就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

庭でバーベキューは大変?子どもと一緒に楽しむアウトドア時間

庭でバーベキューは大変?子どもと一緒に楽しむアウトドア時間

バーベキューをやるとき気をつけたいマナー

ご近所に迷惑のない時間帯でおこなう

後でも詳しくご説明しますが、バーベキューではいつもより声が大きくなったり、煙や臭いが出たりしてご近所さんに迷惑をかけることがありますので、時間帯には注意が必要です。

たとえば、朝は洗濯物を庭やベランダに干している家庭が多いので、午前中から始めるのは避けたほうがよいでしょう。だからといって夕方からだと、夜遅い時間まで続いてうるさく思われる可能性が高いです。できるなら、お昼を過ぎたあたりから夕方ぐらいまでにするのがよいのではないでしょうか。

また、ダラダラと長時間続けているのも、ご近所の方からすると「いつ終わるのだろう」と迷惑に思われますので、できる準備は家の中で済ませて、庭で過ごす時間は2時間程度にするとよいかもしれませんね。

煙や臭いに気をつけよう

バーべキューをすると、どうしても煙や臭いが出てしまいますよね。風の流れる向きによっては隣の家の方向に煙が流れていってしまい、洗濯物に臭いがついたり、開いた窓の隙間に煙が流れてしまったりするので注意が必要です。

一軒一軒の住宅が離れているところや、田舎のほうで一軒ずつぽつんと建っているというような家なら心配ありませんが、両隣が家に挟まれている場合は特にご近所さんに迷惑にならないように工夫してくださいね。

たとえば、煙が出るのは炭にお肉の脂が落ちることが原因なので、脂身の少ないお肉やウインナーなどを選んだり、脂が落ちそうなときは下にアルミを敷いて焼いたりするとよいですね。また、煙の出にくい炭やバーベキューコンロを利用するのもよいかもしれませんね。

騒ぎすぎないように意識しよう

外での食事は開放的でいつも以上に気分が盛り上がり、いつの間にか声も大きくなりがちです。あまり騒ぐとご近所さんの迷惑になりますので気をつけましょう。

特に、人数が多くなるとより声も大きくなりやすいですし、一人一人が控えめにしゃべっていても騒いでいるように感じられるものです。友人を招いて大人数でバーベキューをするときは、みんなが大声を出さないように意識することを心がけましょう。お酒を飲むと、そういう意識が薄れがちになるので、飲酒の量にも気をつけたほうがよいかもしれませんね。

また、子どもが大声で叫び出したり泣き出したりしたときは、庭でのバーべキューということを活かして一度家の中に入って落ち着くまで待つということもできますよ。

まとめ

庭でのバーベキューは普段の生活の延長として気軽にアウトドアを楽しめる方法です。ご近所さんへの配慮を忘れないように楽しみましょう。

タープやテントなどを活用すれば、いつもは洗濯物を干したり、子どもと砂遊びをしたりしている庭にも簡単にアウトドア感を演出できますよ。コンパクトなアウトドアグッズも色々とありますので、普段の収納場所にもそれほど困ることはないでしょう。

庭でのバーベキューに慣れれば、キャンプ場での本格的なバーベキューにチャレンジするのもおすすめです。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND