就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

上の子が赤ちゃんに嫉妬するときは?赤ちゃん返りの理由と対応のコツ

上の子が赤ちゃんに嫉妬するときは?赤ちゃん返りの理由と対応のコツ

家族が増えることで、家庭はますますにぎやかになり、パパとママは幸せな気持ちでいっぱいになるのではないでしょうか。しかし、そんな思いとは異なり、上の子は複雑な思いを抱いているかもしれません。上の子が赤ちゃんに嫉妬する赤ちゃん返り、その理由と対応のコツをまとめてみました。

赤ちゃんへの嫉妬は「赤ちゃん返り」

赤ちゃん返りをする上の子の気持ち

赤ちゃんの誕生が近づいてきたり、誕生後に上の子の様子がいつもと違ったりした場合、赤ちゃん返りが始まっているかもしれません。赤ちゃん返りとは、赤ちゃんを卒業したはずの子どもが赤ちゃんのころのように戻ってしまうことをいいます。

特に、上の子が初めての子の場合、パパとママ、おじいちゃん、おばあちゃんなどの多くの人の愛情を自分ひとりで感じていたものが、下の子に取られてしまったと感じてしまいます。いつでも最優先で対応してもらっていた状態が、赤ちゃんの次になってしまうことに嫉妬心を抱いたり、悲しくて泣いてしまったりすることも珍しくありません。

パパママからしてみれば「なぜ?」と思うようなことでも、上の子の心には大きなダメージを与えていることもあります。

赤ちゃん返りでみられる様々な行動

赤ちゃん返りでみられる行動は一人一人個人差が大きく、一概にこれといったものはありません。しかし、これまで自分でできていたことができなくなってしまったり、パパやママにやってほしいと甘えるようになったりといったケースが多いようです。

・一人歩きができているのに、抱っこをしてほしいとせがむようになる
・トイレトレーニングが完了しているのにお漏らしをすることが増えた
・自分で着替えることができていたのに、着替えさせてほしいというようになった

など、パパやママの注目を取り戻そうと一生懸命になります。なかには、赤ちゃん返りをせずに下の子のお世話を積極的に手伝ってくれる子もいるようですが、ときには寂しい思いを抱いていることもあるようです。

気持ちに寄り添い、長い目で向き合おう

赤ちゃんが小さければ小さいほど、どうしても手がかかりますし、ママは自然と赤ちゃんの方へと注目しがちになります。下の子が産まれてからは、何ごとも上の子を優先するようにした方がよいといった話もありますが、泣き声を聞いてしまうとどうしても下の子を先にとなってしまいがちです。

そのような状態が続くと、上の子は下の子に対して強い敵対心を抱き、わがままをいったり、下の子にいじわるをしたりすることがあるかもしれません。しかし、決して叱ったりせず、気持ちに寄り添い長い目で向き合うようにしてください。

赤ちゃん返りは、「家族が増えた」という状態に心が追い付いていない状態でもあります。時期が過ぎれば徐々に落ち着いてきますので安心してくださいね。

赤ちゃんへの嫉妬心を和らげる言葉がけ

赤ちゃんの目線から上の子に声をかける

赤ちゃんに対する嫉妬心を和らげる方法として、赤ちゃんの目線から上の子に声をかけてみるのがおすすめです。例えば、ママが上の子になにかしてもらいたいときであっても、「赤ちゃんがこういっているよ」と伝えてみましょう。

そして、上の子がなにかしらのアクションをしてくれたら、「おにいちゃん(おねえちゃん)ありがとう」とまるで赤ちゃんがいっているかのように伝えれば、上の子も喜んでくれるかもしれません。

赤ちゃんは自分のことが大好きなんだという自覚が芽生えれば、赤ちゃんを守ろう、大切な家族なんだという思いも湧いてくるはずです。赤ちゃん返りが落ち着くまでは、上の子を少しだけ持ち上げるようなイメージで接すると効果的かもしれませんね。

上の子にお世話の許可をとってみよう

パパママが下の子のお世話をする際に、上の子にお世話をしてもよいか許可をとってみるのも効果的です。おむつ交換や授乳などお世話をするタイミングがありますよね。「赤ちゃんはなんで泣いているのかな?」と上の子に意見を聞いてみるのもおすすめです。

もしも、お世話をしてはいけないといわれてしまったときには、急を要しない場合のみ赤ちゃんをしばらく泣かせておき、上の子の思いに耳を傾ける時間をつくってみましょう。上の子の気持ちが落ち着けば、次は下の子のお世話を納得してくれるかもしれません。

その都度上の子の許可をとることはママにとって面倒だと感じてしまうかもしれませんが、しばらくすれば上の子が自ら赤ちゃんの思いを代弁してくれるかもしれませんね。

上の子への愛情をしっかりと伝える

パパママの思いとしては、上の子も下の子も、同じくらい愛しい存在ではありますよね。しかし、子どもの思いとしては、接してくれる時間が短くなってしまったり、手をかけてくれることが少なくなってしまったりすることで、自分はもう愛されていないのではと勘違いしてしまうこともあるようです。

上の子にそのような感情を抱かせてしまわないためにも、これまで同様、上の子にも愛情があるということをしっかりと伝えることが大切です。1日1回、ギュッと抱きしめたり、大好きだよと伝えたりするのもよいでしょう。

また、赤ちゃんにしていることは上の子にもしていたんだよとお話をしたり、写真やビデオを一緒に見てみたりするのもおすすめです。

子どもに合わせた対処法で乗り切ろう

ママに甘えられる2人だけの時間をつくる

赤ちゃん返りは時間が経てば自然と落ち着いてくることがほとんどです。しかし、上の子はパパママの想像を超えるストレスを感じていることも多く、情緒不安定な状態が続いてしまうかもしれませんね。

上の子の不安を少しでも減らすためには、ママに思いっきり甘えられる2人だけの時間をつくることもポイントです。パパがいるタイミングで下の子を見ていてもらい、上の子とお出かけをする、下の子のお昼寝中には抱っこをしてお話をするなどもおすすめですよ。

上の子の年齢が上がると、自分の気持ちをママに伝えることができず、自分で抱え込んでしまうこともあります。ママの方から積極的に接するようにして心のケアをしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC