就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ココアのカフェインはどれくらい?気になる妊婦さんや子どもへの影響

ココアのカフェインはどれくらい?気になる妊婦さんや子どもへの影響

子どもといっしょにココアを楽しもう!

ココアと笑顔でほっこりおやつタイム

昼食後の家事や育児が一段落したときには、子どもと一緒にココアを楽しんでみてはいかがでしょうか。おやつタイムにカカオの香りを楽しみ、口の中いっぱいに広がるココアの優しい甘さがあれば、思わず笑顔でほっこりとした気分にさせてくれます。

手軽においしいココアを作りたいときには、電子レンジを利用しましょう。ココアパウダーに牛乳を適量加え、1分程度加熱するだけで楽しむことができます。ポイントは、加熱前にペースト状になるまでよくかき混ぜることです。

手間をかけてでも極上のココアを飲みたいときには、鍋でじっくり時間をかけながら作りましょう。よりカカオの香りを楽しむことができます。砂糖の代わりに、ハチミツやジャムを加えてもおいしいですよ。

ココア入りスイーツを手作りしよう!

子どもにとっては、おやつは何よりの楽しい時間です。たまにはココア入りのスイーツを手作りして、親子でリラックスタイムを楽しみましょう。

おすすめは、ヨーグルトココアです。ヨーグルトにココアを混ぜるだけで簡単に作れます。みかんやキウイなどのフルーツ、ビスケットを添えると、栄養バランスのよいおやつになります。

ココアミルクゼリーは、ココアをゼラチンで固めるだけです。暑い季節には、アイスを添えるとよいでしょう。ココアパウダーをプリンに混ぜてもおいしいですよ。

ココア蒸しパンは、お鍋で約10分蒸すだけで簡単に作れます。材料も小麦粉、ココアパウダー、卵、砂糖だけです。牛乳を加えると、ふわふわした食感を楽しむことができます。

寝る前のくつろぎタイムのおともにココア

仕事や家事、育児を済ませてお風呂で温まった後は、寝る前のくつろぎタイムがあると幸せですね。ココアを片手にくつろぐことで心も体が温まり、寝つきがよくなったというママも多いようです。

アメリカのペンシルバニア州立大学のランバート教授が行った実験では、眠る前にココアを飲むと糖尿病を防ぐ効果があることが明らかになったそうです。また、ココアに含まれるテオブロミンには眠気を誘う働きがあるため、スムーズな入眠が期待できます。

寝る前の1杯のココアには、血液をサラサラにする働きや疲労回復効果など、健康によい働きもあります。心身ともに大変な妊婦さんだからこそ寝る前にココアを楽しみ、健康で快適な毎日を過ごしてみませんか。

ココアをよりヘルシーに飲むレシピ

無糖ココアで糖分をカット

牛乳を注いですぐ飲めるココア粉末には、あらかじめ砂糖やミルク成分が添加されたものが多いですよね。お湯だけでも甘さやミルクの風味が感じられるのはそのためです。

一方、純ココアやピュアココアと呼ばれる粉末には砂糖などが添加されておらず、お菓子作りなどでよく使われます。もしもママが体重増加などを気にしているのであれば、ちょっと手間はかかりますがこちらの無糖ココアを選んだ方がよいでしょう。

無糖なので砂糖の量を調整でき、オリゴ糖やはちみつなどほかの甘みで代用することもできます。甘みを加えず、牛乳だけで作ったココアは苦みのある大人の味わいですよ。

普通のココアが甘すぎて罪悪感があるというママはぜひ試してみましょう。

産後におすすめ!豆乳ココア

女性ホルモンににた働きをする大豆イソフラボンが含まれる手軽な健康食品として女性に人気なのが豆乳ですよね。牛乳の代わりに豆乳でココアを作れば、優しい口当たりで牛乳で作ったときとはまた違った味わいの健康的なココアになります。

ただ、大豆イソフラボンは妊娠中の過剰摂取に注意が必要なので、豆乳ココアは1日に1杯程度にしておくか、産後の楽しみとして覚えておきましょう。豆乳には2種類あり、調整豆乳の方が飲みやすいですが砂糖などが添加されているため、健康、ダイエット効果を狙うなら成分無調整豆乳がおすすめです。

ココアが入ることによって飲みやすくはなりますが、豆乳にも好き嫌いがありますので好みの方を選びましょう。

シナモンやジンジャーでぽかぽかココア

ココアには身体を温める効果がありますが、その効果をより高める飲み方がシナモンやジンジャーを加える方法です。シナモンとジンジャーにも身体を温め血流をよくする効果があるので、ココアと合わせることで相乗効果に期待できます。

そして、どちらもココアとの相性が意外とよいのです。シナモンはお菓子作りなどでもよくつかわれますよね。シナモンスティックでココアをかき混ぜるもよし、シナモンパウダーを振りかけるだけでも手軽です。

ジンジャーはしょうがチューブをココアに混ぜる、しょうが汁を加える、千切りしょうがを浮かべるなど好みのスタイルを楽しみましょう。ほんの一手間ですが、スパイシーな香りで贅沢な気持ちしてくれるココアアレンジです。

まとめ

ココアにはわずかな量のカフェインが含まれていますが、飲みすぎなければ子どもや妊婦さんが飲んでも問題はありません。ぜひ、安心して飲んでください。

だからといって、飲みすぎると糖分の過剰摂取に繋がってしまうので、飲み方には注意が必要です。妊娠中であれば、ミルクココアを飲むときには1日に1~2杯程度がよいでしょう。

妊婦さんだからこそ、ココアを飲んで心と体をリラックスさせましょう。ホットココアで体を温め、ココアの香りで贅沢な時間を楽しんでくださいね。
36 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND