就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女の子パパに贈る育児の心得!娘と仲よし親子でいるための方法

女の子パパに贈る育児の心得!娘と仲よし親子でいるための方法

女の子は男の子よりも子育てが簡単だという話はよく聞きますが、パパにとってはそうとも限りません。異性だからこそわからないことばかりで、女の子の育て方に悩んでいるパパも多いようです。そこで、女の子がいるパパの育児の難しさと、娘と仲よし親子でいるための方法についてご紹介します。

女の子パパが感じる育児の難しさとは

異性だから娘の成長段階を理解しにくい

パパにとって娘はとりわけ愛おしい存在のようです。父親になった喜びと責任感を胸に強く抱いているパパは多いのではないでしょうか。

幼いころは仕事から帰ってくると無邪気に抱きついてきた娘も、いつの間にか甘えてくる回数が減って娘との距離を感じたりします。娘に関わろうとすればするほど不機嫌な態度をとられるのは、パパにとって悲しいですよね。

自分の娘とはいえ、異性であることは子育てをしていく上でパパが戸惑うことは多いようです。自分が成長してきた様子を振り返って考えてみても、なぜ急に不機嫌な態度をするのか理解することは難しいようですね。

娘がパパとの距離を取るようになるのは、自我が芽生えてきた証拠です。異性である父親を意識するのは、自然なことです。

泣かれると叱れずに甘やかしてしまう

女の子がいるパパの中には、叱らなければならないときでも叱れずにいるということがあるようです。特に、泣かれてしまうとかわいそうだと感じてしまいます。

子どもを可愛いがることは、親として当たり前のことです。我が子にたくさんの愛情を注いであげたいという親の思いは、子育ての基本であるといえるでしょう。

特に、6歳ころまでは我が子とたくさん触れ合うことが大切です。このような親からの惜しみない愛情により自分は愛されていることを実感し、自尊感情が高まっていきます。

一方、我が子が可愛いからといって叱らないでいると、思春期になってからの子育てが難しくなってしまいます。いけないことをしたときにきちんと叱ることで、思春期の子育ては楽になるでしょう。

「パパ嫌い」といわれてショック!

子どもは、2歳前後になると言葉数が増えて盛んに話をするようになります。女の子であればなおさらで、日常の出来事などをパパにもよく話してくれます。

このころの女の子がよく口にする言葉が「パパ嫌い!」です。可愛い娘から嫌いといわれたパパのショックは、計り知れないものがあることでしょう。

娘が行きたい場所に行けなくなったときに「パパ嫌い!」といわれたり、寝かしつけようと声をかけたら「パパはあっちに行って!」といわれたりします。

女の子が「パパ嫌い!」というのは、パパを異性として意識して少し距離を置こうとするからのようです。決してパパのことが嫌いになったわけではなく、パパへの愛情の裏返しであるので、あまり心配しないでくださいね。

女の子に好かれるパパの共通点とは?

パパとママの仲がよい

女の子に好かれるパパには、いくつもの共通点があります。その一つが、パパとママの仲がよいことです。

子どもにとってのママは、お腹の中にいるときから常に近くにいる存在です。自分のために親身になって世話をしてくれるママは、何よりも大切だと感じています。

子どもは、常にママの見方です。大好きなママに対して、もしもパパが冷たい態度で接したり乱暴な言葉を投げかけたりしたら、子どもはパパのことが嫌いになってしまいます。

女の子に好かれるパパになるには、いつまでもママと仲よしでいることが一番の近道です。子どもが生まれると「パパとママ」の関係がどうしても大きくなってしまいますが、ママへの愛情を言葉や行動でしっかり伝えましょう。

聞き上手でベタベタしすぎない

娘の話を親身になって聞いてあげるパパも、女の子に好かれる条件のようです。男の子に比べて、女の子は一般的にはおしゃべりが大好きです。聞き上手であることは、パパにとっては大切なことなのですね。

女の子の多くが、その日にあった保育園や幼稚園での出来事を一生懸命に話そうとします。たとえ仕事で疲れていても頷きながら話を聞いてくれるパパであれば、娘はうれしくなってパパのことが大好きになることでしょう。

それでも、干渉のしすぎは、娘から嫌われる原因になってしまいます。可愛い娘に多くの愛情を注ぐことは決して悪いことではありませんが、パパの押しつけは娘にとって迷惑なことです。ベタベタのしすぎには、注意をしましょう。

女の子の好きな遊びにも付き合う

娘を持つパパの中には、女の子とどのように遊んだらよいのかわからずに悩んでいるという話をよく耳にします。でも、女の子の好きな遊びを通して上手にコミュニケーションが取れることは、娘から好かれるパパになるためにも大切です。

女の子の好きな遊びといえば、お人形遊びやおままごとが浮かびます。これらの遊びを我が子と心から楽しむことができるパパであればいよいのですが、我慢して遊んでもおもしろくないという気持ちが子どもに伝わってしまいます。

そのようなパパへのおすすめが、娘との散歩です。途中に咲いている花を摘んだり、ドングリを拾い集めたりする遊びが女の子は大好きです。また、広い芝生の広場で肩車をしてあげれば、女の子でも大喜びをするはずです。

女の子育児でパパに心がけてほしいこと

ママが尊重されているかを子どもは見ている

子どもにとって、母親が幸せであるかどうかはその後の成長に大きく影響するといわれています。我が子を心が優しくて愛情豊かな女の子に育てたければ、ママが尊重される家庭を築くことが大切です。

子どもは、パパがママのことを大切にしているかどうかをよく見ています。夫婦げんかをしてパパがママのことを怒鳴ったりすれば、子どもはいたたまれない気持ちになってしまいます。

夫婦が円満であることが、子育てにとって何よりも大切です。パパがママを大切にしている家庭で育った子どもほど、パパのことを好きになるという傾向があるともいわれています。

女の子がいるパパであれば父親としての役割を自覚し、ママを尊重するかっこいいパパでいてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC