就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海での子どもの日焼けを防ごう!日焼け対策や便利なグッズを紹介

海での子どもの日焼けを防ごう!日焼け対策や便利なグッズを紹介

日焼け後におすすめのケア用品

日焼け後のケアは、ローションで水分補給し、その上にジェルやオイルで蓋をしてあげると、水分蒸発が防げて効果的です。

・アロエローション
日焼けによく効くとされています。炎症、保湿効果のほかに、日焼け前に塗ることで、紫外線から受けるダメージを軽減する効果も期待できます。

・馬油
日焼けでヒリヒリしているときに、水っぽいものを塗ると痛みを感じることがあります。そんなときは馬油など、しっとりするオイル系を選びましょう。

・フラワーウォーター
植物由来のフラワーウォーターは、炎症を鎮める作用が見込め、さらに低刺激なので赤ちゃんや敏感肌の子どもにもおすすめです。ローズウォーター、ラベンダーウォーター、カモミールウォーターが使用しやすいでしょう。開封後は冷蔵庫で保管してください。

子どもの状態をみて受診するか決めよう

日焼けで病院に行くことを迷ってしまうママもいるかもしれませんが、子どもの状態によっては受診が必要なときがあります。受診するときは症状に合った科を選んでくださいね。

水ぶくれや湿疹ができている、皮膚が真っ赤で痛みがひどい、または痒みがあるなど、皮膚の治療を優先するのなら、皮膚科が専門です。

もし、熱や嘔吐、腹痛などの症状があるときは、日焼けにより熱中症を引き起こしている可能性があります。この場合は特に迅速に、小児科を受診しましょう。

また、子どもが激しく泣いて泣き止まない、ぐったりしている、焦点が定まらないなど、子どもがいつもと違う様子だったり、皮膚の状態がひどく痛みで眠れなかったりする場合は、時間外でも救急病院へ行くことをおすすめします。

面倒でも行く価値あり!海遊びのメリット

百聞は一見にしかず!学びの場になる

ここまで海での日焼けを防ぐ方法や、日焼けをしたときの対処法についてご紹介しましたが、これを読んで「海に行くのは大変そう」と感じたママもいるかもしれません。しかし海には、準備や対策に手間をかけてでも行くメリットがたくさんあります。

まず第一に、子どもが自然や生き物について学ぶ場になるということです。図鑑やTVなどで海を見たり、生き物について知ったりすることはできますが、やはり自分の目で本物を見て、触れて、感じ得た経験に勝るものはありません。

また海の水がどのくらい塩からいのか、太陽に照らされた砂浜がどれほど熱いのか、プールに比べて海の方がどのくらい体が浮きやすいのかなど、実際に経験しなければわからないこともたくさんあります。

心身の成長を促し感性が豊かになる

海に行くと五感を使って様々なことを感じられるため、子どもの心身の成長を促す効果も期待できます。

例えば、砂浜一つとっても、歩くためには普段よりもバランス感覚が必要ですし、筋力も使うでしょう。そして「なぜ砂浜はこんなに熱いのだろう」「足に砂がつかないようにするにはどうすればよいのだろう」など、子どもが色々なことに興味や疑問を持つきっかけにもなります。

子どもの成長には、正しい情報を与えるよりも、感じる力を育てる方が重要だといわれています。「不思議だな」と感じることで「知りたいな」が生まれ、「調べてみよう」という自発性が育つのです。

ですからママが一生懸命勉強して子どもに知識を与えるよりも、親子で海に出かけ、一緒に海水浴を楽しむ方が、子どもの成長につながるかもしれませんよ。

免疫力アップやリラックス効果も

どこまでも広がる海に開放感を感じ、心地よい波の音を聞いていると、ついついウトウトしてしまう人も多いものです。実は海には免疫力アップやリラックス効果も期待できます。これは子どもだけでなく、ママやパパにとっても嬉しいですね。

冷たい水に入ることで免疫システムが刺激されるほか、海水が体の血行を高めたり、花粉症などのアレルギー症状を抑えてくれたりするといわれています。また、海水につかることは、肌トラブルの改善にも役立つそうです。

その上、海はマイナスイオンが豊富で、波の音は脳が心地よいと感じる「1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ」のリズムを持っているため、リラックス効果も期待できます。

このように海水浴には、子どもの成長を促し、家族の体を健康に導き、心を穏やかにしてくれるなど、たくさんのメリットがあるのです。

まとめ

昔は健康的に日焼けをしている子どもが多かったですよね。しかし、今はオゾン層の破壊などが原因で昔に比べて肌へのダメージが大きくなっています。

特に海など日差しの強いところへ行く場合は、UV加工のある帽子や水着、子どもの肌に優しい日焼け止めなどを使用して、肌を守ってくださいね。

万が一、日焼けしてしまった場合は、アフターケアがとても大切です。肌の外側からだけではなく、水分補給やビタミンの多い食事など、体の内側からのケアにも忘れないようにしましょう。

海に行く前にもう一度日焼けの対策をして、子どもとの海を楽しんでくださいね。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事