就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

庭でバーベキューは大変?子どもと一緒に楽しむアウトドア時間

庭でバーベキューは大変?子どもと一緒に楽しむアウトドア時間

子どもができたら家族みんなでバーベキューを楽しみたいと思っているママは多いのではないでしょうか。しかし、河原やキャンプ場へ行ってまでするのは大変ですよね。それなら庭で試してみませんか。ここでは、庭でバーベキューするメリットや楽しくなるグッズなどをご紹介します。

庭でバーベキューをするメリットとは

場所代がかからずアウトドアを楽しめる

河川敷や山中のバーベキュースポットは気軽にバーベキューを楽しめるように、焼き場や洗い場、平らな地面などが整備されており、場所を利用するだけで料金が必要になります。材料や道具を自分たちで準備していても料金がかかるのがデメリットです。

自宅や友人宅の庭でバーベキューができれば、そんな場所代がかかりませんよね。庭ですると、大自然を満喫しながらというわけにはいきませんが、家の外にいるというだけで、まったく違った気分を味わうことができます。

また、急な雨や子どもの体調不良などで、延期したり中止にしたりしてもキャンセル料の心配がないのも嬉しいですね。バーベキュー場によっては、当日の予約キャンセルは100%の料金がかかるところもありますよ。

子どものタイミングですぐトイレに行ける

子どもとのお出かけやアウトドアで心配になることの一つといえばトイレですよね。どこにあるのか、おむつ替えのスペースはあるのかなどが気になることでしょう。

特に、バーベキュー場へ行くと、バーベキューサイトからトイレまでの距離が遠かったり、トイレの数が少なくてけっこう並んでいたりして困ることもあるでしょう。また最近できたバーベキュー施設だと整備されているところもありますが、まだまだ狭くて汚いところがたくさんあります。

庭でバーベキューをする場合は、子どものタイミングですぐにトイレに行けるのが便利です。トイレットペーパーがない!といった心配もいりませんし、慣れたトイレなので子どもひとりでも行くことができますよね。

いざというときのよい防災体験にもなる

最近は、急な大雨や地震などの自然災害が増えてきているため、日ごろから防災意識を高めることが大切な時代になってきました。ただ、いざというときのために準備しておこうと思うことがあっても「今度、時間があるときにしよう」と後回しにしてしまっている家庭も多いのではないでしょうか。

カセットコンロを使ったり炭に火をつけたりなど、庭でのバーベキュー経験は家族みんなの防災体験にも役立ちますよ。防災を意識して、タンクに溜めた水で手を洗ったり、寒さや暑さ対策を考えたりするのもよいですね。

備蓄している缶詰の賞味期限の確認も兼ねて、バーベキューのときにこそ缶詰を利用して、新しい缶詰を買い足し備えておくのもよいでしょう。

家族が笑顔になれる!おしゃれな家づくりを提案する「モリタ装芸」

PR

一生で一度の大きな買い物のマイホーム。「おしゃれなお家」「子どもとコミュニケーションが取りやすい間取り」「低予算で納得できるお家」など様々な思いが込められる家づくり。そんな思いを形にし、注文住宅からリノベーションまで住まいの提案を行っている「モリタ装芸」を紹介します。

あると気軽にバーベキューを楽しめるグッズ

日よけにもなり急な雨にも対応できるタープ

タープはバーベキューやキャンプの定番で、テントの前に立てたり、テーブルやイスの上に立てたりして使う日よけグッズです。庭でバーべキューをするときも、日差しが強い日に役立ち、夏場は子どもの熱中症対策にもなりますよ。

タープの設置は、天幕とポールをつないで、天幕の端につないだロープを引っ張ってペグ(ロープを固定する止め具)で固定するだけです。ママひとりでも簡単に設置できますよ。ほかにも、開いたポールの上に天幕を乗せるだけで設置できるタープもあり、よりお手軽です。

庭で使用する場合は、2階のベランダの手すりや塀などを利用して固定することもできます。急な雨にも対応できますし、ご近所からの目隠しとしてプライベート空間を確保できるのも嬉しいですね。

子どもも喜ぶポップアップテント

最近は、大きな公園や川などへ行くと小さなテントが並んでいるのを見かけますよね。あれは、荷物を置いたり、日差しが強いときにちょっと休憩したりするときに役立つポップアップテントです。

ワンタッチで広げて組み立てられるので、テントを触ったことのないママでも簡単に設置することができますよ。子どもはテントが大好きです。家の中でもキッズテントで遊んでいる家庭があるのではないでしょうか。庭でのバーベキューですが、あえてテントを設置することで、まるでキャンプに来ているような感覚を楽しめるでしょう。

バーベキューの途中で子どもが寝たくなったときにもテントが活躍します。家の中で寝るより、ママの目の届く場所で寝てくれると安心ですよね。

炭の始末をおまかせできる火消しつぼ

使い終わった炭の後始末をご存知でしょうか。ただ、軽く水をかければよいと思っているママもいるかもしれませんが、水をかけると一気に沸騰してジュウッと蒸気が出るため危険です。

火消しつぼがあると、その中に炭を入れて蓋をするだけで後始末完了なので便利ですよ。後から水をかける必要もなく、つぼの外側もほとんど熱くはなりません。

バーベキュー初心者のママは知らない場合が多いですが、残った炭は再利用することができるのです。水をかけて消すと、再利用したいときには乾燥するのに手間がかかります。火消しつぼは水をかけないので、炭を再利用するときにも手間がかからないですよ。

また、見た目もアウトドアをしているという雰囲気がでるので、庭でのバーベキューにおすすめです。

バーベキューをやるとき気をつけたいマナー

ご近所に迷惑のない時間帯でおこなう

後でも詳しくご説明しますが、バーベキューではいつもより声が大きくなったり、煙や臭いが出たりしてご近所さんに迷惑をかけることがありますので、時間帯には注意が必要です。

たとえば、朝は洗濯物を庭やベランダに干している家庭が多いので、午前中から始めるのは避けたほうがよいでしょう。だからといって夕方からだと、夜遅い時間まで続いてうるさく思われる可能性が高いです。できるなら、お昼を過ぎたあたりから夕方ぐらいまでにするのがよいのではないでしょうか。

また、ダラダラと長時間続けているのも、ご近所の方からすると「いつ終わるのだろう」と迷惑に思われますので、できる準備は家の中で済ませて、庭で過ごす時間は2時間程度にするとよいかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事