就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬着の着せ方!寒さに負けない服装で冬を乗り越えよう

赤ちゃんの冬着の着せ方!寒さに負けない服装で冬を乗り越えよう

赤ちゃんにとってはじめての冬は、何を着せたらよいか悩んでしまいますよね。室内と屋外では着せるものや着せ方も変わります。ここでは、赤ちゃんの基本的な冬着の着せ方や、おすすめのアウターなどを紹介します。寒い冬も快適に過ごせるように、準備を万端にしておきましょう。

室内での赤ちゃんの冬服の着せ方とは

体温調節がしやすいよう重ね着が基本

赤ちゃんはまだ体温の調節がうまくできません。そのため、服装で調節する必要があります。室内外の温度差が大きな冬は、とくに注意が必要です。おくるみ、レッグウォーマーなど防寒グッズを上手に使って調整してあげましょう。

ただし、厚着をしすぎると、汗が多くなって風邪をひくことがあります。軽め・薄めの服を重ね着させると、赤ちゃんの体温調整がしやすいでしょう。ソフトな肌触りのフライス、タオルみたいにふんわりしたパイル、伸縮性の高いニットガーゼなど、吸湿性・保湿性に優れた綿素材の肌着がおすすめです。

赤ちゃんの負担にならない、重くない服がよいです。厚着のしすぎは熱中症や脱水症状などにつながるので、赤ちゃんの汗はこまめにチェックして対応しましょう。

ハイハイまでの赤ちゃんの肌着と冬服選び

生後8カ月頃までは、着替えやすい前開きの肌着がおすすめです。半袖で短めの「短肌着」、半袖・長袖がある長めの「長肌着」、裾が二つに分かれ、激しく動いてもはだけない「コンビ肌着」の3種類があります。

生後8カ月以降は、頭からかぶるタイプの肌着がおすすめです。ハイハイすると、紐で結ぶタイプの肌着はズレてしまいやすくなります。スナップ(ボタン)付きだと、脱ぎ着せしやすく、ズレにくいですよ。

お腹くらいの丈で頭からかぶる「かぶり型」、おむつ替えしやすい「ラップアップ」、股の部分が開く「ボディスーツ」などの種類があります。

いずれの時期でも、厚手すぎると動きにくく、熱もこもりやすいので注意しましょう。

たっちができてからのアウターと冬服選び

10カ月以降の赤ちゃんの冬服は、「ボディスーツ+セーターやトレーナー+ズボン+アウター」の組み合わせで防寒性を上げましょう。特に、外出時は暖かい素材のアウターで保温性を高くするとよいですよ。アウターの素材には、次のようなものがおすすめです。

〈ウール〉
羊毛を用いて織った生地です。保温性に優れ、ふっくらとやわらかい肌触りが特徴。

〈アクリル〉
ナイロンやポリエステルなどと同じ合成繊維の一種で、ウールに似ています。やわらかくふっくらしていて、保温性・耐久性があります。乾きやすいですが、吸汗性はウールに劣り、静電気と毛玉ができやすいのがデメリット。

たっちができるようになった赤ちゃんは、動く量も増えます。動きやすい冬着を着せてあげましょう。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

外出時の赤ちゃんの冬の着せ方もチェック

赤ちゃんに着せたいアウターの種類

〈ベスト〉
袖がないので着せやすく、肌寒いときにさっと着られます。ファスナーやボタンなど前開きタイプがおすすめです。

〈カバーオール〉
室内でも屋外でも使える防寒着。前開きが脱ぎ着しやすいです。身体全体をすっぽり覆うカバーオールであれば、冬でも赤ちゃんのお腹が冷えません。手足のカバーが付いたタイプもあります。

〈ジャンプスーツ〉
長い時間外出するときに活躍します。裏地が起毛になっているもの、ダウン素材のものなどがあり、とても暖かいです。しかし、汗などで蒸れやすいため、脱ぎ着しやすいものがおすすめです。

〈ポンチョ〉
さっと羽織れて、厚手のトップスの上に着られるポンチョはおすすめです。赤ちゃんでも腕を通しやすいスナップ付きのものもあります。

ねんね期の赤ちゃんの外出着の着せ方

ねんね期の赤ちゃんの外出着の着せ方のパターンを紹介します。

基本的には、「長肌着またはコンビ肌着+ロンパースまたはカバーオール+ジャンプスーツなどのアウター+帽子・靴下」などがよいでしょう。

ベストやカーディガンなど、羽織りものは温度調節しやすいですよ。ボディスーツとズボンを履いて、それでも寒いならパーカーなどを着せることもできます。

カバーオールを基本にして、男の子はオーバーオール、女の子はジャンパースカートなど、お腹が出ない服に厚手のものを着せるスタイルも便利です。カバーオールの素材(フリースなど)で調整するのもありです。

ベビーカーを使っている場合は、ベビーカー用のおくるみを活用するという方法もあります。

たっち期の赤ちゃんの外出着の着せ方

つかまり立ちが上手になり、あんよがはじまるたっち期。この時期の基本スタイルを紹介します。「ボディスーツ+カバーオール」や「ボディスーツ+トレーナーなどのトップス+ズボン」などがおすすめです。

動きやすさが大事なので、カバーオールやズボンの裾を踏んで転んでしまわないよう注意が必要です。

お出かけするときは、基本スタイルに「コートやジャンプスーツなどのアウター+レッグウォーマー+帽子」などがよいですよ。暖かいアウターでしっかり防寒しましょう。

ズボンの上にレッグウォーマーを履かせると、防寒効果で足元が冷えないですし、おしゃれに見えますよ。さっと着られるパーカーも、ちょっと外出するときなどに便利です。

赤ちゃんが動物に変身する可愛いアウター

ハイハイ姿が可愛すぎる着ぐるみロンパース

KAKEHASIの着ぐるみロンパースは、赤ちゃんのハイハイ姿がとても可愛いです。

素材は外側はポリエステル、内側はコットンです。手触りはモコモコ・フワフワで、 フランネル生地の柔らかさと暖かさがたまりません。

足袋付きで足先まで包みこんでくれ、袖口を裏返すと手袋になります。寒い冬でも赤ちゃんの手足を暖かく守ってくれることでしょう。

わが子に着せて愛でるのもありですし、プレゼントとしても喜ばれるでしょう。ぬいぐるみのように可愛いロンパースですよ。

普通のロンパースもよいですが、こんなに可愛くてしっかり暖かいロンパースもいかがでしょうか。周りの人が笑顔になると思いますよ。可愛いロンパースをお探しならおすすめです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事