就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

うちの赤ちゃんの蒙古斑は大丈夫?正しい知識と対処の仕方

うちの赤ちゃんの蒙古斑は大丈夫?正しい知識と対処の仕方

日本人のほとんどの赤ちゃんのお尻には蒙古斑がありますよね。赤ちゃんらしくてかわいい蒙古斑ですが、どうしてできるか知っていますか?また、蒙古斑はお尻にだけできるものではなく、体の目立つ部位にできてしまう可能性もあります。ここでは蒙古斑がなぜできるのか、また気になる場合の対処法をご紹介します。

蒙古斑について正しい知識を持とう!

蒙古斑ができる原因とは?

そもそも蒙古斑はなぜできるのでしょうか。蒙古斑とは、お尻を中心に広がる青っぽいあざのことをいいます。アジア人多く、日本人の赤ちゃんのほとんどに蒙古斑があるといわれています。

蒙古斑ができる原因として、メラノサイトという細胞が関係しているといわれています。メラノサイトとは肌や髪、瞳の色を決める重要な細胞で、紫外線を浴びるとメラニン色素を出して、肌を守る働きをするものです。

そのメラノサイトは、まだお腹の中にいるときに、皮膚の奥の方から表皮に向かって移動していきます。このときに何らかの理由で、表皮まで届かずに真皮でとどまり、増えてしまうことがあります。皮膚の深いところにあるため、青っぽい色に見えるのです。

お尻以外の青いアザも蒙古斑?

蒙古斑といえばお尻にできるもの、と考える人も多いと思いますが、お尻以外にできることもあります。お尻以外の体の部位にできる蒙古斑を、「異所性蒙古斑」といいます。

蒙古斑の多くは、お尻にありますよね。しかし異所性蒙古斑の場合は、顔や手足、お腹などにできることもあります。お尻にできる蒙古斑とは違い、衣服では隠れにくい部位にできることもあるので、いつ消えるのかと気になってしまいますよね。

通常の蒙古斑は、成長とともに自然と消えていくことが多いですが、異所性蒙古斑は消えにくく、大人になっても消えないケースもあります。それでも多くの場合は、学童期までには目立たなくなるといわれていますので安心してください。

妊娠中のママの責任ではありません!

生まれたばかりの我が子を見たときに、蒙古斑の色が濃かったり、目立つ場所に蒙古斑があると、自分を責めてしまうママもいます。しかし、妊娠中の行動と蒙古斑ができる原因はまったく関係がありません。

蒙古斑はメラノサイトが原因です。メラノサイトは、お腹の中にいるときに赤ちゃんの中で作られ、赤ちゃんの神経細胞を作るために欠かせない細胞です。その細胞が活発に働いた場所に、蒙古斑ができるといわれています。

「妊娠中に火事を見てしまったから」、「妊娠中に転んだから」赤ちゃんにあざができた、などといういい伝えがありますが、これらはまったく根拠のない話です。例え妊娠中に転んでしまったとしても、赤ちゃんは羊水で守られているのであざになることはありません。

自然に消える蒙古斑、そうでない場合は?

蒙古斑が消える時期はいろいろ

蒙古斑はだいたい3歳〜5歳くらいで自然と消えて目立たなくなるといわれています。そのため特別な治療は必要ありません。しかし、なかには小学生になっても残っていたり、大人になっても残ってしまうケースもあるようです。

ある程度の年齢になっても消えそうになかったり、目立つ場所にあったり色が濃いために、子どもが気にしたりするようであれば、小児科医に相談してみるといいですね。

蒙古斑だと思って気にしていなかったが、実は「青色母斑(せいしょくぼはん)」という蒙古斑とは異なるあざだったというケースもあります。青色母斑の場合は、自然と消えるものではありません。素人には判断できないこともあるので、気になる場合は専門家の意見を聞くと安心できますよね。

必要ならば保険適用で治療も可能

異所性蒙古斑は服で隠れない部位にできることもあるので、成長するにつれて子どもにとってコンプレックスの一つになってしまう可能性があります。目立つ部位にあると、友達にからかわれてしまうことも少なくありません。そのため異所性蒙古斑の治療は、精神的苦痛を緩和する目的があるので、保険適用にて治療を受けることができます。

異所性蒙古斑の治療は、レーザー治療によって複数回に分けておこなわれます。費用は病院によって異なりますが、1回の治療につき6,000〜12,000円程度といわれています。子ども用の医療保険に加入している場合、支払い対象となる可能性がありますので、該当しそうな方は保険会社に問い合わせてみるといいかもしれません。

レーザー治療をする場合の注意事項

レーザー治療は効果が高く、異所性蒙古斑もきれいに無くなる可能性が高いです。しかし、どんな治療であってもリスクをともなうことを、頭に入れておかなければなりません。

例えば異所性蒙古斑を取り除くために、必要以上にレーザーを照射すると、やけどのように跡が残ってしまう可能性もあります。治療に入る前にしっかりと担当医と相談してから、治療を始めるとよいですね。

また、レーザー治療の前後は、いつも以上に日焼けに注意する必要があります。レーザー治療をする前に日焼けをしてしまうと、十分な効果を得られない可能性もありますし、あまりに日焼けをしすぎていると治療を断られることもあります。また、レーザー照射後に日焼けをしてしまうと、色素沈着の可能性があるので注意が必要です。

日本では当たり前!でも海外では?

日本人だけじゃない!人種別の割合

蒙古斑は日本人の赤ちゃんの場合、99%もの赤ちゃんが蒙古斑を持って生まれてくるといわれています。蒙古斑の「蒙古」とは、モンゴルを意味します。日本人を始め、モンゴル人などの多くのアジア人は蒙古斑ができやすい人種だといわれています。

同じ有色人種のヒスパニック系でも、50%の赤ちゃんに蒙古斑が見られます。また、黒人の80〜90%の赤ちゃんにも蒙古斑があるといわれているので、蒙古斑はアジア人だけのものではないのです。

しかし、白人の赤ちゃんで蒙古斑がある赤ちゃんは1〜10%ととても少ないです。海外では、医療関係者ですら蒙古斑を知らないケースもあり、蒙古斑のある赤ちゃんを見たときに虐待を疑われることもあるそうです。

ハーフの赤ちゃんの場合

蒙古斑が出る可能性が人種によって異なるのであれば、ハーフの赤ちゃんはどうなるのでしょうか。もちろんハーフであってもハーフでなくても、蒙古斑が出るかどうかは人それぞれです。蒙古斑の少ない白人と日本人の子どもであっても、蒙古斑が出る可能性が少なくなるわけでもありません。

日本人であれば、赤ちゃんに蒙古斑があるのはほとんどの人が知っていますが、海外では蒙古斑を知らないという人も多くいます。そのため海外で子育てをしていると、蒙古斑で嫌な思いをすることもあるそうです。

例えば、義両親がおむつを替えているときに蒙古斑を発見して、どこかにぶつけたのではないかと疑われてしまったり、水遊びをしていると蒙古斑をじろじろと見られたりすることもあるようです。

海外では虐待と間違われる場合も!

海外では蒙古斑の認識が低く、虐待だと勘違いされてしまうこともあります。海外で子育てをしている場合に、保育園の先生に「お尻にあざがあるけどどこかでぶつけたの?」と聞かれたり、小児科で子どもを見てもらっているときに蒙古斑を発見され、お尻を叩いたのでは、と疑われたケースもあるそうです。

日本で生活するのであれば、蒙古斑のことはそんなに気にしなくてもよいのかもしれませんが、海外で子育てをする場合には、事前に周りの人に説明しておいた方がよさそうですね。保育園の担任の先生やかかりつけ医に、自分の子どもには蒙古斑があることやあざではないということを事前に説明しておくとよいでしょう。

大切な子どもを虐待しているなんて疑われたくありませんものね。

まとめ

蒙古斑は日本人の赤ちゃんのほとんどが持っているものです。蒙古斑ができる原因は、メラノサイトによるものであり、妊娠中の行動はまったく関係がありません。

ほとんどの蒙古斑は成長とともに消えていきますが、消えない場合や、異所性蒙古斑で目立つ部位にできている場合は、治療をすることもできます。もし、自分の赤ちゃんの蒙古斑のことで気になることや悩みがあるのであれば、かかりつけの小児科医に相談してみるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018