就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬用ドレスをお探しの方必見!冬のドレススタイルの紹介

子どもの冬用ドレスをお探しの方必見!冬のドレススタイルの紹介

ピアノの発表会や子ども連れでの結婚式など、この季節、子どもの冬用のドレスを探しているママも多いと思います。ここでは、冬の結婚式におすすめのドレスの素材や、ピアノの発表会ではどのようなドレスが演奏しやすいのか、また、さまざまなシーンで活用できるフォーマルコーデなどをご紹介します。

冬の結婚式に参加するならこれを着せたい

秋冬しか着られないベロア素材のドレス

冬に子どもと一緒に結婚式に招待されたとき「どのような服装を子どもにさせて行けばいいの?」と、子どもの服装に悩むママも多いと思います。結婚式に参列するときは、フォーマルな服装で行くのが一般的なマナーです。女の子にはドレスを着せてあげると可愛いですね。

秋冬の寒い時期の結婚式には、ベロア素材のドレスもおしゃれですよね。ベロア素材は秋冬定番の素材で、着ると可愛いなかにも上品な印象を与えることができるので、結婚式にはぴったりの素材ですよ。

ベロア生地にパールやリボン、フリルなどがついているものを選ぶと、より女の子らしい着こなしができるでしょう。ピンクや赤色のものはガーリーな印象になり、黒色のベロアのドレスを選ぶと大人っぽい印象になりますよ。

通年使用できる素材のドレスと羽織りもの

秋冬の結婚式にベロア素材のものはおしゃれで可愛いですが、季節に関係なく着られる素材のものだと、春夏の結婚式のときにも着て行けますよね。1年中着られる素材のドレスを選びたいというママには、シフォンやオーガンジー、レース素材のものなど、フォーマルなシーンに合う素材のドレスがおすすめです。

また、羽織ものも、ファーの素材だったりすると、秋冬にしか着ることができず、着回しが難しいですよね。レースのものやカーディガンなど、季節に関係なく着られるものを購入すると、通年で使用できるので便利ですよ。

コーディネートに秋冬の季節感をだしたいというママには、ヘアアクセサリーにファーがついているものを選んだり、バッグやタイツなどで秋冬感をだしたりするのがおすすめですよ。

お宮参りや百日記念のときに使用したドレス

子どもが赤ちゃんの頃に、友だちや親族などの結婚式に招待されることもあるでしょう。そのようなときは、赤ちゃんにどのような服を着せるとよいのか悩みますよね。

赤ちゃんは、おむつ交換や授乳などのお世話が大変ですし、ワンピースタイプのドレスなどは月齢によっては着せにくいこともありますよね。ですから、基本的にはロンパースタイプのお出かけ服で大丈夫ですよ。

お宮参りや百日記念のときにセレモニードレスを着せた場合は、そのドレスを活用するとよいでしょう。セレモニードレスはイベントなどでしか着る機会がないですし、華やかなデザインのものが多いので結婚式にはぴったりです。何回か着たことのあるドレスのほうが、赤ちゃんも着慣れているので嫌がらずに着てくれそうですよね。

ピアノの発表会は季節感より機能性

ロングドレスは歩きづらい可能性も

初めてのピアノの発表会では、子どもにどのような服装をさせるか悩みますよね。女の子の場合は、年齢が幼いほどピアノの発表会でドレスを着ている子が多い印象です。

ピアノの発表会は、子どもの日頃の練習の成果をたくさんの人に発表する大切なイベントです。演奏にしっかり集中できるように、ドレス選びは機能性を重視しましょう。

ピアノの発表会は舞台に上がって演奏することがほとんどです。ですから、ロングドレスを選んでしまうと、舞台に上がったり下りたりするときに歩きづらい可能性があります。ドレスの裾を踏んで転倒してしまうと大ケガをする危険性があるので、ドレスを選ぶときはミディアム丈のものを選ぶようにするとよいでしょう。

