないで、すぐに水で洗い流しましょう。10分間ほど流し続けます。小さい子どもだったら、ぬるま湯のシャワーなどがよいかもしれませんね。

シャワーがなければ、洗面器に直接顔を入れて、目を開けたり閉じたりしても、洗い流すことができますよ。外で遊んでいるときなら、近くの水飲み場の水なども使えますね。

万が一誤飲してしまったら、ゆっくりと少しずつ牛乳を飲ませましょう。牛乳の成分がシャボン玉液を無害化してくれます。牛乳がなければ、水やジュースでもかまわないそうですよ。

対処がすんだら、しばらく様子を見てみましょう。いつまでも症状が続くようなら、近くの眼科や小児科で診てもらっておくと安心です。

まとめ

幼児期のシャボン玉遊びには、秘められた効果がたくさんありそうですね。遊びながら言語のトレーニングができるなんて、一石二鳥です。やはり、昔から続いている遊びには、奥の深いものが多いですね。

また、年齢に応じた遊び方が、継続して続けられる点もよいですね。身体の成長や運動能力に合わせて、長期間一緒に遊べそうです。

しかし、夢中になっていると、周りに迷惑をかけることもありそうです。事故や怪我、誤飲などに気をつけながら、親子でいつまでも楽しく遊んで下さいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018