就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの名付け字画数!良運名を探すための画数の意味や無料サイト

赤ちゃんの名付け字画数!良運名を探すための画数の意味や無料サイト

赤ちゃん名付けにおすすめ一文字漢字と意味

一文字の名前ってスタイリッシュでカッコイイですよね。一文字の名前は、昔から人気があります。ただ一文字だと性別の区別がつきにくい漢字もあるので、読ませ方も重要になってきます。

2018年の人気の漢字も一文字で使える漢字です。
男の子だったら翔(しょう・かける)悠(ゆう・はる)陽(ひなた・よう)
女の子だったら結(ゆい)咲(さき)陽(ひなた)
最近は古風な名前も人気があります。
奏(かなた・そう)葵(あおい)蒼(そう・あおい)匠(たくみ)楓(かえで)優(ゆう・すぐる)など。

こうやって一文字をみてみると男の子も女の子もどちらにも使える名前が多いですが、あえてどちらにもよい名前をつけるのも今の流行かもしれません。

男女どちらにも使える名前の漢字と意味

今は、男らしく女らしくという言葉が使われなくなりました。性別による職業や生き方を固定しない考えが主流です。「すべてはその人の個性ととらえる」そういった考えが主流になりつつあります。

そういう意味においてもどちらでも使える漢字は、自由な生き方を願った名付けでもあります。人気なものとしては、陽(明るく元気な)、優(優れている、頭のよい)、希(優れている、たぐいまれな、希望という未来へのよいイメージ)、空(そら、自然の名前)、純(澄んだ、混じりけのない)など一文字でも二文字以上でも使えそうですね。

どちらにも使える一文字だけ決めて、お腹にいるときは赤ちゃんの呼び名として、生まれてから性別によって止め字などを考えることもできるでしょう。

名付けは画数とともに音も重要視しよう

行動や思考に影響する可能性がある名前の音

名前の音によって人に与える印象が異なってくるのをご存じでしょうか。音楽が人の心を動かすように音によって元気になったり、悲しくなったり、人の感情に影響するということもあるようです。

名前の母音
  「あ」―明るさ,おおらかさ,積極性
  「い」―鋭さ、速さ、知性
  「う」―優しさ、柔軟性
  「え」―明敏さ、華やかさ
  「お」―しっかりした、落ち着いた
母音によるイメージを記載してみました。

また、芸能人などと同じ名前だとその人のイメージがなんとなくその名前について回ってしまう場合もあります。木村拓哉さんなど木村という姓はよくある名字なので同じ名前をつけたら、名前を聞いた相手が勝手にイメージを膨らましてしまうなんてことも。

名付けは音や響きを最初に決めよう

最近は、音によって名前を決める場合があります。

たとえば 例:なかやま まりな だと名字の頭の一文字と最後の文字が同じ、名字の最後の一文字と名前の最初の一文字が重なっています。名前を読むときにつまづいたり、次に続く文字と混じってしまったり少し認識しにくい名前となります。

名前は基本覚えてもらいやすく、呼びやすい、親しみのある名前がよいでしょう。漢字など思いつかないときは、イメージで最初の音を決めてから名前を考えるのもよいかもしれません。赤ちゃんに呼び掛けてみて反応する音を決めてから漢字を決めるのもおすすめです。

これからずっと呼ぶ名前になるので声に出してみて、しっくりきて呼びやすいか試してみましょう。

運勢を弱くする可能性がある音

音によって運勢を弱くするものがあるようです。絶対的なものでなくあくまでも日本語の中で連想されることによる運勢です。

「く」は苦を連想させ「し」は死を、「り」は離別、「きょう」は凶を。音による連想なので必ずしもつけてはいけないものではないのですが、運勢が弱くなるといわれています。これも姓名判断同様、名前の音による占いですのでその音がついているからといって不幸になるとはいえませんが、気にされる方は、避けてつけられるとよいでしょう。

濁音などの名前も人生が濁りあまり好ましくないとされています。しかしながら濁音によるよい特徴もあり何かひとつのことに秀でるということもいわれています。

音の運勢も名前をつけるための一つの方法ぐらいに考えてみてください。

赤ちゃんに名付けるときに役立つ無料サイト

赤ちゃんの名付けに迷ったとき

姓名判断や音による名付けなどをご紹介しましたが、それでも一生ついて回る名前なので慎重になりますよね。また色んな流派や方法を聞いて余計に迷ってしまい決められないということも。

お腹にいるときから考えて候補をいくつかあげ、赤ちゃんが生まれて顔をみてから決める。漢字一文字だけ考えておいてあとは姓名判断などで字画のよいものにする。なにか1つルールを決めて考えるとよいと思います。あれもこれもすべてにおいてよい名前をと思うと決められなくなるので名前の響きを重視だとか、字画だとか、なにかを指標にしてみましょう。

名付けの本も出版されていますが、簡単に診断してくれるインターネットの名付けのサイトも参考にしてみるとよいと思いますのでご紹介します。

苗字に合わせた最適な画数を知りたいとき

最適な画数を名前を入れるだけで判断してくれる無料サイトが検索するとたくさんありますよ。

今日は、その中の一部をご紹介いたします。
赤ちゃん命名ガイド https://b-name.jp/
赤ちゃん命名♡com   http://xn--h9j8c2by38t8pag54y.com/
21世紀の姓名判断navi   http://www.naming.jp/
いいなまえねっと  http://www.iinamae.net/

音や響きからも検索できますので気になる名前をチェックしてみてください。インターネットですぐに吉凶を判断して意味や候補も教えてくれるので名付けをあれこれ楽しんでこれいいかなと思う名前を入れてみてくださいね。

赤ちゃんの名付けトレンドを探しているとき

やはり、名前にもその年による流行があります。人気の漢字ランキングやひらがなが流行、漢字一文字が流行など個性的な名前をつけたいという方はチェックしてみてくださいね。

実は、人名の漢字というのはどう読ませてもよいものなので多種多様な読みが増えています。月と書いて「ルナ」などというのもあるようです。まったく通常の読み方にない名前は、なかなかほかの人に覚えてもらえなかったり、間違えられたりと、すこし暮らしにくいかもしれません。

今流行の名前をチェックしたい場合はこちらのサイトをご紹介いたします。
赤ちゃん名付け https://namae-yurai.net/
みんなの名前辞典 https://mnamae.jp/
42 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND