就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの名付け字画数!良運名を探すための画数の意味や無料サイト

赤ちゃんの名付け字画数!良運名を探すための画数の意味や無料サイト

可愛い赤ちゃんの名付け、日本語のひらがなやカタカナには響きや柔らかさが、漢字にはそれぞれ意味があります。画数による姓名判断は、必ず当たるというものではないけれど、名前をどちらにしようか決めかねたときや、親の祈りをそっと画数でこめたいとき、一つの指標になるかもしれません。

赤ちゃん名付けに画数が大切な理由

画数が人生の運勢に関わるといわれている

赤ちゃんの名付けの際、画数による姓名判断が気になりますよね。

特に気に入った思い入れのある名前があるなら、画数を気にしないでつけるのもよいかもしれませんが、どんな名前にしようかなと悩んだとき、参考になるものに日本由来の姓名判断があります。

名前を構成している文字の画数に運勢を導く力があると考え、ひらがな、カタカナ、漢字の文字の画数を数えて、天格、人格、地格、外格、総格の5運とその他5行、陰陽を加えて占います。

姓名判断は、庶民も姓と名を名乗るようになった明治以降や昭和初期に広まったもので、いろいろな流派によってその漢字の数え方も、男女の性別による画数の占い方なども違います。良運を赤ちゃんに贈るくらいの気持ちで画数を考えてもよいでしょう。

性格に影響も?画数で人生に影響する可能性

名は体を表すといわれるように名前はその子に一生ついて回るもの。

親からの最初の贈り物ですのでよい名前をつけてあげたいものです。姓名判断は、名字と名前を合わせて判断しますが、性格や幼少期を表すのは名前の地格の部分になります。

名字が変わると運が変わってしまいますが、地格の部分だけでもよい画数を選んであげると結婚まで、もしかしたら法律が変わって夫婦別姓で一生その名前と付き合うことになるかもしれません。

名前を考えるとき「こんな人になってもらいたい」「こんな人生を歩んでもらいたい」と願うので毎日の行いが習慣になり、習慣が性格を作りあげていく。そういう意味では画数が性格に影響する可能性はなきにしもあらずといったところでしょう。

姓名判断は名付けの指標になる

芸能人が、自分の努力以外でおよばない運を得るために姓名判断を指標にして芸名を決めることが多いと聞きます。自分の運だけでなく人の力を借りて続けていく仕事だからかもしれません。

今まではお母さんのお腹の中で守られていた赤ちゃんも、生まれ出たそのときから自分の力で生きていかなくてはなりません。少しでも親は、子どもの人生で自分の力ではどうしようもないことが起きたときなんとか乗り越えていけるよう、できれば順風満帆な人生であるよう願ってやみません。

名付けは生まれてきた子どもへの人生のお守りのようなもの。「幸せな人生でありますように」とこの世で最初の赤ちゃんへの贈り物と考えて姓名判断を名づけの指標にするのもよいですね。

良運名を付けるために気を付けること

総画数は20画から40画以内

では、具体的にどのようなことに気を付けて名前をつけたらよいでしょう。

名字とのバランスも大事です。画数の多い目安としては名字が30画以上、少ない目安としては10画以下。画数が多い名字の場合は、名前の画数を少なくして固い印象をやわらげたり、画数の少ない名字は、名前の画数を多くして安定感をだしたり、見た目の印象も考えて総画数は20画から40画以内にするとバランスがよいでしょう。

調和のとれた名前が良運名となりますので一つの画数にこだわらず全体をみて総運を考えてみてください。すべての画数を足した総運は、五つの運の中でも総合的な運勢を表し、5運の中で一番大切な画数です。幼少期以降の運を左右するといわれていますのでよい画数の総運にしましょう。

赤ちゃんの名付けにNGな画数を知ること

逆に、赤ちゃんの名づけにNGな画数はあるのでしょうか。5運によっても違いますが、同じような画数がNGになっていることが多いのでご参考程度に記入させていただきます。

まず、0で終わる。4(24以外)で終わる。9で終わる。あと27、28でしょうか。

以下を参考にしてみてください。
(今は女性の生き方も自由になりましたので女性の凶数はこちらでは記載していません。)

2画・4画・9画・10画
12画・14画・19画・20画
22画・26画・27画・28画・30画
34画・36画・40画
42画・43画・44画・46画・49画・50画
52画・54画・59画・60画
62画・64画・69画・70画
72画・74画 ・79画・80画

部首の画数の数え方に注意

文字の画数の数え方ですが、数字の「八」は画数でなくその数字で8と数えたり。氵(さんずい)辺なども旧字体で考えて4画と数えます。現在の画数で数える姓名判断と旧字で考える姓名判断など流派もさまざまですが、数え方が異なります。参考例として以下をご覧ください。

廴(えんにょう)→2画
氵(さんずい)=水→4画
扌(てへん)=手→4画
忄(りっしんべん)=心→4画
犭(けものへん)=犬→4画
丬(しょうへん)=爿→4画
(たまへん)=玉→5画
礻(しめすへん)=示→5画
衤(ころもへん)=衣→5画
艹(くさかんむり)=→6画
月(にくづき)=肉→6画
糹(いとへん)→6画
辶(しんにゅう)→7画
阝(おおざと)=邑→7画
阝(こざと)=阜→8画

名付けには画数とともに漢字の意味も大切

赤ちゃんの名付けに人気の漢字と意味

その年によって人気の漢字もさまざまです。

2018年の人気男の子の漢字ランキングは、
1位 翔 2位 陽 3位 悠
女の子の漢字ランキングは、
1位 結 2位 咲 3位 陽
男の子も女の子も陽という漢字が人気なようです。漢字にも流行があるようです。

漢字には、それぞれ意味があり、中国の姓名判断は漢字の意味によるものが大きいそうです。そういう意味では、画数だけでなく漢字がもつ意味も重要かもしれません。画数に願いをこめるように漢字の意味にも赤ちゃんへの願いをこめることができます。

思いのある漢字や兄弟と合わせてなど、漢字の意味から名前のアイディアを得て名字とのバランスを考えながら画数を調べてみるというのもおすすめです。

赤ちゃん名付けにおすすめ一文字漢字と意味

一文字の名前ってスタイリッシュでカッコイイですよね。一文字の名前は、昔から人気があります。ただ一文字だと性別の区別がつきにくい漢字もあるので、読ませ方も重要になってきます。

2018年の人気の漢字も一文字で使える漢字です。
男の子だったら翔(しょう・かける)悠(ゆう・はる)陽(ひなた・よう)
女の子だったら結(ゆい)咲(さき)陽(ひなた)
最近は古風な名前も人気があります。
奏(かなた・そう)葵(あおい)蒼(そう・あおい)匠(たくみ)楓(かえで)優(ゆう・すぐる)など。

こうやって一文字をみてみると男の子も女の子もどちらにも使える名前が多いですが、あえてどちらにもよい名前をつけるのも今の流行かもしれません。

男女どちらにも使える名前の漢字と意味

今は、男らしく女らしくという言葉が使われなくなりました。性別による職業や生き方を固定しない考えが主流です。「すべてはその人の個性ととらえる」そういった考えが主流になりつつあります。

そういう意味においてもどちらでも使える漢字は、自由な生き方を願った名付けでもあります。人気なものとしては、陽(明るく元気な)、優(優れている、頭のよい)、希(優れている、たぐいまれな、希望という未来へのよいイメージ)、空(そら、自然の名前)、純(澄んだ、混じりけのない)など一文字でも二文字以上でも使えそうですね。

どちらにも使える一文字だけ決めて、お腹にいるときは赤ちゃんの呼び名として、生まれてから性別によって止め字などを考えることもできるでしょう。

名付けは画数とともに音も重要視しよう

行動や思考に影響する可能性がある名前の音

名前の音によって人に与える印象が異なってくるのをご存じでしょうか。音楽が人の心を動かすように音によって元気になったり、悲しくなったり、人の感情に影響するということもあるようです。

名前の母音
  「あ」―明るさ,おおらかさ,積極性
  「い」―鋭さ、速さ、知性
  「う」―優しさ、柔軟性
  「え」―明敏さ、華やかさ
  「お」―しっかりした、落ち着いた
母音によるイメージを記載してみました。

また、芸能人などと同じ名前だとその人のイメージがなんとなくその名前について回ってしまう場合もあります。木村拓哉さんなど木村という姓はよくある名字なので同じ名前をつけたら、名前を聞いた相手が勝手にイメージを膨らましてしまうなんてことも。

名付けは音や響きを最初に決めよう

最近は、音によって名前を決める場合があります。

たとえば 例:なかやま まりな だと名字の頭の一文字と最後の文字が同じ、名字の最後の一文字と名前の最初の一文字が重なっています。名前を読むときにつまづいたり、次に続く文字と混じってしまったり少し認識しにくい名前となります。

名前は基本覚えてもらいやすく、呼びやすい、親しみのある名前がよいでしょう。漢字など思いつかないときは、イメージで最初の音を決めてから名前を考えるのもよいかもしれません。赤ちゃんに呼び掛けてみて反応する音を決めてから漢字を決めるのもおすすめです。

これからずっと呼ぶ名前になるので声に出してみて、しっくりきて呼びやすいか試してみましょう。

運勢を弱くする可能性がある音

音によって運勢を弱くするものがあるようです。絶対的なものでなくあくまでも日本語の中で連想されることによる運勢です。

「く」は苦を連想させ「し」は死を、「り」は離別、「きょう」は凶を。音による連想なので必ずしもつけてはいけないものではないのですが、運勢が弱くなるといわれています。これも姓名判断同様、名前の音による占いですのでその音がついているからといって不幸になるとはいえませんが、気にされる方は、避けてつけられるとよいでしょう。

濁音などの名前も人生が濁りあまり好ましくないとされています。しかしながら濁音によるよい特徴もあり何かひとつのことに秀でるということもいわれています。

音の運勢も名前をつけるための一つの方法ぐらいに考えてみてください。

赤ちゃんに名付けるときに役立つ無料サイト

赤ちゃんの名付けに迷ったとき

姓名判断や音による名付けなどをご紹介しましたが、それでも一生ついて回る名前なので慎重になりますよね。また色んな流派や方法を聞いて余計に迷ってしまい決められないということも。

お腹にいるときから考えて候補をいくつかあげ、赤ちゃんが生まれて顔をみてから決める。漢字一文字だけ考えておいてあとは姓名判断などで字画のよいものにする。なにか1つルールを決めて考えるとよいと思います。あれもこれもすべてにおいてよい名前をと思うと決められなくなるので名前の響きを重視だとか、字画だとか、なにかを指標にしてみましょう。

名付けの本も出版されていますが、簡単に診断してくれるインターネットの名付けのサイトも参考にしてみるとよいと思いますのでご紹介します。

苗字に合わせた最適な画数を知りたいとき

最適な画数を名前を入れるだけで判断してくれる無料サイトが検索するとたくさんありますよ。

今日は、その中の一部をご紹介いたします。
赤ちゃん命名ガイド https://b-name.jp/
赤ちゃん命名♡com   http://xn--h9j8c2by38t8pag54y.com/
21世紀の姓名判断navi   http://www.naming.jp/
いいなまえねっと  http://www.iinamae.net/

音や響きからも検索できますので気になる名前をチェックしてみてください。インターネットですぐに吉凶を判断して意味や候補も教えてくれるので名付けをあれこれ楽しんでこれいいかなと思う名前を入れてみてくださいね。

赤ちゃんの名付けトレンドを探しているとき

やはり、名前にもその年による流行があります。人気の漢字ランキングやひらがなが流行、漢字一文字が流行など個性的な名前をつけたいという方はチェックしてみてくださいね。

実は、人名の漢字というのはどう読ませてもよいものなので多種多様な読みが増えています。月と書いて「ルナ」などというのもあるようです。まったく通常の読み方にない名前は、なかなかほかの人に覚えてもらえなかったり、間違えられたりと、すこし暮らしにくいかもしれません。

今流行の名前をチェックしたい場合はこちらのサイトをご紹介いたします。
赤ちゃん名付け https://namae-yurai.net/
みんなの名前辞典 https://mnamae.jp/

まとめ

名前は、幸せを願ってつける我が子への贈り物。ずっと呼んでいく名前だからこそよい名前をつけてあげたいものですね。今はいろいろなことが自由な時代です。昔のように男女のらしさを表した名前だけでなく、名前だけでは男女の区別がつかないことも多いです。でも、子どもの幸せへの願いは今も昔も変わりません。

「こんな子に育ってもらいたい」と願いを込めて選んだ名前は、どんな名前でもその子に唯一の素敵な名前です。名付けをあれこれ考える幸せな瞬間をぜひ楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018