演奏のしやすさを考えると袖なしがおすすめ

ピアノは指だけでなく、手全体を使って演奏しますよね。演奏のしやすさを考えると、袖なしのほうがよいかもしれません。

袖があるタイプだと、ピアノを弾くときに袖が邪魔をして演奏の邪魔をする可能性があります。また、七分丈のものも、ぴったりしたタイプのものだとひじが曲げにくいかもしれません。そのようなことを考えると、袖なしタイプのドレスは自由に手を動かせるので、ピアノの発表会におすすめですよ。

先輩ママは、袖があるものは演奏するときに袖を捲らないといけないので、見た目が格好悪くなることもあるけれど、その点、袖なしタイプは演奏の邪魔をしないので、子どもがピアノに集中することができると話してくれました。

カーディガンは出番を待つ間の防寒対策に

先ほどご紹介したように、ピアノの発表会では袖なしタイプのドレスがおすすめです。しかし、ピアノの発表会は舞台のあるホールなどで開催されることが多いので、エアコンがきいていて肌寒く感じることも…。

袖なしタイプのドレスの場合はカーディガンなどを羽織るようにして、出番までの待ち時間の防寒対策をすることが大切ですよ。「夏の発表会は暑いから大丈夫」と思っているママもいますが、夏場もホールのなかはクーラーがきいていますよね。室内でドレスのまま待機していると、体が冷えてしまいます。

ピアノの発表会は待ち時間のほうが長いので、風邪をひかないようにカーディガンで体を温めましょう。カーディガンなら普段使いもできるので、1枚持っておくとよいですよ。

様々なシーンで使えるフォーマルコーデ

お上品なワンピーススタイル

ピアノの発表会だけでなく結婚式やパーティーなど、さまざまなシーンで活用できるのが、お上品なワンピーススタイルでしょう。ワンピースは1枚でコーディネートが完成しますし、華やかなデザインのものもたくさん売られているので、お姫様みたいで可愛いですよね。

ワンピーススタイルは、ブラックやネイビーなどの大人っぽいカラーが人気があります。華やかなデザインでもブラックやネイビーの落ち着いたカラーなら、お上品な印象が高まるでしょう。

また、レース素材やオーガンジーなど、ワンピースの生地はさまざまなので、子どもと一緒にどのワンピースにするか選ぶのも楽しいですよね。お手頃価格でも可愛いものがたくさん購入できますよ。

アイドルみたいなセットアップスーツ

ワンピースだけでなく、アイドルのようなセットアップスーツもさまざまなシーンで着ることができますよ。セットアップスーツもシンプルなものからフリルがついているもの、チェック柄など、種類もたくさんあります。

セットアップスーツは、小学校の入学式に着て行くという子も多いでしょう。きっちりと決めて行かなければならない場所にも着て行けるので、1着持っているとさまざまなシーンで活用できますよ。

「セットアップスーツはお値段も高そう」と感じるママも多いかもしれませんが、最近ではお手頃価格で可愛いデザインのものも売られています。アイドルのような可愛いコーデが好きな子どもには、セットアップスーツがおすすめです。

ほかの子と被りにくいパンツコーデ

女の子の場合、フォーマルコーデと聞くとワンピースやドレスなど、スカートをイメージしますよね。しかし、スカートだとほかの子と似たようなコーデになることも多いでしょう。

「ほかの子とは少し違ったコーデをしてほしい」というママには、パンツコーデがおすすめですよ。パンツコーデはボーイッシュになったり、カジュアルになったりして、フォーマルなシーンにはあわないと思うママが多いかもしれません。

しかし、シャツをフリルがついたものにするなど、どこかに女の子らしいものを活用すると、パンツスタイルでも可愛いコーデができますよ。

子どもがパンツコーデをするときは、ヘアアレンジを可愛くしましょう。スタイリッシュなコーデでもヘアアレンジでガーリーさを演出できるでしょう。

まとめ

子どもの冬用ドレスを購入する際、どんなものがよいのか分からないと悩むママも多いでしょう。子どものドレスを購入するときは、どのようなシーンに着て行くのかをイメージしながら選ぶことが大切です。

子ども用のドレスは可愛いデザインのものも多いので悩みますが、デザインだけでなく生地や機能性も重視しないと、着せるのが大変だったり、子どもが体を動かしにくかったりします。最近はお手頃価格で購入できるものも多いので、思い出に残る1着が見つかるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018