就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海外の幼児教育事情を知ろう!日本との違いや教育を取り入れる方法

海外の幼児教育事情を知ろう!日本との違いや教育を取り入れる方法

日本で海外幼児教育を取り入れる方法

サマースクールに通う

日本にいながら海外の幼児教育を取り入れる方法として、サマースクールに通うことが挙げられます。夏休みの間の数日間だけでも参加できるものが多く、普段とは違う海外の幼児教育を受けることができます。

特に英語に力を入れたプログラムが多くあるので、子どもに英語教育を受けさせたい方にはぴったりかもしれません。また子どももいつもとは違う環境に、たくさんの刺激を受けることができるでしょう。

またママも長期の休みを取れるのであれば、親子留学という手もあります。1週間といった短い期間から可能で、行き先としてはオーストラリアやハワイ、セブ島などが人気です。さまざまな国籍の子どもたちと触れ合うことができるのでよい経験になりそうですよね。

日本にもある海外式の幼児教室に通う

現在の日本には、海外の幼児教育を取り入れた教室が多くあります。普段は日本の幼稚園や保育園に通っていても、週に何日か海外式の幼児教室へ通うことで、日本と海外の両方のよいところを取り入れることができますね。

海外の教育は日本と違い、個性を大切にすることが多いです。日本人が苦手だといわれている、プレゼンテーション能力や自分の意見を述べる力も、幼児期から学ぶと将来役に立つでしょう。また英語学習に力を入れる教室も多いので、英語教育にも適しています。

海外式といっても、たくさんのメソッドややり方があります。ほとんどの教室では体験教室が開催されているので、自分の子どもに合った教室を見つけて楽しく通ってもらうことが大切ですね。

自分で本を読んで日々の生活で取り入れる

海外式幼児教育の人気から、日本でもたくさんの書籍が販売されています。特にモンテッソーリ教育やシュナイター教育は話題になっているので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。気軽に取り入れることができる本を読み、日々の生活の中で取り入れていくのもよい方法ですね。

子どもの教育にとって大切なのは日々の積み重ねです。また幼児は「繰り返す」ことが大好きなので、毎日繰り返し教えてあげるとよいでしょう。毎日繰り返すうちに、幼児は学習し、その行動は習慣に変わっていきます。

一つの教育法ではなく、いくつかの教育法に関する書籍を読むのもよいですね。自分の子どものことをよく知っている親だからこそ、自分の子どもにより合う教育法を選ぶことができるはずです。

まとめ

日本の教育だけでなく海外の教育を知ることで、それぞれのよいところを発見することができます。最近では海外式の教育が話題になることが多いですが、もちろん日本の教育にもたくさんよいところがあります。

子どもにはそれぞれのよいところをうまく取り入れながら、楽しく学んで欲しいですよね。子どもに学ぶ機会を与えることができるのは両親です。サマースクールや幼児教室などもうまく利用しながら、子どもに合った教育を受けさせることができるとよいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND