就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬服は何枚着せるとよい?室内やお出かけのときの選び方

子どもの冬服は何枚着せるとよい?室内やお出かけのときの選び方

冬の寒さから子どもを守るためには、冬服は何枚くらい着せればよいの?また、室内やお出かけのときの服装はどのように選べばよいの?今回はそんなママやパパの疑問にお答えします。子どもの冬服選びのポイントを知って、健康で元気に冬を過ごさせてあげましょう。

ポイントは体温調整ができること

大人より1枚少なめがベスト

冬の寒さから子どもを守るためには、どのような服装がふさわしいのでしょうか?大人と同じように厚着をさせたいところですが、厚着は子どもにとってふさわしい服装とはいえません。

子どもは、大人よりも体温が高い傾向にあります。また、動きが活発なので体温の変化が大きいのが特徴です。暖かな部屋で大人と同じ枚数の服を着ていると、冬でも汗をかいてしまいます。

ですから、子どもの冬の服装は、大人よりも1枚少ないのがベストです。冬だからといってママと同じ枚数では汗をかいてしまいます。その結果、体が冷えて風邪をひいてしまうことだってあるかもしれません。

ただし、子どもの体温や寒さの感じ方には個人差があります。我が子の様子を見て、服の枚数を調節してあげましょう。

着せすぎと薄着しすぎの判断

祖父母からは風邪をひかせないためにもっと厚着をさせた方がよいといわれる一方、ママ友や助産師さんからは厚着をさせる必要はないといわれたりして、悩んでいる人はいませんか?

正しい服の着せ方のポイントは、子どもの顔色と機嫌です。たとえ手足が少しひんやりとしていても、顔色と機嫌がよくて体が温かければ正しい服装といえます。

子どもの顔が火照っていて、頭や背中に汗をかいているようであれば着せすぎています。反対に、体全体が冷えていたり唇が紫色に変わっていたりすれば薄着しすぎといえるでしょう。

また、子どもが自分から脱ぎたがったら、ママやパパが寒いと感じても1枚脱がせてあげましょう。無理に着せるのではなく、その後の様子を見守ってあげることが大切です。

肌着は素材と機能性重視

子どもの冬の服装で、肌着選びも大切です。素材と機能性を重視した肌着を選んであげましょう。

冬の肌着は、綿素材がおすすめです。綿は肌触りがよくて吸湿性にも優れています。オーガニックコットンであれば体に優しく、機能性が高くなりますが、価格が少し高くなってしまいます。

また、絹素材の肌着は綿よりも吸湿性に優れ、断熱効果も高いので体を温めてくれます。私たちの肌と同じタンパク質でできているので、肌に優しい素材です。

一方、機能性の高い化学繊維の肌着も人気があります。ただし、レーヨンやポリウレタン、ナイロンなどの化学繊維の肌着は吸湿性が悪く、汗をかきやすくなってしまいます。さらに、子どもの肌への刺激も強いので、避けた方がよいでしょう。

ポカポカお部屋での冬服の選び方

お部屋での汗による冷えに注意!

子どもは大人に比べて体温が高いため、お部屋で汗をかきやすくなります。もし子どもが汗ばんでいるようであれば、服を1枚脱がせてあげましょう。

お部屋で活発に動いている子どもは、薄着であっても寒さを感じずに遊んでいます。ただし、0歳児の赤ちゃんは活発に動くことがほとんどないので、少し厚着でもよいかもしれません。

特に気をつけなければいけないことは、外出先で電車やスーパーマーケットなどの室内に入ったときです。よく外出着のままの子どもを見かけますが、汗で体を冷やしてしまいます。気温に合わせてこまめに衣服の調節をしてあげることが大切です。

もし寒さが気になるようであれば、子どものお腹や背中に手を当ててみてください。適度な温もりがあれば、心配はいりません。

着脱がスムーズな服を選ぶ

暖房がきいたお部屋では、子どもに厚手の上着を1枚着せるよりも、温度調節のしやすい薄手の服を重ねて着せてあげましょう。

汗で濡れたままの服でいると、風邪をひいて体調を崩してしまいます。顔や背中に汗をかいていたら、早めに1枚脱がせて体温調節をしてあげましょう。

厚手のセーターやトレーナーを着せると、動き回って汗をかいたときに不便です。また、つなぎの服やオーバーオールも、汗をかいて服を着替えるときにとても面倒です。

前開きのファスナーの服であれば、着替えが面倒ではありません。ボタンのある服だと、着脱がスムーズにはできなくて不便です。

子どもは、自分で衣服の調節をすることが苦手です。子どもの様子を見ながら衣服の調節をしてあげることが大切です。

お部屋での靴下は滑り止めつきを選ぶ

暖房のきいたお部屋では、靴下で暑さを調節するのも一つの方法です。寒いようであれば靴下を履かせ、暑いようであれば靴下を脱がせてあげましょう。

手や足には多くの血管が集まっていて、体の中でも体温を調節する能力が高い場所です。靴下1枚でも、体温を調節してくれます。

中には常に素足でいる方が丈夫な体になると考えている人もいるようですが、決してそのようなことはありません。寒くても素足でいさせるのではなく、ママやパパがその子の様子を確認しながら靴下を履かせてあげてください。

なお、子どもの靴下を選ぶときには滑り止めのついたものを選んであげましょう。滑り止めのついた靴下であれば、子どもが元気に動き回っても滑って転んでしまう心配が少なくなります。

寒い外遊びのときの冬服の選び方

子どもが動きやすい服装を

たとえ寒い冬であっても、子どもは外で元気よく遊びます。外遊びは子どもの体温調節機能を高め、丈夫な体になっていくのです。

ですから、寒い外遊びのときでも動きやすい服装にしてあげてください。公園での外遊びのときには、室内着の上に薄地のアウターを1枚プラスするだけで十分なくらいです。

ただし、外遊びが大好きで活発に動き回る子と、おとなしくブランコに乗ったり砂遊びをしたりする子どもとでは服装も変わってきます。ときどき首の後ろに手を入れたりして、冷えていないか確認しましょう。

寒い外遊びのときの冬服には、首や手首が体にピッタリとしている長袖がおすすめです。首や手首の部分が体にフィットしている服を着ていると、薄手の生地であっても保温性や保湿性が高まります。

外遊びでは安全性も大切

寒い外遊びのときの冬服を選ぶ際には、安全性も大切です。フード付きのパーカーや紐などの飾りの付いた服では、大きな怪我を招いてしまうことがあります。

特に、公園の遊具で遊ぶときの冬服には注意をしてください。これまでにも、フードや服の紐が滑り台の手すりに引っかかって首が締め付けられ、痛ましい事故につながったという報告が数多くあります。

また、寒いからといって裏起毛の服を着ていると、子どもの動きを邪魔して転倒などの思わぬ怪我をしてしまうことがあります。さらに、裏起毛の服では外遊びをしているときに蒸れやすく、皮膚の病気になるリスクも高まってしまいます。

冬の外遊びでは、動きやすくて安全性の高い服を選んであげましょう。

帽子やベストで防寒対策

寒い外遊びのときには、脱ぎ着しやすい帽子やベストを取り入れてみてはいかがでしょうか?

特に小さな子どもは髪の量が少なく、頭が冷えるだけで体全体が冷えてしまうことがあります。子どもを寒さから守るためにも、帽子はとても便利です。

子ども用の帽子には、耳や首元まで覆うことのできるニット帽が便利です。頭や首をすっぽりと包んでくれるので、北風の強い冬でも安心です。

また、ベストも脱ぎ着しやすい上に防寒性が高いので、冬のアウターとしてとても便利です。薄手のダウンベストであれば、防寒性が高くて動き回る子どもにはピッタリです。

遊んでいて汗をかいたときでも、簡単に脱がせることができます。通気性の高いダウンベストであれば、汗で蒸れることも少なくなります。

まとめ

「子どもには薄着をさせた方がよい」とよく耳にします。薄着をさせた方が寒さに強い体になって丈夫に育つと考えている人がいるようですが、決してそのようなことはありません。

子どもの冬服選びのポイントは、動きやすくて体温調節ができることです。さらに、個人差に対応することも大切です。

薄手の服を重ねて着ることで保温効果が高まり、子どもの汗のかき方によって簡単に脱ぎ着しやすくなります。

子どもの様子を見ながら、その子にあった服を選んであげましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR