就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海での子どもの日焼けを防ごう!日焼け対策や便利なグッズを紹介

海での子どもの日焼けを防ごう!日焼け対策や便利なグッズを紹介

夏は子どもと一緒に海に行きたいと思っているママやパパも多いのではないでしょうか。海水浴での心配の1つが子どもの日焼けだと思います。子どもは肌が繊細ですよね。日焼けで痛い思いをしないよう、おすすめの日焼け対策や便利グッズを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

海水浴!どんな日焼け対策がいいの?

UV加工のある帽子を選ぼう

子どもはまだ髪が細かったり、少なかったりして、頭皮にも紫外線を多く浴びてしまいます。海で遊ぶときには、帽子を忘れずにかぶせてあげましょう。

どのような帽子がよいのでしょうか。

・UV加工がされている
紫外線をカットするために、UV加工のある帽子を選びましょう。今は紫外線が99%カットできるという帽子まで売られています。

・つばの大きい帽子
できればつばが7cmあるものを選びましょう。つばが7cmあれば、紫外線の60%がカットできるといわれています。全体につばがついている帽子だと、日に焼けやすい首や、紫外線に弱い目を守ることができるので、おすすめです。

また、素材は濡れても乾きやすいもの、洗濯しやすいものを選ぶとよいでしょう。

UV加工のあるラッシュガードを選ぼう

UV加工のある帽子と一緒に、UV加工のあるラッシュガードも着せるとさらに安心です。長袖・半袖のTシャツタイプのものから、フードやジップがついていて脱ぎ着しやすいものまで、たくさんの種類のものがあります。

ほとんどのものが、紫外線を90%以上カットになっていますので、好きなデザインや柄で選ぶとよいでしょう。

小さい子どもの中には帽子を嫌がる子もいるので、フードがついているものだと帽子代わりにフードをかぶせることができますし、ジップタイプのものなら脱ぎ着が楽ですよね。

ジップアップのラッシュガードは海やプールだけではなく、公園などのアウトドア、普段のお出かけから家の中まで紫外線が気になったときに幅広く使うことができ、1枚あるととても便利です。

子ども用サングラスで目を守ろう

日焼けというと肌を守ることばかりを考えてしまいがちですが、目も肌と同じように紫外線を受けると日焼けしてしまいます。

目が日焼けしてしまうと、急性の炎症を引き起こし、充血や異物感・涙が出るなどの症状がでます。また、目に蓄積された紫外線は視力低下や眼病などの原因になってしまうことも。

近ごろは、大切な目を守るために、子ども用サングラスの使用が推奨されています。今や子どものサングラスは、アウトドアやスポーツで使う機能的なものから、日常で使えるおしゃれなものまで、様々なタイプが売られています。

海など、長時間日光の下にいるところで使用する場合は、UVカット率が高いものや偏光レンズなど、機能が優れたキッズサングラスを選ぶのがおすすめです。

子ども向けの日焼け止めの選び方や注意点

SPF・PAが子どもに合う、肌に優しいもの

子どもに使う日焼け止めはママやパパと兼用せず、子ども用の肌に優しい日焼け止めを選びましょう。

・SPF・PAが強すぎないものを選ぶ
SPF・PAといった紫外線防止効果の数値が高いものほど肌に負担がかかります。目的によって数値の違うものを使い分けるとよいですね。

例:日常生活 SPF15~20 PA++
  プールや海などのアウトドア SPF20~30 PA+++

・お肌に刺激の少ないもの
なるべく化学成分の含まれていない天然由来成分のものを選びましょう。オーガニック製品ならさらに安心ですね。

・石けんで落とせるもの
クレンジングの使用は肌のかさつきや肌荒れなどの原因になることがあります。石けんで落とせるタイプのものを選びましょう。

日焼け止めの塗り方、落とし方の注意点

子どもに日焼け止めを塗るときは、塗り残しがないか、ムラになっていないか確認しましょう。とくに、顔は少量づつ薄く伸ばしながら重ね塗りをしていきます。

目や口、小鼻の周りは塗りにくいので、丁寧に塗ってください。また、首や耳の後ろ、足の甲などは忘れやすい部分になりますので、つけ忘れないよう注意してくださいね。

ムラなく重ね塗りをし、2~3時間おきに塗り直すようにすると、しっかり紫外線を防げます。敏感肌の子どもは、使用前にパッチテストを行うことをおすすめします。

なお、日焼け止めを落とすときは、ボディソープや石けんをよく泡立てて、優しく洗っていきましょう。顔はガーゼやタオルを指に巻き、泡をのせてそっとなでながら落としていく方法もありますよ。

子どもにおすすめの日焼け止めを紹介

今は子ども用の日焼け止めがたくさんでています。その中からおすすめのものをご紹介します。

・ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 SPF28 PA++
おなじみのNIVEA(ニベア)製品です。アルコールフリーで低刺激、ジェルタイプなので伸びがよく塗りやすいですよ。

・ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ (敏感肌用)
ユースキンの敏感肌用の日焼け止めです。無香料、無着色、アルコールフリーで低刺激なので、家族全員が安心して使うことができます。

・和光堂スキンケア ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用
離乳食などでお馴染みの和光堂の日焼け止めです。毎日のお散歩用と水遊びやレジャー用の2種類がありますので、使い分けられますね。

子どもが日焼けした場合のケアについて

まずは汚れを落として冷やし、保湿をしよう

真っ赤に日焼けしてしまった肌はやけどをしている状態です。そのようなときは、炎症を鎮め、水ぶくれや肌がゴワゴワになってしまうことを避けるためにも、早めに対処をしましょう。

・汚れを落とす
汗、日焼け止め、砂などの汚れをぬるま湯で、ボディソープや石けんで綺麗に落とします。その際、シャワーを直接当てたり、強くこすったりしないように注意してください。

・冷却する
凍傷などのリスクを避けるため、保冷剤や氷ではなく、洗面器などにはった氷水に浸し、絞ったタオルを日焼け部分にのせて冷やしましょう。最低でも10分から30分は繰り返します。

・保水、保湿をする
日焼けした肌はどんどん水分が失われ、刺激に弱くなっています。きちんと保水、保湿し、デリケートな肌を守ります。

日焼け後におすすめのケア用品

日焼け後のケアには、ローションで水分補給し、その上にジェルやオイルで蓋をしてあげると水分蒸発が防げます。敏感な子どもの肌にも安心な、香料などの入っていないナチュラルなものを選んでくださいね。

・アロエローション
日焼けによく効くとされているアロエは、炎症、保湿効果のほかに紫外線効果も期待できます。

・アベンヌウォーター
日焼けした部分に吹きかけてあげると、気持ちがよいですね。

・肌水
お馴染みの肌水なら、家族全員で惜しみなく使えます。

・ソンバーユ(馬油)
日焼けでヒリヒリする肌には、しっとり効果のあるオイル系のほうが適している場合があります。

カモミールやローズウォーターも、植物由来で鎮静作用がありおすすめです。

子どもの状態をみて受診するか決めよう

日焼けで病院に行くことを迷ってしまうママもいるかもしれませんが、子どもの状態によっては受診が必要なときがあります。受診するときは症状に合った科を選んでくださいね。

水ぶくれや湿疹ができている、皮膚が真っ赤で痛みがひどい、または痒みがあるなど、皮膚の治療を優先するのなら、皮膚科が専門です。

もし、熱や嘔吐がある、腹痛などの症状があるときは、日焼け以外の原因が重なっていることも考えられますので、小児科の方が安心です。

また、子どもが激しく泣いて泣き止まない、ぐったりしている、焦点が定まらないなど、子どもがいつもと違う様子だったり、皮膚の状態がひどく痛みで眠れない場合は、時間外でも救急病院へ行くことをおすすめします。

まとめ

昔は健康的に日焼けをしている子どもが多かったですよね。しかし、今はオゾン層の破壊などが原因で日焼けは肌へのダメージが大きくなります。

とくに海など日差しの強いところへ行く場合は、UV加工のある帽子や水着、子どもの肌に優しい日焼け止めなどを使用してくださいね。

万が一、日焼けしてしまった場合は、アフターケアがとても大切です。肌の外側からだけではなく、水分補給やビタミンの多い食事など、体の内側からのケアにも忘れないようにしてください。

海に行く前にもう一度、日焼け対策の確認をし、すべすべの子どもの肌を日焼けトラブルから守ってあげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018